このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2012.02.12
作品紹介→*新作レビュー* 勝田文「ちくたくぼんぼん」
2巻レビュー→こんなにも素晴らしい物語が読める幸せ:勝田文「ちくたくぼんぼん」2巻




1106102246.jpg勝田文「ちくたくぼんぼん」(3)


世界はいつだって君のおもい通りに進む
きっと大丈夫だ



■3巻発売、完結しました。
 三五が突然姿を消してしまい、イワに残された時計は止まったまま…。時計を動かしたいと、三五を探すイワの前に現れたのは…!?昭和乙女のちくたく初恋物語、感動のフィナーレ!!
 

~とにかく痛快、素晴らしいお話だった~
 3巻で完結しました。毎年1巻づつ、ゆっくりゆっくり進行してついに。いやー面白かった。もうとにかく痛快。この作品以上に、この言葉が似合う作品に今まで出会ったことがありません。動きがあって、バカらしくて、けれども人間味溢れていてロマンチック。この時代ならではのロマンがしっかりと息づいた素晴らしい作品だったと思います。ああ、誰か舞台化とかしてくれないだろうか。なったら絶対面白いと思うんだけどなぁ。
 

~秘宝はいただいた!~
 さて今回一番の見せ場は、病院での一幕でしょう。正直このシーンが素敵すぎて、その後の残り半分くらいがやや霞んで見えたくらいでした(笑)三五に会って、止まってしまった懐中時計を直したいイワ。三五をなんとか捜し出すことはできたものの、ちょっとした宝探しに付き合わされることになります。いや、正確には、自ら巻き込まれに行ってしまったというか。。。紆余曲折あり、イワのじいさままでもが病院を訪れている中でのこのシーン…
 
 
ちくたくほ#12441;んほ#12441;ん3-1
秘宝はいただいた!


 ロマンチストすぎてもう…!もう…!この瞬間身悶えしてニヤニヤしちゃったのは、私だけではないはず。キザすぎんよ三五さん。なんて素敵な怪盗だろう。もう完璧すぎて惚れます、これは。木に登って三五の祖母の宝物を手に入れたイワを、車でキャッチ。さらにそこからの「秘宝はいただいた!」ですから。祖母の秘宝と、イワのダブルミーニング。出来すぎなところが、素晴らしいです。
 

~イワに言った「大丈夫」~
 その後のお話では、たわ子さんが香水で夏に雪を降らせるというこれまたオシャレな一面を見せてくれましたね。最後の最後でこうして見せ場を作るあたり、素敵ではないですか。そして最後、物語は感動のフィナーレを迎えます。その日は十五夜、イワが前の三五(コウモリ)と出会った時と同じでした。病院を抜け出してきた三五はもうノリノリ。そしてイワに向かってこんなことを言うのです…
 

ちくたくほ#12441;んほ#12441;ん3-2
星を世界を
全部君にあげよう



 なんて台詞でしょうか。でも多分三五は本気。だって誰よりもロマンチストなんですから。そんな言葉に対して、イワは「月も私にくれるんか?」の一言。そしてその後、月を大好きな大福に重ねてみたりします。三五とイワが出会って、初めて貰った物は、時計と大福。あれ、結局最初と全然変わってないじゃないかなんて思いつつも、一つだけ変わっているものがありました。それは、時計の音が好きになったこと。この物語で時計の針が刻む音は、自分の心臓の鼓動と同じ。はじめて恋を知り、振り回されつつも見事自分の想いを実らせたイワの未来は、きっと明るいものであるでしょう。三五も「世界はいつだって君のおもいどおりに進むだろう」って言ってますしね。あ、そうそう、この言葉は単にロマンチストってだけでなく、自分の愛する人に自分の運命(命)を託してみたんだと思います。イワの思い通りに進んでくれたら、きっと三五はこの先も生き、イワの隣にいれるでしょうから。あの「大丈夫」は、イワではなく、自分に言い聞かせた言葉だったのかもしれませんね。
 

■購入する→Amazon

カテゴリ「コーラス」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。