このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2012.02.27
1106121586.jpg遠山えま「わたしに××しなさい!」(8)


あれはわたしの
初恋だったんだ



■8巻発売しました。
 あれは…私の…初恋だったんだ。「逆ミッション」中の雪菜の前に現れたのは、弱点のきっかけになった保育園の先生・霧島だった。動揺する雪菜は、胸の奥のある気持ちに気づいて…!?四角関係に新キャラ参戦!?「初恋」が嵐を呼ぶ第8巻!!
 

~新キャラ登場!~
 巻も重ねて8巻、巻数が二桁に乗るのも、間違いないと見てよいのではないでしょうか。何気になかよしでも古参の域に入ってきましたが、本誌での位置付けってどんな感じなんでしょうか。打線で言うとクリーンナップ張れるくらいの人気はあるような気がしておりますが。
 
 さてそんな中、新キャラの登場です。しかも何やら、初めてのメインキャラたちと年の差のある、しかも男性です。雪菜の幼稚園の時の先生であった彼・霧島は、雪菜のトラウマを生み出した人間でもあり、また一方で彼女にとっての初恋の相手でもありました。このどちらも意外で驚きました。ここまで頑になっている雪菜のトラウマは、割と小さく些細な出来事がきっかけであったこと。そして、恋の”こ”の字も知らなそうであった雪菜が、初恋を経験していたこと。あれれ、じゃあこの関門さえ越えれば案外あっさりとミッションコンプリート、めでたしめでたし…?なんて思って見たら、今度はむしろ時雨の方が厄介そうな家庭問題を抱えていそうな気配がします。そんな時雨ですが、自分のことはさておいて、突如現れた先生の存在が気が気でないようです。そんなわけで、今までの流れとは異なり今回はややシーンとしては大人しめでした。
 

~これはある意味とってもエロい~
 そんな中唯一あった雪菜と時雨の絡み。雪菜のメガネを取り、声だけを頼りに捕まえてみせろと言う時雨に対し、雪菜は恐れつつも彼に必死についていきます。雪菜にとって、メガネは様々な意味を持つ道具になっていますが、実際に視力も良くなく普通にメガネとしての機能も生かしていたようで。。。周囲もよく見えず、時雨と勘違いして高校生を掴んでしまい、逆にナンパ絡みされるというアクシデントに見舞われるのですが、そんな彼らを追い払おうと
 
 
わたしに××しなさい8-1
キスに見せかけつつ口でメガネを戻す


 器用すぎる…とかいうツッコミは置いておいて、これはこれでまたエロいっすな、と。ここ最近は直接的な接触でもって冒険してきましたが、今回はなんというか時雨の行動に含まれる矛盾感がなんとも。シチュエーションとしては、時雨が雪菜を救ったという構図で、力関係としては時雨の方が上になっています。けれども口で物をくわえて持ち主に返すなんて、時雨が雪菜の犬的な真逆の力関係を示すわけですよ。そういうプレイなんじゃないかっていう。
 

~マミが完全にうざかわいいキャラになった~
 さて、そんな雪菜と時雨の絡みも良いのですが、ここ最近のマミがまた非常に良いキャラしてまして。初登場時は計算高くて意地の悪いライバルキャラでしたが、今となってはライバルなのか友達なのかよくわからないポジションに落ち着いた彼女。当初の小悪魔感はすっかり消え去り、普通の恋する女の子に、そして人懐っこくてちょっとうざい女友達キャラへといつしか変貌を遂げていました…
 


わたしに××しなさい!8-3
とりあえず仲間に入れてもらいたがる




わたしに××しなさい!8-2
晶の生い立ちに思わず泣き、ぬいぐるみをあげちゃう




わたしに××しなさい8-4
晶が落ち込んでいると思って雪菜のコスプレをしてきちゃう



 ちょっとお節介焼きな、とってもええ子やないですか…。作中だと4人の中で唯一浮いているように映る彼女ですが、その実一番普通の感性を持っているのが彼女なんじゃないかと思います。ただちょっと素直すぎて、すぐに感化されちゃって行動がエスカレートしちゃうってだけで(だめじゃん)。てか何気に晶とのフラグがビンビンですよー。この二人はきっと絶対合いますよね。クールな晶と、やたらと絡みたがるマミで、二人合わせて丁度良いバランス。想い叶わぬかませ犬同士というのがなんとも哀しいですが、そういう組み合わせの方がより幸せな未来を思い描けるのもまた事実。是非ともこの二人にはくっついて欲しいなぁ。だって付き合いはじめたらマミまた絶対うざ可愛いですもの、きっと。好きな人を想うだけでなく、想われているという安心感の中で甘える、そんな姿彼女の姿もまた見てみたいものです。



■購入する→Amazon

カテゴリ「なかよし」コメント (5)トラックバック(0)TOP▲
コメント

この巻もエロすぎた…。
あと、マミちゃん病弱設定だったのにどこ行ったんだか。
はっちゃけすぎだろ(笑)
From: ぼーちゃん * 2012/02/28 12:15 * URL * [Edit] *  top↑
もうダメ、
このマンガエロイ!!!!!!
From: ユキーナ * 2012/06/07 18:15 * URL * [Edit] *  top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
From:  * 2012/07/04 21:03 *  * [Edit] *  top↑
おもしろくてヤバイ
From: あい * 2012/09/16 08:32 * URL * [Edit] *  top↑
色付きの文字色付きの文字
少女マンガ?
From: 晶 * 2012/12/30 20:49 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。