このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2012.08.25
1106155280.jpg小橋ちず「クロスドミナンス」


君の未来は僕には必要なんだ


■ここは今から少し先の日本…。とある脳科学者が「左利きは先天的に優れている」と発表したことを受けて、政府は『左利き起用法』を制定する。それにより、左利きの子供達は社会的に優遇され、将来の地位も約束されていた。「左利き」と「右利き」……多感な若者たちは歪な時代をどうやって生き抜くのだろうか?確かな致筆で色鮮やかに描かれる、小橋ちずの新境地!

 「Sweep!」などを描かれている小橋ちず先生の、comicスピカでの連載作になります。「左利きが先天的に優れている」と科学的に証明され、左利きの子供たちを将来を率いるエリートとして育てようという『左利き起用法』が採用された日本が、物語の舞台。左利きの子供達は実際に天才的な能力を持ち、多くが子供ながらに親元から離れ、大事に監視された中でエリートとしての教育を受けています。右利きの人間は劣等感に苛まれ、一方左利きの人間は、優遇されて生きる事に違和感と寂しさを抱える、そんな歪な世界。「左利き」と「右利き」、はっきりと差別された中に生きる、少年少女達の心の機微を、1話読切り形式で描いて行きます。


クロスドミナンス
右利き、左利き、それぞれに悩みを抱えている。左利きが特別、他と違うということは、小さな頃から刷り込まれ、人格形成に大きな影響を与えます。


 この世界では実際に左利きは能力的に優れていて、スポーツや勉強が出来るというだけでなく、何か特殊な能力に優れていたり、いわゆる超能力に目覚めていたりするこもあります。そのため、単純に左利きに矯正すればなんとかなるわけではなく、例え左利きに扮していても、やがて才能の壁に阻まれて右利きであることがバレてしまいます。それでも優遇のされっぷりはそれを越えてでも享受したいものらしく、左利き矯正させられる子供が後を絶ちません。左利き矯正された子が物語の主人公になる事はありませんが、彼ら彼女らの存在が、一つこの物語に大きな影を落とすことになります。

 主人公は左利きの時もあるし、右利きの時もあります。右利きは総じて、左利きに対しての羨望や嫉妬、自分の凡庸さに対する失望感に苛まれており、一方の左利きは、恵まれた環境にありながら差別化されて生きることへの疑問や寂しさ、不満といったものを抱えています。そんな中、それでも自分の在り様や居場所というものを、何かしらの形で見出して行く。物語の設定は特殊なものではありますが、抱えている悩みは実際の少年少女が抱える悩みに通ずるものがあり、得られるカタルシスは割と普遍的なもののように思えました。結構万人向けな作りになっていると感じます。感動のさせ方が王道というか。

 個人的なお気に入りは、2話目の「Picture Perfect」でしょうか。元々の設定のせいか、どちらかというとちょっと暗い雰囲気のお話が多いのですが、これはヒロインがとにかく前向きで明るい。左利きをとにかく憧れの目で見る素直さもあるし、素敵です。コスプレでガンダムやらドラクエやらムスカやらドラえもんやらが出てきた時はちょっと笑ってしまいました。そして最後はしっとりと。うん、キレイ。
 

【男性へのガイド】
→女性向け感はないです。どんな媒体に掲載されていても違和感なしでございます。
【感想まとめ】
→表題のクロスドミナンスってのは両利きって意味らしいです。どのお話もちゃんとまとまっていて、都度良い感じの気持ちにさせてくれる一冊でした。


作品DATA
■著者:小橋ちず
■出版社:幻冬舎
■レーベル:スピカ
■掲載誌:comicスピカ
■全1巻
■価格:619円+税


■購入する→Amazon

カテゴリ幻冬舎コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。