このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2012.03.11
作品紹介→宮坂香帆「僕達は知ってしまった」
7巻レビュー→魅力再考…したかった《続刊レビュー》宮坂香帆「僕達は知ってしまった」
8巻レビュー→兄貴に全部持ってかれた《続刊レビュー》「僕達は知ってしまった」8巻
9巻レビュー→ダレルるかと思ったら、予想外に面白かったです:宮坂香帆「僕達は知ってしまった」9巻
10巻レビュー→まさにバカップルである:宮坂香帆「僕達は知ってしまった」10巻
11巻レビュー→私のコンロに火をつけて:宮坂香帆「僕達は知ってしまった」11巻
12巻レビュー→ありえない変貌を遂げつつある少女漫画のとあるヒーロー:宮坂香帆「僕達は知ってしまった」12巻




1106102363.jpg宮坂香帆「僕達は知ってしまった」(13)



オレはおまえだから
したいんじゃんか



■13巻発売しました。
 少しずつ雪斗へのスキンシップを頑張っていたことりは、雪斗の想いに少しでも応えようと、ついに、文化祭が終わったらHという約束を交わす。一方ナツメと雪斗の兄・雅弥が最悪の出会いをして…。だんだんと迫る文化祭。。。けれどもことりの気持ちは未だに整理がつかず…!?


~初Hのタイミングを計る1巻~
 13巻発売です。いよいよ迫る文化祭。普通であればここが一番の盛り上がりイベントとなる所なのですが、この二人の場合は文化祭はひとつのタイミングでしかありません。文化祭で何をするかではなく、文化祭の後に何をするか…ひいては、文化祭のあと何時するか…。そう、初Hのタイミングを計っているのです。こういうのってお互いに雰囲気で感じつつ流れで…ってイメージなのですが、こちらは「するから!したいから!」と事前通告するというちょっとバカっぽい清々しさ。そして13巻は、そのネタのみでずっと引っぱるという、素晴らしい展開を見せてくれました。ほんとこの話平和だなー。


~わりとがっついてます~
 さて、二人が(というか雪斗が)狙いを定めたのは、学園祭のあと。「俺、この学園祭が終わったら初Hするんだ…(フラグ)」と言えるほどまでに、何か学園祭でするわけではないのですが、何か良いポイントがないと踏ん切りがつかないのもまた事実。というわけで、雪斗は文化祭のあと、どのタイミングで仕掛けるかに頭を使うことになります(勉強しろ)。そんな彼のノート(ノートに書くなよ)を見てみると…
 
 

僕達は知ってしまった13-1
文化祭の2日後まで待てない感じ


 一体どのようなスケジュールなのかはわかりませんが、文化祭直後すら視野に入っている模様。若さあふれるスケジュールですな!それと「文化祭の後Hするにはいつがベストか」という表題やめてくれ(笑)結局悩んで3日後で落ち着きそうになったのですが、なんだかんだで答えは出ず。そう、やっぱりことりの都合もありますしね。そしてもう一つ、頭になかった勘案事項が…
 
 
僕達は知ってしまった13-2
Hする場所がない


 これは盲点。お互い実家暮らし。ことりの家は家族がいるし、雪斗の家も親がいないとはいえ、兄が家を死守しています。結果友達の家とかまで視野に入ってくるのですが、それで良いのか。大切な初めてを、友達の家で。しかも初めてなんだから血が出て汚しちゃう可能性だってあります。これもまた、計画練り直し…。高校生の初エッチまでの道のりは、長く遠いのです(マジで雪斗の体感ものすごく長そう)。


~名プロデューサーナツメ~
 しかしそんな雪斗に思わぬ追い風が。二人の友達であるナツメが、気を利かせて二人を自分の部屋に呼び出し二人っきりのシチュエーションを作るのでした。しかもことりは学園祭のコスプレで着替えていた途中で、服がはだけて半裸状態。これは十代男子としては耐えられない状況。。。あれ、ちょっと待ってください、ことりの格好がナツメプロデュースであるのはもちろんですが、雪斗の今の姿もナツメによってプロデュースされたものです。そう、あのドキメモのヒカルをイメージしたもの。その二人が抱き合って…
 
 
 
僕達は知ってしまった13-3
あー、これは完全にコスチュームプレイですねぇ



 二人の格好にくわえて、場所までプロデュースしてしまおうとするナツメさん。やっぱりあなたが一番食えないやつですわ。でもこの二人のことですから、きっと未遂で終わるんだろうなぁ。もう1巻くらいこのネタで引っぱってくれたら、馬鹿馬鹿しすぎて本当に心から尊敬します(笑)こういうネタを面白可笑しく描けるのって、Cheese!ならではだと思いますし。14巻の二人の様子も、見逃せないものになりそうです。


■購入する→Amazon

カテゴリ「Cheese!」コメント (1)トラックバック(0)TOP▲
コメント

いつも丁寧な更新ありがとうございます。

この作品は、各キャラが愛すべき存在で大好きですが、
ことりと雪斗が簡単に一線を越えられないのもとても好感が持てますね。
男の子って女の子の知らないところでいろいろ悩んでいるんだなぁと、
青少年の主張を学んだり笑ったりしながら読んでいます。

いづきさんの今回の表現で面白かったのが、
「(雪斗の)兄が家を死守」
っていうところです!!!
オトナなようで子どもっぽいところもある神出鬼没なお兄ちゃん、
これからも目一杯(いい意味で)邪魔してほしいです。

私としては、(雪斗の)お兄ちゃんとナツメちゃんがいつかくっつくんじゃ
ないかと思うのですが・・・
いづきさんはいかがですか?


From: yuki * 2012/03/31 00:18 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。