このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2012.06.07
作品紹介はこちら→*新作レビュー* ろびこ「となりの怪物くん」
2巻レビュー→《気まぐれ続刊レビュー》ろびこ「となりの怪物くん」2巻
3巻レビュー→三者三様の考え方…女の子たちがとっても魅力的です《続刊レビュー》「となりの怪物くん」3巻
4巻レビュー→あさ子の可愛さに、目が離せない!《続刊レビュー》ろびこ「となりの怪物くん」4巻
5巻レビュー→あなたがわたしにくれたもの:ろびこ「となりの怪物くん」5巻
6巻レビュー→頑張る女の子は、かわいい:ろびこ「となりの怪物くん」6巻
7巻レビュー→それでも、人を求めてしまう:ろびこ「となりの怪物くん」7巻
8巻レビュー→はじまりはいつもこの階段で:ろびこ「となりの怪物くん」8巻




1106133380.jpgろびこ「となりの怪物くん」(9)


どうしてハルの答えは
いつも明快なんだろう



■9巻発売しました。
 高校2年に進級した水谷雫と吉田春は、長いすれ違いの末に付き合い始めることになったが、雫はなかなか付き合った実感を得ることができない。そしてハルと何も変わりがないままの夏休み。ついに2人にも、そして周りにも大変化が!?
 

〜祝・アニメ化!!〜
 先日驚きのニュースが飛び込んできましたよ!なんと「となりの怪物くん」アニメ化決定です!

人気コミック『となりの怪物くん』が今秋アニメ化


 デザート誌上で何か「大発表」があるとされていましたが、こちらがそれだったようです。デザートの作品はアニメ化しない印象だったので、まさかの展開にとっても驚いています。いやぁ、嬉しいですね。さて、既に制作や各キャラクターの声優さんも決定しており、監督は「君に届け」の監督さんとのこと。声優さんはドラマCDからがらりと変更してのキャスティングとなっています。
 
役名:ドラマCD版キャスト → アニメ版キャスト
水谷雫:伊藤茉莉也 → 戸松遥
吉田春:鈴村健一 → 鈴木達央
夏目あさ子:巽悠衣子 → 種崎敦美
ヤマケン:浪川大輔 → 寺島拓篤
ササヤン:岡本信彦 → 逢坂良太
大島千づる:早見沙織 → 花澤香菜
みっちゃん:小野大輔 → 樋口智透
吉田優山:梶裕貴 → 中村悠一

 私は声優さん殆ど知らないので、どっちが良いとかわからないのですが、普通に変えてくるものなのですね。戸松遥さんは「ここはグリーンウッド」のドラマに出ていたので知ってます(浅い知識)。何はともあれ非常に楽しみです。
 

〜後悔のない選択〜
 さて、アニメ化の話はほどほどにしておいて、本編の話に移りましょう。前回から夏休みとなっている本編ですが、9巻も夏休みメインで進行します。付き合うことになったものの、未だ付き合っている実感の湧かない雫。自然な形で二人いられるのはある意味理想的な状況であるとは思うのですが、雫からすると「付き合っているのだからそれらしく見えたり感じたりするもの」という先行した感覚があったのだと思われます。そんな中、キャンプの最終日に少しだけ付き合っていることを実感することに。まず感じたのは、付き合っている実感ではなく違和感でした。


となりの怪物くん9−1
ハルが前にいること


 いつもは後ろからついて回るハルが、この日は恋人として自分の前を歩きます。いつもとは違う景色、感覚。けれどもこれは、あくまで自分の中で感じるもの。恋人然とした感覚でもなく、ましてや周りから見たらまるで恋人になんて見えないのではないか。そんな獏とした不安のような感覚が、雫の脳裏をよぎります。けれどもそれは、優山の言葉によって払拭されることに。
 

となりの怪物くん9−2
ちゃんと立派な恋人同士に見えるよ
(中略)
選択に後悔がないのなら
きっとそれは正解なんだよ


 「なるようになっただけ」そう謙遜した雫の背中を、優山の「選択した結果」という言葉がさらに後押しします。欲しかった言葉。けれども安堵よりももっと、取捨選択の結果である、「捨てた選択肢」がよりハッキリと目に映るように。そう、ヤマケンの存在です。「友達にはなれない」とハッキリ言われた手前、雫としてもどうすることもできません。「友達になれないのなら仕方ない…」口では言ってはみるものの、どこか歯切れが悪く、後悔していないとは言い切れない状況。ハルとの付き合い、ヤマケンとの付き合い、そのどちらもハッキリと向き合いきれないままに続く此の状況は、果たして正解と言えるのか。
 
 優山が提示した「正解」を手に入れるには、選択への後悔を無くすことが必要になってきます。自分が優柔不断だからかもしれませんが、後悔のない選択なんて、ないです。そうでしょ?それでも優山は「後悔の無い」と言う訳ですよ。要するに、必ず生まれる後悔をどう消化するかという話。そして、そのためのアプローチとしては、基本的には二つ。一つはヤマケンとの関係をきっぱり割り切ること。そしてもう一つは、後悔も掻き消えるほどに、選んだ方の選択肢での幸せを実感すること。後悔の種を取り除くか、溶かして飲み込んでしまうか。どちらを選ぶかは当人の性格次第だと思うのですが、結果的に雫が選んだのは後者でした。
 
 あれこれと考えを巡らせて、頭の中がこんがらがっていた彼女とは対照的に、ハルの想いはこんなにもシンプル


となりの怪物くん9−3
「…もしかしてハルは私が好きだから毎日来るの」
「うん」



 あまりに明快な回答に、雫も思わず顔を赤らめます。これが決定打。思わず手をつなごうと提案した雫は、ハルと手をつなぎ並び歩きながら、付き合うことの幸せを実感することになるのでした。一緒に並んで歩く景色は、冒頭と殆ど一緒。けれども今度は違和感ではなく、心いっぱいの幸せを感じることになりました。経った時間は僅かの期間。けれどもその間に多くの人の言葉を聞き、考え、整理して、やっとここまで。とんとん拍子に進むことこそありませんが、ゆっくりと歩むからこそ、そこから進む足取りは確かで、やっぱりすごく素敵というか微笑ましいですね。


〜ササヤンと夏目さんもまた…〜
 さて、雫たちの恋模様も素敵なのですが、何といっても目を離せないのはササヤンと夏目さんですとも。やっぱりササヤンペースで進むんですね(笑)どうあがいたって、夏目さんじゃあササヤン相手に勝ち目はありません。ただ今までちょっと弱みというか、歳相応の情けなさみたいな部分が見えてなかったササヤンに、そういう面が見え始めて、なんだか新鮮というか安心というか。力関係の構図は変わらずとも、だんだんと透明になって中身が見えてくると、また違った感想が持てます。きっと次の巻もニヤニヤで読み進めること必至。楽しみですな。
 
■購入する→Amazon

カテゴリ「デザート」コメント (2)トラックバック(0)TOP▲
コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
From:  * 2012/06/21 20:11 *  * [Edit] *  top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
From:  * 2012/07/02 22:57 *  * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。