このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] [オススメ] [読み切り/短編] 2012.07.11
1106166232.jpg如月園「BIRTHDAY SONGS」


誕生日は
ハッピーが基本だろ?



■一年でいちばん大切な日、そんな日だからあなたとずっと一緒にいたい   
 誕生日はいつも雨…。
 誕生日が4年に1回…。
 誕生日に家出…。
 誕生日に親友の彼氏とデート…。
 誕生日を幸せを祈る、オムニバスストーリー。
 
 如月園先生の2作目の読切り集です。デビュー単行本となった「恋する惑星」(→レビュー)が非常に良かったので、2冊目を心待ちにしていたのですがついに登場しました。2冊目は、誕生日がテーマの読切り集。「恋する惑星」の際も誕生日がテーマの作品がありましたが、今回は全て誕生日にまつわるお話となっています。
 
 それでは少しずつ物語の内容をご紹介しましょう。タイトルも添えてお届けしたいのですが、固定タイトルで「Birthday Songs」となっているので、順番ごとに。まずは親友の彼氏を好きになってしまい、誕生日にワガママを言って彼とデートをさせてもらえることになる1話目。病弱なクラスメイトのに、自分の最期の誕生日を祝ってと告白されることから始まる2話目。3話目は、卒業式と誕生日、留年してしまったがために好きな人を見送ることになる男の子のお話。長い間付き合っているのに、未だ誕生日を教えてくれない彼氏との関係を描いた4話目。特別な日はいつも晴れという晴れ女なヒロインが、誕生日はいつも雨という先生を好きになる5話目。怪我で部活をやめた男の子が、そんな彼に憧れる後輩から告白される6話目。せっかくの誕生日に両親が喧嘩をしてヒロインが家出をする7話目。どれも誕生日のネタを絡めつつ、幸せな誕生日を描き出します。


birthday songs1
誕生日と一口に言っても事情は様々。素直に誕生日を祝えない者もいれば、幸せ一杯に誕生日を迎える者も。共通しているのは、誕生日を祝ってくれる誰かがそこにいるということ。それだけでもう幸せですよね。


 1冊に実に7話が収録されているということで、1話あたりの分量は少なめ。そのためゆっくりと間を取りつつ深みを生み出すような作りのお話はありません。落とし込む要素は絞り込んで1つ2つ、そして主人公ないし相手役の感情も割とシンプル。物語も捻りを利かせたものではなく、せいぜい肝を隠して最後に出すという程度。こうやって書くとなんだか単調・単純で退屈なお話を想起されるかもしれませんが、ファンシーな絵柄で真っ直ぐにシンプルに描かれる幸せなお話は、この上なく心を温めてくれるもので。無駄に凝っていない分、スッと心に沁みるものがあります。ちょっと疲れたときとかに読むと、より良いかもしませんね。
 
 個人的にお気に入りだったのは、彼氏が誕生日を教えてくれない事に憂う4話目。これ少しでも話すと全編ネタバレみたいな感じになりそうなのでなかなか言えないのですが(笑)全体的にふんわり明るめの印象が強いお話が多い中、サクラがモチーフとなり、かつ登場人物の双方がそれなりにドライということで、他とは違った澄んだ印象でとても新鮮でした。誕生日を教えない秘密、なぜか自分はファンタジックな方向で考えていたので、割としっかりとした背景があり、その上で無駄に感動的に仕立てない着地点の地に足に着いている感が素敵でした。
 
 あとは部活ネタを絡めた6話目なんかは、逆に如月園先生の描く女の子ってこんな感じという勝手なイメージをまさに形にしたようなヒロインでこれもまた印象に残りました…


birthday songs2
捻りなんて一切なくド直球に青春と恋愛を描いているのですが、シンプルさがいいんですって。これに限らず女の子がみんな元気で前向き。だからこそ、それぞれの話も明るい方向へと自然と流れて行くのかな、と思いました。
 

 また最後にオマケ的にマンガが収録されているのですが、余りに不意打ちだったのでめちゃくちゃウルっと来てしまいました。これはずるい。こういうの弱いんですって。こちらは買ってからのお楽しみ。って今回のレビュー、ホント何にも内容に具体的に触れてないですね。でも出しすぎちゃうともったいないので、難しい所。何はともあれオススメですので、是非ご賞味あれ。


【男性へのガイド】
→女の子女の子したお話が多いので、男性に勧めるのはなかなか…。
【感想まとめ】
→ちょっとシンプルすぎる印象もありましたが、1話あたりのページ数を考慮すると致し方ないところ。シンプルに、そしてふんわり優しくハッピーに描き出される物語は、読んでいてとっても元気になれます。この歳になると甘さが辛いところですが、まだ美味しいと思える時期に楽しんでおきたいという(笑)


作品DATA
■著者:如月園
■出版社:集英社
■レーベル:マーガレットコミックス
■掲載誌:マーガレット他
■全1巻
■価格:400円+税


■購入する→Amazon

カテゴリ「マーガレット」コメント (1)トラックバック(0)TOP▲
コメント

20代女です!
この誕生日のマンガ、このブログで知って、気になっちゃって買いました!まだ読んでませんが!笑
このブログいつも拝見しております!最初は自分の買ってる漫画の評価がしてあったので、みていたんですが、様々なジャンルの少女漫画が紹介されていて、漫画を買う際に参考にしています!これからも更新を楽しみにしています!
From: たま * 2012/08/19 03:41 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。