このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] [オススメ] 2012.03.05
1106111589.jpg天堂きりん「きみが心に棲みついた」(1)


こんな私が夢を見てはいけませんか
愛を知りたいって



■小川今日子、とある下着メーカーで仕事をしている彼女は、すぐにテンパり暴走しがち。幼い頃から挙動不審で、呼ばれ続けたアダ名は“キョドコ”……。いつも人の顔色をうかがってばかり生きてきた。だけど…変わりたい、幸せになりたい。そう願うのはおかしいでしょうか。大学時代に出会った一人の男性の影、そして合コンで出会った男性が見せる光。。。キョドコの運命や如何に!?

 天堂きりん先生の講談社KISSでの連載作になります。天堂きりん先生というと祥伝社のイメージが強いのですが、デビューは同社の別フレだそうで、今回は別雑誌とはいえ戻って来た形での連載になるようです。さて、それでは本編のご紹介です。ヒロインは、とある下着メーカーで働く20代の女性・小川今日子。幼い頃から挙動不審でどもりがち。ついたあだ名は「キョドコ」。そんな彼女は、大学時代に想いを寄せた相手の影から未だ逃れることが出来ず、今なお独り身で苦しんでいるのでした。そんな自分がイヤで、「変わりたい!」と強く願うキョドコは、連れられて来た合コンで(彼女的に)運命の出会いを果たします。とある出版社の編集だという彼は、思わず本音を漏らしたキョドコに向かって「人に流されてばかりでは本気で人を愛せない」と一蹴。核心を突かれた彼女は、以来彼のことを追いかけるようになったのですが・・・


きみか#12441;心に棲みついた1-1
変わらなくてはいけないという自覚。変わろうと動き出すことの難しさ。変わらなくてもいいと言ってくれた人の過去の言葉。それぞれがヒロインを縛り付け、混乱させる。


 いやー痛い。そして面白いです。帯では「テンパリ系女子」なんてネーミングでカテゴライズされていますが、言ってしまえば単純に挙動不審で余裕がない子というだけ。恐らくこのお話は、男女関係なく、こういった素養を持っている人であれば割と共感して読める部分があるんじゃないかと思います。物語は主に3人の登場人物で回っていきます。二人は先に登場した、ヒロインのキョドコと、出版社編集の吉崎。そして残る一人が、キョドコの大学時代の想い人である、星名です。
 
 挙動不審で自己評価の低いキョドコのことを、大学時代唯一受け入れてくれた人である彼・星名。それに心を許してみたら、トラウマになるレベルでヒドい仕打ちを、キョドコはされることになります。けれどもキョドコは、心を許してしまったがために、その関係を、その想いを、そして今ではその影から逃れられずにいるのでした。


きみか#12441;心に棲みついた1-2
 物語は過去のトラウマとの決別を、新しい出会いによって上書きするようなものではありません。なんと星名は物語途中でキョドコの会社へとやってくるのです。断ち切りたい過去と、進みたい未来、けれどもそのためには主体的でない自分が自らの意思で進まなくてはなりません。過去との決別と、未来へ向けての道筋を自ら選ぶこと。彼女にとってはどちらもとてつもなく大きな壁であるその二つを、同時進行で行っていきます。
 
 愛されること、そしてその裏返しとして愛することを知らない人の、辛くて不器用で不格好な生き方を、真っ正面から痛々しく。「いい塩梅」が出来ないから、何かにつけてオーバーに行動してしまうその様子が、どこか共感できてそしてちょっと辛い。皆がみんなキョドコのようにオーバーに動くわけではないとは思いますが、各々が抱える余裕のない部分であるとか、自信のない部分を、物語用に肥大化させてわかりやすく描き出されたのが彼女の姿なのだと思います。
 
 1巻では役者が揃い、背景がなんとなく明らかになった段階。この時点で非常に惹かれるものがあるのですが、何より楽しみなのはここからの展開。どう考えても辛い道筋だとは思うのですが、そこに涙目になりながら向かってくキョドコにきっと勇気づけられることでしょう。


【男性へのガイド】
→キョドコ的な人ってのは男女関係なくいると思うので、そういう人は。男女置き換えればそのまま男性向けになると思いますし。このシチュエーションをありのまま受け入れられるのであれば。
【感想まとめ】
→これは面白かったです。そして痛い。だから目が離せないのかな、とも。実際にキョドコがいたらすごくムカつくんでしょうが、作品を通してみると放っておけないというか(笑)


■作者他作品レビュー
天堂きりん「おひさまのはぐ」
家族の危うさ、難しさ、素晴らしさ:天堂きりん「手のひらサイズ」


作品DATA
■著者:天堂きりん
■出版社:講談社
■レーベル:KC KISS
■掲載誌:KISS
■既刊1巻
■価格:562円+税


■購入する→Amazon

カテゴリ「Kiss」コメント (1)トラックバック(0)TOP▲
コメント

全然関係ないんですが、「ひるなかの流星」2巻読まないんですか?
かなり良かったですよ!
From: ありす * 2012/03/05 23:28 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。