このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2012.08.23
1106176729.jpgしばの結花「NOAH!-ノア- 」(1)


救世主が現れた
そう信じて疑わなかったのです
この時までは



■雪平乃愛・15歳。絵を描く事が大好きな乃愛は、憧れの“あの人”を描きたい一心で進路を決定。絵のことになると暴走しがちな乃愛を受けとめられる、幼なじみの尚久と一緒に、聖リンネル学園高校に入学することに。だけど、夢にまで見た“あの人”   麻生先輩との出会いは大失敗…。完全に先輩に嫌われたとへこむ乃愛だったけど、なぜか「モデルをやってもいい」と言われて…!?

 しばの結花のオリジナル連載作になります。前回連載「ランウェイの恋人」(→レビュー)は原作付きで全3巻。今作は、オリジナル連載としては初めて巻数が付いた作品となります。小学館は巻数付くまで時間がかかるイメージですが、しばの先生もそれに漏れず。おめでたいことです。
 
 さて、本作ですが、一人のアーティスティックな少女を軸とした青春恋愛物語になっています。ヒロインは、絵を描くのが大好き&大得意な少女・乃愛。ある日一目惚れした“憧れの人”を追って、聖リンネル学園に入学します。その憧れの人とは、生徒会長で学園の理事長の息子でもあるスーパーおぼっちゃま・麻生先輩。絵の事になると暴走しがちな乃愛は、入学式で挨拶をしている彼に「(絵のモデルになって欲しいので)服を脱いでくれませんか?」と爆弾発言をしてしまいます。早々に嫌われたと思った矢先、今度は育った家が火事で焼失。祖父母が経営していた学生アパートを手放さなくてはならないことに。まさに踏んだり蹴ったりなスタートの学生生活でしたが、そんな彼女に一筋の希望の光が。なんと嫌われたと思っていた麻生先輩から、「モデルをやってもいい」との話があり、彼女の高校生活は動き出す・・・というお話。


ノア
乃愛は基本明るい。あとアホキャラなのか、デフォルメ多いです。


 あらまし紹介を読んでも「どういうお話なの?」って感じる方もおられるかもしれませんが、私もよくわかってないです。別に難解なお話というわけではなく、単純にゴールが見えないという。ざっくりと言うならば、ヒロインの乃愛の恋愛模様を描いて行くお話で、そのお相手が生徒会長で理事長の息子の麻生先輩、そして幼なじみの男の子・尚久。そのお話を転がすために、絵であったり、家事で学生アパートがなくなってしまったり、学生アパートの住人たちにスポットが当てられたり…といったイベントが加えられているイメージです。なので最終的には麻生先輩ないし尚久とくっついてめでたしめでたしとなるはずなのですが、如何せんサイドストーリーの数が多くまたそれなりにインパクトが強いため、どこに軸を置いて読んだら良いのかがわからなったりするかも。それと伏線結構張っているのですが、回収出来るのかちょっと心配。なんてあくまでこれは個人的な感想なので、他の方がどう読んだかはわかりませんが。
 
 「ランウェイの恋人」は原作付きで、スローテンポな中進んで行くお話となっていましたが、今回は非常にハイテンポで進んで行きます。ヒロイン自身が非常に活発で、とにかく前へ前へというような性格の子であるため、それがひとつ大きな推進力になっています。元々しばの先生の描くお話は、抑揚があまりなく一定のテンポで進んで行く印象。であれば、ハイテンポでサクサク読み進められるというのは一つ大きな特長と言えるでしょうし、賑やかな雰囲気は静かに落ち着きがちなベツコミの中でもひと際目立ちそう。このハイテンポ&ごった煮感は、むしろりぼんやマーガレットとかに連載されていた方がしっくり来そうですね。一応語りは振り返る形で、これからネガティブなイベントが多々ありそうなのですが、それがこのお話にどう作用してくるのかは全く想像つかず。変に悲恋にしすぎても、余計に物語を混沌とさせるだけでしょうし、なんとか乃愛の快活さは保ったまま物語が進んで欲しいものです。

【男性へのガイド】
→これは男性厳しいんじゃ。生徒会長で理事長な息子が相手役でも大丈夫という方は。
【感想まとめ】
→目的が見えず色々な要素を詰め込んでいるので、ちょいとチグハグな感じは否めません。ノリ自体はすごく良いので、ポジティブな雰囲気で進めればまた一味違ってくるのかも。


作品DATA
■著者:しばの結花
■出版社:小学館
■レーベル:ベツコミフラワーコミックス
■掲載誌:ベツコミ
■既刊1巻
■価格:400円+税


■購入する→Amazon

カテゴリ「ベツコミ」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。