このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2012.03.09
1106121659.jpgやまもり三香「ひるなかの流星」(2)


キラリと輝くこの気持ちを
私がちゃんと大切にしてあげるんだ



■2巻発売です。
 担任の教師・獅子尾への特別な感情に気づきはじめたすずめ。とまどい、気持ちを否定するけれど、その想いは加速してゆきます。そんな時、クラスメイトの馬村がすずめに対して驚きの行動に出て…!?


~やっぱり面白い!~
 2巻発売しています。昨年は本作を「昭和元禄落語心中」(→レビュー)と合わせてプッシュしていたのですが、こちらもやっぱり面白いです!正直どうなるかなー、なんて思っていたのですが、2巻で確信、これは来るはず!いやー何が上手いって、ヒロイン以外の登場人物達の心情の描き出しが上手いよなぁ、と。すずめの心情がメインで描かれるはずなのですが、登場回数は少なくとも要所要所でビシっと決めてくるので、印象に残るというか。これはたぶん「シュガーズ」で培ったものが大きいのかな、と。すずめの心情はゆっくりとゆっくりと、じわじわと描き出して、脇役の心情はポイントでスパっと突いてくるような。特に今回は、ゆゆかと馬村の二人が、まさに「恋する十代」って感じでとっても素敵でした。


~やはりこの子は私の好きなタイプだ~
 前回早くも本性を表したゆゆか。この手の子に悪い子はいないわけですが、ここまではじけるとは。彼女の想い人は馬村君。彼女が馬村くんを好きになったきっかけは、入試の時。愛想ふりまいたら「うざ」と言われたことがきっかけで…
 
 
ひるなかの流星2-1
フォーリンラヴ


 おいおい意外にもドMじゃないすか。こういう子は無意味に一途なイメージですよね(なんでもプラスに受け取る時点で管理人は完全にやられています)。しかしそんなMっ気のある一面とは異なり、普段のゆゆか様は…
 
 
ひるなかの流星2-2
気がつけば素がバレて女王様的ポジションに

 
 いやーのびのびしてますね(笑)典型的ツンデレという感じではなく、好きな人にはとことんデレデレ、友達に対してはツンデレ気質で、その他大勢はゴミのように扱うキャラのようです。デレは馬村君に、ツンデレはすずめに、そしてその他大勢はファンクラブの面々に。今のところ馬村君に対してのデレ発動が描かれることがあまりないので、これから出てくることを願っています。楽しみですねー。おそらくこの作品をレビューしていく中で、彼女を取り上げることが多くなると思いますがそこはご容赦くださいね(事前に断っておく)。


~まだ馬村にも勝ち目はあるはず!~
 さて、ゆゆかばかり推していますが、個人的には馬村君も負けず劣らず好きなキャラだったりします。ポジション的にはかませ犬、いや苗字的には当て馬か。しかも女子が苦手でこちらもまたツンデレっていう。1巻ではすずめのペースに嵌められて終始乱されっぱなしでしたが、2巻では相変わらずすずめのペースに巻き込まれつつも、少しずつ逆襲を初めています。ここから徐々に仕掛けるのかな、楽しみだな、、、なんて思っていたら…
 
 
ひるなかの流星2-3
ええええええ


 まさかのキス!街中で!これはかなり踏み込みました。すごいすごい。けれども唇じゃなくて、ほっぺ(周辺?)って所が、また彼の思い切りの悪さを表しているようで、余計に可愛らしく感じられますよね(笑)「これでゆるす」って言った時の赤面っぷりであるとか、それでもちゃんとすずめの目を見て言った勇気だとか、やっぱりすごく頑張ってるなぁって。極めつけは後日、屋上ですずめに言った一言。
 
 自分から触れた女は
 お前が初めてなんだけど
 それでも冗談だとかいうわけ

 がもう、彼の一生懸命さがびしびし伝わってきて、思わず抱きしめてあげたくなりましたよ…!敢えて「付き合いたい」とか言わないで、ただ好きだと伝える感じもまた、彼の不器用さが出ていて良いですよね。たぶんすずめはそういうこと言ってあげないとわかんないだろうし。てかそもそも付き合うとか考えてるのか、この子は。結局これを最後に2巻では再び顔をあわせることはありませんでしたが、3巻でお互い一体どんな反応をするのか、楽しみです。あ、それを受けてのゆゆか様もね。
 
 そういえば今回あとがきにて、「ひるなかの流星」が出来た経緯が描かれているのですが、元々馬村君はイケメンプレイボーイの先輩だったそうです。あー、このポジションはかませ犬ですねー。そしてさらに衝撃だったのが、彼の名前の由来。なんと下の階の犬の名前だそうで。苗字に「馬」が付いていて、さらに下の名前の由来が「犬」だなんて、当て馬×かませ犬という究極のネーミングですよ。これはもう想いが成就せず終わるって通告されているようなものではないですか(失礼)。それでも、それでも大逆転劇を演じてくれると、どこか期待させる馬村君の動向に、3巻も注目ですとも。


■購入する→Amazon

カテゴリ「別冊マーガレット」コメント (1)トラックバック(0)TOP▲
コメント

いつも更新を楽しみにしています。

いづきさんのおかげで何作品もの素晴らしい漫画に出会うことが出来ました(^^)

「ひるなかの流星」は私も本当にお気に入りの作品なので、いづきさんもお気に入りときいて凄く嬉しいです。

ところでなんですが、
2巻が発売される前後にやまもり先生がtwitterで「どっちとくっつくか決めてない」という趣旨の発言をされていました!
私も完全に馬村=当て馬だと思っていたので、この発言には吃驚しました。

これからも楽しみですね。

いづきさんもお忙しいとは思いますが、これからも素晴らしい少女漫画たちを紹介して下さいね。応援しております。

なぎさ

From: なぎさ * 2012/03/13 11:36 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。