このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2012.05.26
1106143177.jpg藤村真理「きょうは会社休みます。」(1)


これが本当にラストチャンスだとしたら
もう飛び込むしかないじゃない



■花笑は33歳の誕生日を、彼氏いない歴33年&処女歴33年のままに迎えてしまった。過去にあったそういうチャンスは一度だけ。以来浮いた話もなく、未だにその時のことを悔やみながら、処女をヴィンテージレベルにまでこじらせてしまった。。。そんな彼女に、誕生日のこの夜、奇跡が起きる…!!

 「少女少年学級団」(→レビュー)などの作品を描かれている藤村真理先生のcocohanaでの連載作品になります。cocohanaって何?って方も居るかもしれませんが、前身がコーラスという雑誌で、所謂ネーム変更で生まれ変わりを図った女性向け雑誌になります。そして、リニューアル時の目玉作品の一つだったのがこちら。初コミックスということで、それなりに気合いが入っているものと思われます(タイトルいきなり休んじゃってますが)。
 
 ヒロインは表紙に描かれている気怠げな女性・花笑。パッと見とってもキレイな女性に映りますが、普段はボタンはキッチリ、メガネもカッチリ、髪もまとめているガードの固そうな地味OLをしています。32歳という年齢ながら、彼氏なし、セックスの経験もなし。それが一つのコンプレックスとなっており、年を重ねるごとにそれが大きくなってくるのでした。そして迎える33歳の誕生日。今年もまた何もなく年を重ねてしまった…と思っていたら、会社のバイトで21歳の田之倉くんと流れでバーに行くことに…。二人きりというシチュエーションにはドキドキするけれど、さすがにこんなに歳下の子と…と思って気がついたら朝!隣にはすやすやと眠る田之倉くんの姿があり…!?というお話。


今日は会社休みます1−2
処女喪失したらしいが、全然実感湧かず。自分も初体験の後って「あ、こんなもんなのか」って感じで若干惚けた覚えがあります。しかしながら彼女の場合、まだ実際したかは確定ではないわけで。後半に「実は違いました」って出てくる気がするんですよねー。その上で改めて、の方が夢があるじゃないですか、少女マンガ的に。


 処女をこじらせてしまった女性が歳下の男の子相手に恋愛しててんやわんやするというお話。こういう設定、どこかで見たことあると思ったら、人気ブログ本の「いい年して処女なの隠して生活してます。」ですかね。元ブログは今も続いておりますので、興味のある方はどうぞ。
 
 さて、本作がこういう流れを踏むかはわかりませんが、とりあえずヒロインはいっぱいいっぱいかつ(気がつけば)キラキラです。物語の最初に「処女であること」を思い悩む姿、また人生で一度だけ脱処女(=彼氏ができる)チャンスがあり、未だそれを逃したことを引きずっている姿が描かれることからもわかるように、ヒロインを形作っているものは恋愛未経験での処女コンプレックス。コンプレックスがあるからこそ、余計に恋愛に積極的になれないし、男性にも素直になれない。そんな中訪れたのが、誕生日という特別なイベント、そして社会人ならではのアルコールによる力添えだったというわけです。
 
 二人で朝を迎えるわけですが、実際にしたかしないかはわからず。ただ恋愛関係には発展します。はじめての彼氏で、しかも同じ会社の年下。どう接して良いかもわからず、先立つのは喜び以上の、不安や戸惑い。食事に行ったら私が払うべき?彼の友達にはどんな顔すれば?このまま付き合ったとして、将来はどうするの?それでも一つ一つ段階を重ねて、恋愛での喜びを知っていきます。シチュエーションは異なれど、これは歴とした初恋を描いた少女漫画だと思うんです!


今日は会社休みます
ドアを開けてくれる。暖簾を上げてくれる。こんな所にも感動しちゃうくらい、男性からの優しさを享受できていなかった。


 しかし男性って童貞コンプレックスを感じる人って多いかと思うんですが、やっぱり女性もそういうものなのですかね?ただ確実に感じ方は異なるのかな、という気が。恋愛経験や性体験のなさをキャラ形成の軸に持ってくる作品という意味では、出発点は「モテキ」とか「ボーイズオンザラン」とかと同じだと思うんですけど、展開は全く別で、新鮮というか。「&」(→レビュー)とかも、立ち止まり…と言いつつも着実に恥ずかしがることなく進んでるし。こんなにも前向きに前に進めるんだ、と。色々な意味で新鮮さの詰まった一作でした。


【男性へのガイド】
→コンプレックスを持っていた人がそれを飛び越えて恋愛を知る、そんな経験を共有出来る方は良いかも。女性だし前向きな内容だしで、受けるダメージも少なめだと思います。
【感想まとめ】
→1巻はとりあえず明るかったのですが、ライバルっぽいの登場で2巻以降どうなるかは全く読めず。ベテラン作家さんなので読みやすさは抜群。ページがどんどん進みます。


作品DATA
■著者:藤村真理
■出版社:集英社
■レーベル:マーガレットコミックスcocohana
■掲載誌:cocohana
■既刊1巻
■価格:419円+税


■購入する→Amazon

カテゴリ「cocohana」コメント (2)トラックバック(0)TOP▲
コメント

きょうは会社休みます。 見てます☆
今後の、展開が楽しみです~♪
応援しています!!
あと、少女少年学級団は、もうかかないんですか?
続きが早く読みたいです[腟究��絖�:v-22]
かいてくださいね☆
From: りんご * 2012/12/26 20:35 * URL * [Edit] *  top↑
こんばんは。
少女少年学級団が読みたいです。
なぜ連載を止めたんですか?
ぜひ、描いてください。
よろしくお願いします。
From: 楓 * 2013/01/12 22:02 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。