このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2012.07.19
1巻レビュー→“少女”だった全ての人へ贈る物語:タカハシマコ/桜庭一樹「荒野の恋」1巻
関連作品紹介→なぜこの作品をオススメしてなかったのか…:タカハシマコ/桜庭一樹「青年のための読書クラブ」2巻




1106176588.jpgタカハシマコ/桜庭一樹「荒野の恋」(2)


恋ってなぁに?


■2巻発売しました。
 すけこましで恋多き父とは逆に、奥手な少女・中学1年の荒野。初恋の相手でクラスメートの少年・神無月悠也は、皮肉にも父の再婚相手の連れ子として現れた。仲良く使用と努力する荒野だが、なぜか悠也は激しく拒絶する。しかし“家族”としての生活は、少しずつ近づけていく…。
 

〜「それは私と少女は言った」に比べて白い白い〜
 オススメタグはつけないのに、必ず続刊はレビューしてしまうタカハシマコ×桜庭一樹タッグ作品。というわけで「荒野の恋」も当たり前のように買ってしまいましたとも。2巻は水色を基調とした涼しげな配色の1冊となっていて、書店の棚でも目を引きましたねー。
 
 同日発売の、タカハシマコ先生の作品「それは私と少女は言った」(→レビュー)は既にレビューしておりますが、あちらに比べて本作は白い白い。正直この作品の初見の印象って「良い意味で悪趣味」で、どちらかというとブラック寄りだったのですが、先の「それは私と〜」との対比でとにかく白く見えてしまいます。多分ブラックに思えたのは、彼女を取り巻く環境が作り出していたものであって、ヒロイン自身は純粋なんですよね。もし1巻の時点で「それは私〜」と併せて読んでいたら、こちらはオススメにしていたかも。


〜変わらず恋するわけではなく、一人の少女として成長して恋愛をしていくお話なんだ〜
 さて、そんなヒロインの純粋さというか少女らしさが良く出たのは、何も恋愛方面だけではありませんでした。というか1巻で仄かに芽生えはじめていた恋の兆しは、2巻ではさほど出ず成りを潜め、むしろ別の部分でこそ印象的ですらありました。特にそれが顕著だったのが、友達関係、そして家族関係。特に後妻さんとの関係で見られた変化でした。
 
 荒野は後妻さんに対してはあまり良い印象を抱いておらず、態度も割と頑なでした。その傾向は2巻に入っても変わらず、この対立構造に変化が見られることはない(後妻さんはやがて家を捨てられて家を離れるんじゃないかくらい)に思っていたのですが、後妻さんの再三のアプローチによって…
 

荒野の恋2−1
態度は軟化。そして母親として関係を築くようになる。


 最初この作品は、ヒロインが変わることなく一人の男の子相手に恋愛をしていくという恋物語だと勝手に思っていました(タイトルも恋愛を想起させているし)。けれども身体の変化といい、友達関係での変化といい、そして家族関係での変化の受容といい、むしろ積極的に成長・変化を迎合し、一人の人間としての成長譚になっているのかな、と(取り巻く問題は少女的ではあるけれど)。なんだか2巻で作品に対する印象変わりまくり。どこか毒づいた感はあるけれど、それでも前向きなお話なんだなぁ、とか。
 
  
〜百合っぽさ〜
 そうそう、今回友達関係のお話でちょっとビックリな展開が…
 
 
荒野の恋2−2
百合
 
 
 もうね、タカハシマコ先生だし、桜庭一樹先生だしと、普通にしてればなんの違和感も感じないこの展開。でも良く考えてください、これ「なかよし」連載なんですって。そもそもこのお話がなかよし連載しているのがすごいのですが、もうごく普通のように百合表現が出てきてしまうあたり、さすがです。なかよしといえば既に「野ばらの森の乙女たち」(→レビュー)なんてガチ百合作品が連載されていたりと、受け入れる下地は充分にあるわけですが。きっとこれからもごくごく当たり前のようにこういう展開が出てくるのでしょう。なかよしは一体どこに向かっているのだろう。


〜3巻が最終巻のようです〜
 さて、本作ですが3巻が最終巻のようです。結構展開速いですが、一体どのような着地点になるのか。一癖も二癖もあるように見えますが、本筋の展開としてはかなり王道(だと思っています)。一応低年齢向け少女マンガということで、このまま真っ直ぐに行くのか。材料として「なかよしで行ける!」って思ったからには絶対に何かそういった要素があるはずで、序盤〜中盤がなかなか単純でないお話だったので、最後まとめの部分でそれが出てくるんじゃないかな、とか勝手に予想しています。何はともあれ最後まで楽しみですねー。3巻もレビューしますよ!


■購入する→Amazon

カテゴリ「なかよし」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。