このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2011.12.30
作品紹介→芦原妃名子「Piece」
3巻レビュー→「砂時計」との違いを生む相手役の性質 《続刊レビュー》「Piece」3巻
4巻レビュー→物語を構成する、異なる性質を持った“Piece”:芦原妃名子「Piece」4巻
5巻レビュー→謎が謎を呼ぶ展開に、目が離せない:芦原妃名子「Piece」5巻
6巻レビュー→脇役なんていない、全てが答えを導く欠片となる:芦原妃名子「Piece」6巻
関連作品紹介→「ユビキリ」「蝶々雲」「月と湖」




1106102353.jpg芦原妃名子「Piece」(7)



君に
赦されたかった



■7巻発売しました。
 折口はるかが生前「便利屋NEO」の岸辺という男に依頼していた仕事…それは、かつて成海と坂田が殺しかけた丸尾を捜し出し、手紙を届けることだった。岸辺の店を訪ね、本人から話を聞き出した水帆と矢内だったが、同時に、予想すらしていなかった衝撃の事実を知ることに!ついに「はるかの元彼」に辿り着いた水帆たちは…!?
 

~7巻で明らかになったこと~
 7巻です。巻を重ねるごとに明らかになっていく事実…以上に、わからないことが増えていって益々混迷の本作、今回もまたすごかった。恐らく、役者は全て揃ったんじゃないかと思います。そう、今まで回想でしか登場することのなかったあの人・成海比呂の登場です。


 
Piece7-1.jpg
 彼は住処を移し、神戸にて生活中。絵は描き続けているようですが、絵の具を買うのも自費であるため、アルバイトをしているようです。元々生活力のあまりない彼が、バイトで苦労するのも無理はなく、なかなか大変そうです。どうも皓の場合、20歳で扶養を外れるということを言っていましたから、比呂もそうなのかもしれません(過去に書いてありましたっけ?)。しかし今回は比呂の登場は核心に迫るという意味ではまだまだ。恐らく次巻以降でどんどんと明らかになっていくのでしょう。恐らく今後は収束。だんだんと、別の気持ち良さが出てくるんじゃないかと思います。


~まだまだわからないこと~
 さて、今回便利屋の情報と比呂の登場により、一気に状況は変わることとなったのですが、未だにわからないことがあり。まず一つ目は、妊娠していたというはるかの相手。情報屋の話を信じるならば、相手は皓になるわけですが、正直まだ確信は持てないですよね。ここでもしそうだとしたら、どんな経緯があってどういう落とし方になるのか。正直この二人とも、セックスまでは想像できたとしても妊娠ってあんまり想像できないんですよね。っていうのも卵食べれないじゃないですか、皓って(その後、比呂も食べれないことが判明)。無精卵とはいえ生殖の象徴である卵を頑に拒む存在と妊娠って、こうあんまり想像できないっていうか。


~卵が食べれない~
 さて、というわけで後半フィーチャーされていたのが、“卵”。元々皓が卵が食べれない(正確には食べれなくなった)という設定があったのですが、ここに来て比呂もまた卵が食べれないことが判明します。しかも元々食べれなくなったのは、比呂の方。元々は、子供らしいちょっとした罪悪感から食べれなかったんですね。それが母親による監視の強化と、皓及び懐いていた家政婦さんとの別離によって、トラウマの象徴のように食べることが出来なくなってしまいます。以降卵は、彼の心を表すように描かれるようになるのですが、彼の場合
 
 
piece7-2.jpg
 「卵にこもる」という表現で、自分の心を閉ざすようになります。心の卵とでも言うのでしょうか。そして唯一それをぶつけることができるのが、絵でした。
 
 これがどのようにして皓の方に伝染ったのかはわかりませんが、きっと気持ちの悪い過程があったのでしょう。元々母親が「お互いに影響を与えないようにするため」として隔離した中での一致。心的なシンクロって方向には考えにくく、何か作為的なものを感じるわけですが、その中で浮かぶのは、皓の回想の中での比呂の病的な表情。直前の回想で、比呂は皓に自分の母親の表情を見出していますが、絶対あのとき皓は、比呂に自分の母親の姿を見たんじゃないかな、とか思いました。なんだかんだで似てるんですよね、二人。それが母親の言う「本質」というものなのかはわかりませんが。社交的な皓に対して、内向的な比呂。一見真逆を行っているように思えるのですが、比呂の「殻にこもる」という行為と、皓の「誰にも心を許さない」というスタンスは、世界との隔絶という部分でしっかりと一致しているんですよね。そんな比呂が、物心ついて唯一心を許した存在が、はるか。卵の殻のように部屋を取り囲む絵の中、隙間から除くようにおかれた彼女の肖像画がなんとも印象的でした。「似ている」という部分だけに着目して見るならば、皓がはるかに心を許すというのも、なんとなく納得できるというもので、やっぱり父親は皓なんでしょうか。それとも比呂?


~コメントで頂いた気になる点~

 さて、そういえば前回のレビューの時に興味深いコメントを頂きまして、ちょっとご紹介したいと思います。情報提供してくださったSKさん、ありがとうございます。
 

実はまだ6巻読んでないんですが、5巻まで読んで気になっていた所があります。
それは、コウジがしているネックレスです。
礼美の回想シーンでも、成海との再会シーンでも彼ネックレスしてるんですよ。
で、水帆を名古屋に呼び出した成海が似た様なネックレスしてるんですよね。
家を出て行った時とかコウジと再会した時にはしていない様に見えるんです。
何の関係もない事なのかもしれませんが、ちょっと引っかかってます。


とのことなのですが、確かに礼美の回想では…



坂田コウシ#12441;
コウジがプレートタイプっぽいネックレスをしている
その後水帆と成海が会った時は…


ネックレス
こんどは同じようなネックレスを成海が。もちろん成海はコウジと接触する以前はネックレスなんてしていませんでした。これは確かに気になります。が、正直これがどんな意味を持つかとかさっぱりわからないです(笑)本当に関係あるのかもわかりませんが、ちょっとだけ期待してみたいと思います。


 あ、そうそう、芦原妃名子先生の代表作である「砂時計」の映画が1/1にTBSにて放送されるようです。自分は帰省しているので見れるのかわからないのですが、これはちょっと見たいですねー。なんと杏は夏帆さんですよ!なんかちょっとイメージ違いますが、少女マンガ原作のシネマライズは割と固いと思っているので、お暇な人はいかがでしょうか?



■購入する→Amazon

カテゴリ「ベツコミ」コメント (4)トラックバック(0)TOP▲
コメント

はるかが妊娠してたのって、確定でしたっけ?
実は礼美が妊娠していて、はるかメールで礼美のかわりに相手とやりとりしていただけ?とか邪推してしまいました。
From: mi * 2011/12/31 01:36 * URL * [Edit] *  top↑
同じこと思いました!れみの代わりにはるかがお腹の子の父親であるコウジを探してたんじゃあ…。

あと、丸尾を殺しかけたのはヒロじゃないかな。
From: あ * 2012/01/25 13:10 * URL * [Edit] *  top↑
個人的に予想していることは、2巻で出てくるお兄さんは鳴海の父親?とか思っています。
一度鳴海に面影を重ねているときもあったし、初めて会った鳴海母はみずほのことをよく知っていたし。
とりあえず今後が気になる!
From: ~名もなきお * 2012/03/10 23:51 * URL * [Edit] *  top↑
Pieceがドラマ化するらしいですよ!見る予定はありますか?^^
From: なんちゃって娘。 * 2012/09/16 14:57 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。