このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2012.02.23
1106121571.jpgアサミジョー「2まいめ」(1)



後で思い知りましたが
この方はいつも打ち合わせだけは頼もしいです



■業界屈指の遅筆ギャグメーカー・一條マサヒデと、業界屈指の美麗絵師、亜沙美が贈る、「2ページ」で笑える「二枚目」だらけの爆笑(失笑)ギャグ!「書け!」と漫画家、担当に言われても、なかなか書けない…そんな“産みの苦しみ”を10Pにわたって描きおろした、「ドキュメント!メイキングオブ2まいめ」も収録!君はこの2まいめ達の仕掛ける笑いに耐えられるか…!?

 「B.B.Joker」や「4ジゲン」(→レビュー)、「殺し屋さん」などのネタ担当で知られる一條マサヒデ先生と、低年齢向け小説「若おかみは小学生」の絵師をなさっている亜沙美先生による、異色コラボのショートギャグ漫画です。一條マサヒデ先生は言わずもがなの人気作家(但し圧倒的に遅筆)。某掲示板で男性でも読める少女マンガ等のスレッドが立つと、必ずと言っていい程に「B.B.Joker」の名前が挙るなど、さすが男性原作者と言ったところでしょうか。一方の亜沙美先生は、「若おかみは小学生!」の絵師さん。マンガの方を知っていたので、全然絵柄違うなぁと思っていたら、マンガ版の作画担当の方はまた別みたいです。とはいえ小説の絵柄ともかなり異なる雰囲気のタッチで、やっぱり掲載誌に合わせて絵柄は変えてきているみたいです。
 
 送り出すのはその名も「2まいめ」。表紙を見ても分かる通り、イケメンたちが数多く登場します。そんな“二枚目”な男たちが登場し、ひとネタ2ページで落ちが“2枚目”ということから、ダブルミーニングでのタイトルとなっているみたいです。


2まいめ1-1
 何やってるのかわからないでしょう?読んでもわからないんですよ、これが(おい)。ネタは一條先生らしい、頭捻って捻って出したんだろうな、という技巧派ネタから、もうキャラの勢いで持ってったなというような一発バカネタまで様々。前者の方がやや多いか。下劣な感じのネタはそこまでありませんが、おバカなネタも幾つかあり、それが亜沙美先生の美麗な絵とのミスマッチで余計に笑えます。また亜沙美先生の絵は大ゴマに耐えられるものだから成り立っているのだな、と。


 「B.B.Joker」などと同じように、それぞれのネタ間につながりはありません。各々独立したユニットがあって、ものによってはそれがシリーズ化していくというお決まりのパターン。その時々のネタに加え、シリーズ化したからこそのネタというものが後半に進むにつれて織り交ぜられ、陳腐化することもないです。
 
 個人的に一番のお気に入りだったのは、野球の美形主審にグラウンド上の全員が恋をし、あの手この手で彼に近づこうとする「2まいめ審判」。野球とBLという組み合わせのネタになるのですが、「一生ファールし続ければ近くにいれると考えるバッター」とか「ボール交換で目を合わせたいからいきなりワンバウンドを要求するキャッチャー」とか、「揉めてわざと審議に持ち込むため誤審する塁審」とか、もう全く野球になってないよねっていう。またBLっぽいネタについても、全員が醸し出す童貞っぽさというか、完全にBLバカにしてるだろ(笑)ってな感じのノリがたまらず、結果野球もBLもぶっ飛んだ異次元空間がそこに広がっていました。今年、野球を見に行ったら、とりあえず主審メインで試合を見ることになるかもしれません(笑)
 

2まいめ1ー2
「2まいめ審判」より。2まいめを大ゴマで落とすのではなく、2段構成でもう一度落とすパターンもあり。この辺がミソ。
 
 
 ちなみに大ネタは表紙を取ったところに。唯一残念なのは、それに一條先生が参加できていないことでしょうか…。しっかしネタとはいえ、だいぶ禿げさせたなこれ。。。書き下ろしの「ドキュメント!メイキングオブ2まいめ」は、本編とはまた違ったテイストで送るネタ。基本的には一條マサヒデ先生が仕事しない、適当、なんかこんな緩い感じでお仕事進んでます…的な。個人的にはこういうネタ、すごく好きです。間がいいですよね、間が。なお一條マサヒデ先生ですが、3月も新刊の刊行があるみたいです。こちらは「こだくさん」名義で、イブニングより。こちらも気になる方は手に取ってみては?


【男性へのガイド】
→もちろん読みやすいと思いますよ。絵での食わず嫌いは良くないです。ネタはそのまんま一條節。
【感想まとめ】
→どれか一つでもネタがはまると、シリーズ化で持ってかれるのですが、今回は審判にやられました。みなさんもお気に入りのシリーズを見つけ、そこを中心に楽しんでいきましょう。


作品DATA
■著者:アサミジョ―
■出版社:講談社
■レーベル:KC ITAN
■掲載誌:ITAN
■既刊1巻
■価格:752円+税


■購入する→Amazon

カテゴリ「ITAN」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。