このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
2012.01.01
 あけましておめでとうございます。

 2012年になりました。当ブログはこれで4年目を迎えたということで、時の流れの早さを改めて実感しています。2011年は東日本大震災をはじめとして、様々なことが起きた年でした。震災の災禍は未だ止んだとは言えず、復興という転福に向かうには長い時間がかかりそうです。今年はもっと、良いニュースが聞けると嬉しいですね。

今、ジャニーズのコンサート番組を見つつこの記事を書いているのですが(全く関係のない話題)、せっかくなのでざっと当ブログの2011年を振り返ってみましょう。ああ、やっぱり岡田くんってカッコイイですよねー。


■378記事
 2011年のエントリ数は378記事でした。前に比べるとだいぶ少なくなってしまいましたね。けれども一年通してありえないくらい忙しかったので、自分としては良くやった方だと思います(笑)いやほんと残業100時間を普通に経験するとは思っていなかったので。今年はなんとか早く帰りたいです…!


■ TOP絵が変わりました
1月初っぱなの出来事として、このブログのTOP絵が変わりました。以前は白黒のバナー絵だったのですが、絵師さんに書いて頂いた素晴らしいものに。都崎真さん、本当にありがとうございました!今ではなんとなく慣れましたが、変えたばかりの頃はTOP絵眺めてニヤニヤしちゃったり。


■MAGネットの取材を受ける
そうそう、これも去年の出来事でした。詳しい話はこの記事とかを見て頂ければっ!すごく短い時間のインタビューだったみたいですが(未だに見ていない)、なかなか出来ない貴重な体験をすることができました。


■このマンガがすごい!2012
 昨年も参加しておりますー。一応始めた当初このムック本に呼ばれることを目標としており、それが早くも叶ってしまったため、以降若干燃え尽き症候群になっていた感もあるのですが(笑)なんとかやってこれていますー。
 
 
■講談社フィーバー
 今年はとにかく講談社が充実していた印象です。ARIAとITANの登場で層が格段に厚くなり、作品群としての広がりも生まれました。またデザート、別フレ、BE・LOVEと、既存の連載作も軒並み好調で、見せ場が非常に多かったように思います。それになんと言ってもふれ美ちゃん!

 
■思わぬ方々に見られていた
 他のブログさんが漫画家さんと仲良くなったりしているのを見て、すごく羨ましく思っていたのですが、ウチでもありました!

→グラビアアイドルの喜屋武ちあきさん

→絶賛オススメ中のさよならポニーテール(ゆりたん)

 漫画家さんよりも、違う方面でご活躍されている方。まったく予想だにしていない方々からお言葉を頂けて、嬉しいというよりも、それを通り越して「ブログってすげー(呆然)」ってなりました(笑)もしかしたら他にも著名な方が…とか妄想してしまったり。んなことは絶対ないのですが、そんなことがモチベーションの維持につながってくれるのであれば、OKなのです。
 
 
■というわけで
 もちろん有名人の方に見られているというのもモチベーションの向上につながりますが、何よりも嬉しいのは、日々訪れて下さっている皆さんの応援です。温かいコメント、厳しいコメント、☆での評価、様々頂きましたが、それらが皆々明日のブログ更新への熱へとつながっています(批判コメは逆ではありますが笑)。にもかかわらず、コメントレスを全くできなくてごめんなさい。いつかしなくちゃとは思っているのですが、なかなか(時に承認すら放置することすらある体たらく)。こんなだらしのない管理人が運営している当ブログですが、今年もご愛顧頂けたら幸甚です。本年もどうか、宜しくお願い致します。


オトコでも読める少女マンガ 
管理人:いづき
カテゴリお知らせコメント (1)トラックバック(0)TOP▲
コメント

こんばんは~
漫画のレビューをなんとなく探してここにたどりつきました。
4年ほど前の「男が少女漫画を語るな」云々の話からです。

管理人さんのレビューおもしろいです。
私は好きです。

男の人もこんなに少女漫画読むんだなぁと感心?します。

私は37歳主婦ですが、少女漫画はもちろん、毎週卵や牛乳と一緒にジャンプを買い、男性コミックスも気にいったものは買います。
漫画大好きなんです。

今は昔ほど色んな漫画を買えなくなってしまったので、レビューを読んで気にいった物をさがしたいです。


………何か今読み返したら、話が飛び飛びのよくわからない文章ですね(-.-;)

管理人さんのような文才がほしいものです…


よくわからないコメントしてごめんなさい。

更新を再開してくれるのを楽しみにしています
From: まあみ * 2012/01/14 20:26 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。