このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2012.02.12
1106091925.jpgサマミヤアカザ/岩城広海「王子はただいま出稼ぎ中」第1巻


塵も積もれば借金完済


■21億5千22万グランという、気絶寸前の借金を背負う小国・フォーレの武芸に秀でる王子・ユートは、あの手この手で借金返済に駆け回る日々。身分詐称してバイトするなんてもちろんのこと、もっと大きな儲け話はないかとアンテナを張り巡らせています。そんなある日、懸賞金5千万グランの凶悪盗賊団の存在を知ったユートの脳内で、算盤が弾かれる…。それもこれも全て、借金返済のため、今日も王子は稼ぎます!

 角川書店ではおなじみの、ライトノベル原作のコミカライズになります。タイトルは、「王子はただいま出稼ぎ中」。正直全く聞いたことがなかったのですが(そもそもラノベに疎い)、シリーズ6作が刊行されている人気シリーズのようです。物語の主人公は、とある世界にある莫大な借金を背負った小国・フォーレの王子・ユート。金銭意識と危機感の高いユートは、その地位に溺れることなく、日々どのようにして借金を返済するかを考えて生きています。しかしこれといった収入もなく、また日々の生活費すら危ないと言う状況で、借金返済にまで回すお金を捻出するのは難しいもの。そこで自ら稼ぎに出て、なんとかお金を返すという考えに至ります。時には身分詐称で危険な仕事を請け負うことすら。頼りない部下に、頼りがいがあるけれどどこか変わっている他国の王子などのサポートを受けつつ、今日もまた一つ美味しい仕事を見つけてきた王子ですが…というストーリー。


王子はたた#12441;いま出稼き#12441;中
金第一主義。とにかく儲け話があれば危険であろうとなんであろうと出向く。


 冒険ものかと思いきや、借金返済に美麗な顔をしたかわいい王子が駆け回るというややホームコメディよりの内容。こういう軽いお話、大好きです。国が抱える借金は21億5千22万グランということですが、“グラン”を“円”で置き換えて見ればおおよそイメージ通りになるはずです。日本の借金に比べれば屁でもないような額ではありますが、これといった強みもない小国からすれば大借金であることに変わりはありません。この危機を打開するために、税収云々…なんて発想になれば良いのかもしれませんが、いかんせん王子は顔と運動神経は良くとも、頭の方にそれが回らないようで、自ら働きに出るという選択を選んでしまいます。要するに正義感とエネルギーを持て余した筋肉バカということになるのですが、見ためも相まってその様子が実に可愛らしい。

 今回コミカライズを手がけているサマミヤアカザ先生は、原作の挿絵もご担当なさっていたということで、原作とのイメージギャップに苦しむことはそんなになさそうですね。女性向け作品でかつ角川ですから、登場人物皆々見目麗しい容姿をしているのですが、それでも主人公の女性っぽい見ためは作中でもきっちり描き出されていて、さすがです。なおホームコメディに終始するのではなく、とある金稼ぎに首を突っ込むことをきっかけに、より大きな物語の枠に引きずり込まれるという展開を用意。決してこじんまりした印象は与えません。しかし原作6作出てるってことは、そうそう簡単に借金返せないんだな、、、と。参謀に恵まれなかった主人公が不憫で不憫で…でも窮地に陥って困るその表情もまた可愛いんだな(変態とかじゃなく、みんな絶対そう思ってる)。


【男性へのガイド】
→女子キャラゼロも、主人公がかわいいのでそういうの好きな人(どんな人だよ)は。中日の浅尾選手を見守るような気持ちで読みましょう。
【感想まとめ】
→このくらいの軽さのあるお話の方が、個人的には読みやすいです。ストーリーも単純明快でわかりやすいですし。テンポも良く、親しみやすい仕上がりに。



作品DATA
■著者:サマミヤアカザ/岩城広海
■出版社:角川書店
■レーベル:ASUKA
■掲載誌:ASUKA
■既刊1巻
■価格:560円+税


■購入する→Amazon

カテゴリ「Asuka」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。