このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2012.05.21
作品紹介はこちら→遊知やよみ「これは恋です」
3巻レビュー→変人・辺名の重要な役割 《続刊レビュー》 「これは恋です」3巻
4巻レビュー→なんというもどかしさ…:遊知やよみ「これは恋です」4巻
5巻レビュー→急転直下の大盛り上がり:遊知やよみ「これは恋です」5巻
6巻レビュー→笑った、絶対に俺の夢だ:遊知やよみ「これは恋です」6巻




1106142938.jpg遊知やよみ「これは恋です」(7)


なんだ
喜ぶ顔が見たかったのに



■7巻発売しました。
 辺名先生への想いを自覚した花巻先生。変人辺名相手の恋は成就するの!?そんな中、仲人が趣味の校長先生が、お見合い写真を用意した。ターゲットにされた先生は、必ず誰かと結婚させられるという…。戦々恐々の独身教師陣。そして餌食になったのは…!?


〜辺名先生、花巻先生パートスタートです!〜
 遠藤×綾であれば正直6巻完結でも問題なかったんじゃないかとか思っているのですが、まだまだ終われない理由がそこにはある。名脇役のお二人に明るい未来を…ということで、花巻先生の、辺名先生に対する恋物語でございます。いや、もちろん綾の恋路もあるのですが、7巻に関して言えば完全にそれは端に追いやられていたというか、ライバル登場も霞む程に、花巻先生たちの方が諸々劇的であったな、と。もう新章スタートにしちゃってもいいんじゃね?というレベル。のっけから花巻先生は辺名について考えるわけです。こんな変人を自分が好きになる?いや、ありえない。でも気にしている…。悩みに悩む、花巻先生。まぁ、そりゃそうです。辺名を好きだと認めるのはなかなか厳しいものがあるし、まして好きだと自覚したところで、どうアプローチすればよいのやら。多重苦とはこのことを言うのでしょうか…。
 
 そんな中持ち上がったのは、辺名先生のお見合い話。そしてもう一つ、花巻先生へのお見合い話でした。あーまた話がややこしく…なんて思ったら、ここからが怒濤の展開。マンガを読んでいる時の驚きでは、ここ数ヶ月で一番でしたよ、ほんとに。とにかくすごかった。
 
 自身のお見合い話は、変人っぷりを隠さないアグレッシブさで見事回避した辺名。さらに花巻先生のお見合い話について知ると、それも一気に潰しにかかります。この時の印象としては、「あー、変人っぽく見せていてもしっかり気遣いのできるいい人なんだな。少なからず花巻先生には良い印象を抱いているし、世話も焼こうとしているのか。普通にこれから良い関係を築けそうだ。」なんて感じ。これからの展開に希望を抱かせる印象という感じでしょうか。
 
 その後準備室へ戻り、花巻先生と遭遇。見回り強化の協力への署名をお願いしているのですが、
 

これは恋です7−1
何やらちょっと真剣な顔、そしてこの間…



何かと思ったら…



これは恋です7−2
婚姻届!(綾見切れ)


 ここでいきなりこう来るか!変人の辺名だからこそできる芸当ですよこれは!まじでこれはカッコ良かった…。そしてそれに見事応えてくれた花巻先生もすごく素敵です!
  
 
〜辺名先生、花巻先生パート完結です!(超速)〜
 というわけで、早くも辺名先生、花巻先生パートが終わってしまいました。早い!(笑)1巻丸々使うどころか、1〜2話での完結。こんなのありなんですか!辺名先生相手にあたふたする花巻先生を見てみたかったのですが、それだとあまりにも花巻先生がかわいそう…。なんて結婚が決まったからと言って花巻先生の毎日に平穏が訪れるわけもなく、きっとこれからも騒がしくて、微笑ましい掛け合いを見せてくれるのでしょう。もうね、後半に綾ちゃんのライバル登場とかありましたけど、前半幸せすぎて全く気にならなかったです(笑)正直あの手のタイプに遠藤が気を持つとか、まかり間違ってもあり得なそうでございます。


■購入する→Amazon

カテゴリ「Cookie」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。