このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2012.08.11
kyokuto.jpg野奇夜「極東プリズン」(1)


理不尽だよ…
もうわけが分からない



■普通の女子中学生だった藤本ひなた。しかしクラスメイトとの諍いがあった夜、何者かに誘拐される。眠っている間に連れて来られた場所は、誰の助けも得られない無人島。そこには計12人の少年少女が集められていた。人間としての点数をつけられた彼らは、とある資格を懸けた恐ろしい非日常を送ることになる…!

 野奇夜先生の新作単行本でございます。原作付きの作品を描いているイメージの強い野奇夜なのですが、こちらはオリジナルの単行本になります。なんだか怪しげな表紙とタイトルの本作、なかなかインパクトのある作品となっていますよ。
 
 物語の主人公は、ごくごく普通の女子中学生・藤本ひなた。ある日クラスメイトをイジメめいた諍いに巻き込んでしまったその夜、何者かに拉致されてしまいます。気づいた時に自分がいたのは、見知らぬ体育館と、見知らぬ11人の男女。顔も見知らぬ彼らは皆、拉致されこの場に集められたらしい。ワケも分からぬまま、スクリーン越しに語られたのは、自分達は生きる資格がない社会のクズであること、そして最後のチャンスとして、学校での共同生活を通して社会で生きていく能力があるかテストされるということ。生徒達はそれぞれ点数がつけられ、100点に到達した者は元の生活に、逆に0点になった者は大人になる資格を剥奪されるという。学校があるのは、逃げ場のない無人島。果たしてひなたは、この壮絶な非日常を生き抜く事ができるのか…というお話。

 
極東プリズン
学校に集められた(拉致された)のは計12人。それぞれ拉致される前の日常生活での態度が点数化されており、上は85点から、下は10点まで。ルールに従ってちゃんと行動出来た場合は持ち点が加算され、逆に諍いを起こしたりルールに反する行動を起こした場合は減点。100点に達すればシャバに戻れて、逆に0点になれば…。


 序盤に見せしめ的に一人が犠牲になり、物語の緊張感は一気に上がります。ヒロインの最初の持ち点は50点。そんな彼女が結果的に一番仲良くなったのは、最初の持ち点が10点という少年なのですが、これが実に食えないキャラ。非常に切れるけれど、内面が全く見えない恐ろしさがあります。以前人を殺したのでは…と噂される男の子が最初の持ち点35点ですから、10点てもはや…となかなか気になる設定です。
 
 ルール化された中で動くのであれば、余りに退屈な物語で終わってしまいますが、こちらはそうは行かない要素が二つ落とし込まれています。まずはルールは明文化されていないということ。加点・減点は主催者側の裁量で決定しますし、秩序を生み出そうと自分達で決めた内輪のルールすらもトリガーとなりえる不安定さがあります。また、ルールを守らなくてはいけないのは7時〜17時までの間で、それ以外は何をしてもOKという設定があるため、場は荒れやすいです。この二つを落とし込めたため、割と物語のアクティブさについては、作者さん側で調整可能なのかな、と。これは結構上手い設定だと想いました。


極東プリズン1−2
結局のところ点数でのせめぎあいになる。個人同士の点数比較が直接物語を動かす要素には今のところなっていないが、これから段々とそういう部分も出てくるのでしょう。


 中学生が島に拉致監禁されて、サバイバル…というと「バトルロワイヤル」なんかを思い出します。こういう理不尽系のお話は男性向けの雑誌などでしばしば見られるのですが、女性向けでは珍しい。なかよしでの「ミリオンガール」(→レビュー)などと同じく、ネタや雰囲気的に二番煎じ的なものであったとしても、そのインパクトだけでもう勝ちなんですよね。本作も、そんな印象のある一作です。ただ女性向け作品で共通して不安になるのは、どこまで物語の器を拡げるのかというところ。設定的にはかなり壮大な物語に仕上げることも出来るかと思うのですが、この掲載誌でしかもオリジナル連載はそこまでやっていないということを考えると、結局思いの外小さい枠に収まる物語になってしまうのではないかな、という懸念もあります。集められた理由も、結局の所判然としませんし。何かクズっぷりで共通点でもあればまたあれなのですが。しかし1巻時点ではそのへん判別付かず。物語の展開含め、色々と続きが気になるお話でございます。


【男性へのガイド】
→こういう話を好む男性の期待に耐えうる物語になるかは、まだわかりません。ただネタとしては結構読ませる内容だと思いますよ。
【感想まとめ】
→こういうインパクトのある作品は好きです。色々粗いというか、気になる点はありますが、ちょっと追いかけてみたいですねー。


作品DATA
■著者:野奇夜
■出版社:角川書店
■レーベル:ASUKAコミックス
■掲載誌:ASUKA
■既刊1巻
■価格:560円+税


■購入する→Amazon

カテゴリ「Asuka」コメント (1)トラックバック(0)TOP▲
コメント

1巻以降の話しを知りません!
教えて下さい!雑誌買ってなかったんで、分かんないんですよ~泣
From: りんご * 2014/03/22 11:39 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。