このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2011.12.29
作品紹介はこちら→末次由紀「ちはやふる」
5巻レビュー→《気まぐれ続刊レビュー》末次由紀「ちはやふる」5巻
6巻レビュー→肉まんくんこと西田くんとは何なのか…《続刊レビュー》「ちはやふる」6巻
7巻レビュー→最後の壁は誰になるのか、というお話《続刊レビュー》「ちはやふる」7巻
8巻レビュー→我らが詩暢サマに異変!?:末次由紀「ちはやふる」8巻
9巻レビュー→みんなとするから、かるたは楽しい:末次由紀「ちはやふる」9巻
10巻レビュ-→リベンジのためには、太一の成長は必須だった:末次由紀「ちはやふる」10巻
11巻レビュー→殻を破ってまた頼もしく:末次由紀「ちはやふる」11巻
12巻レビュー→それぞれの想いがぶつかる全国大会:末次由紀「ちはやふる」12巻
13巻レビュー→クイーンへのこだわりと、他人本位:末次由紀「ちはやふる」13巻
14巻レビュー→かるたは音を感じる競技:末次由紀「ちはやふる」14巻
関連作品レビュー→「ハルコイ」「クーベルチュール」




1106102101.jpg末次由紀「ちはやふる」(15)


みんなとだからだよ


■15巻発売しました。
 高校かるた選手権、団体戦決勝トーナメント。千早たち瑞沢高校は、精鋭揃いの常勝校・富士崎と対戦。それぞれが格の違いを感じる程に手強く、苦戦を強いられる中、千早は流れを引き寄せるために果敢に攻め込んでいく。しかし札に飛び込んでいった矢先、その指に激痛が走り窮地に…!瑞沢かるた部全員の闘志がマックスになる決戦が、いまここに!!
 

~快調な刊行ペース~
 アニメ評判よいみたいですねー。ちょっと遅い時間にやっているために私は殆ど見れていないのですが、自分の周りでは割と好意的な評が多いように思います。そんな中、15巻発売。早い!アニメ化前後って大抵単行本の発行ペースが早くなるのですが、ちはやふるはそんなことはなく、いつもの平常運転でございます。いやーすごいですよね。売れ筋作品でここまで淡々とハイペースを守っている作品って、あんまりない気がします。


~全国大会団体戦、クライマックスです~
 数巻に渡って熱い闘いを繰り広げた高校かるた選手権、団体戦トーナメントもいよいよ大詰めを迎えました。まぁとにかく最後まで熱い熱い。ここまでの熱量を保ったまま、最後まで突っ走るだなんて思ってませんでしたよ。
 
 さて、14巻レビューにて、主将対決が一番フィーチャーして描かれるんじゃないかと描きましたが、やっぱり最後、盛り上がってきましたよ。チームの勝利以上に、自分の意志を尊重してわざわざ一番手にぶつかっていった太一。試合中も、普段の彼であれば見せないような姿を見せてくれました…
 
 
ちはやふる15-1
来い来い来い来い来い来い来い来い
読まれろ読まれろ読まれろ読まれろ


 いやーなんか別のベクトルの格好よさが出てます。他にも神頼みをしたり、覚える自分を疑ってみたり。冷静沈着ながら、どこか勝負弱い感もあった太一とは、別人のような姿でした。その姿は、まさに一枚殻を破ったような強さが感じられ、今までの誰よりも頼りがいのあるものだったように思います。
 
 
~どうしたって浮かぶのは、スラムダンクの影~ 
 さて、今回読んでいて思ったのは「めちゃくちゃ『スラムダンク』っぽいなぁ」ということ。これを思ったのはたぶん私だけではなくて、両方読んだことある方ならば少なからず感じていたのではないでしょうか。「スラムダンク」というと、末次由紀先生のトレース問題が発覚した際の被トレース作の一つ。以前からも言っていたのですが、トレース以降の復帰策の中でも特に本作については、絵柄ではなく物語の熱量であるとか雰囲気といった部分で非常にスラムダンク的な匂いを感じるようになっていました。あ、ちなみにここで言う「似ている」ってのはもちろん良い意味で、です。絵のトレースはアウトですが、こうした形に変換してアウトプットするのは、アウトではないでしょう。とても良い意味で、スラムダンク的でした。
 
 今回特にそういった雰囲気が強く感じられたのは、この決勝戦のシチュエーションが山王戦と重ねられる部分が多かったからのように思います。対戦相手の富士崎は、常勝軍団の絶対王者。また主人公が試合中に怪我をしてしまう流れとか(対戦相手が動揺するってのはむしろ豊玉かもしれんですが)。北央は、言ってみれば海南の役回りだったんですかね。また試合後の理音と監督とか、もう一度デジャ・ヴ。またシチュエーションのみならず、試合の流れのリズム感であるとか、自分に言い聞かせる台詞の多さだとか。また名言連発で、読んでいて盛り上がりっぱなしでしたよ。 
 
ちはやふる15-2
 もはやここまで来るとこじつけですが、そういえばかるたの団体戦もバスケも5対5で、ある意味マンツーマンディフェンスの状況に似ているってことから、元々用いられている手法を再現するのには向いている作品なのかもしれません。1on1での個人と、引いてチームとしての描写の出し入れが絶妙。



~太一の恋の行方は…?~
 さて、ここ一番での懸けをものにした太一ですが、取った歌はそれでよかったのか。何気に大江さんに心配までされてた(あれ、バレバレ…?)太一が取ったのは、「行方のわからぬ恋」の歌。実に彼らしいと言えば彼らしいのですが、これ取っちゃって恋愛方面ではますます行方が分からぬことになりそうでコワイです。いやーでもここ数巻の流れ的に、目下のライバルである新は、詩暢サマのルートが本線な感じがするではないですか。一気に無風に傾くかとおもっていたのですが、果たして。女の子として千早を見たとき、やっぱりパートナーとして似合うのは太一だと思うんですよねー。かるたの選手として見た時は、あれかもしれんですけど。逆に詩暢サマの場合はむしろ新が会うような気がしません?


■購入する→Amazon

カテゴリ「BE・LOVE」コメント (4)トラックバック(0)TOP▲
コメント

 
初めてのコメントになりますが 

いつも感心して拝読していますm--m


やっぱり 

千早&太一 詩暢&新 ですよね^^


次巻では 詩暢さまの更なる活躍を期待してます!
From: あき * 2011/12/30 03:05 * URL * [Edit] *  top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
From:  * 2011/12/30 14:09 *  * [Edit] *  top↑
私も初コメントになりますが、いつも楽しく読ませていただいてます!

ちはやふるの恋愛模様、気になりますよねー
私も千早とくっつくのは太一じゃないかなと思います
千早の新への気持ちはめぐりあいての和歌そのままではありますが、恋のように見えて最終的に憧れ、友情というところで落ち着くんじゃないかと思うのですが果たして…?

ゆらのとをの下の句が読まれる場面で太一の方へ楫のように伸ばされた千早の腕が、この恋の行方を暗示してるのかもしれないですね

恋の進展&このブログの更新w楽しみにしてます!
From: 由良 * 2012/01/24 10:04 * URL * [Edit] *  top↑
このコメントは管理者の承認待ちです
From:  * 2016/03/07 11:47 *  * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。