このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2012.08.31
1106176563.jpg小山田容子「ちっちゃな頃からおばちゃんで」(1)


そうだな
同じものなんて
なにひとつない



■里谷淳子28歳、銀行員、彼氏なし。休日は実家の定食屋を手伝う親元ガール。面倒見がよく、小さい頃のアダ名は「おばちゃん」。弟には甘く、自分には何かと依存する母。もちろんお世話になってきたのはわかっているけれど、こっちだってお世話している。そんな母から逃れるべく、淳子は初めての一人暮らしを決意するのだが…。心や優しき親元ガール、三十路手前の小さな反乱!

 小山田容子先生のKISS連載作でございます。実家暮らし独身OLが、三十路手前であれこれと考える、そんなお話。表紙を見ると何やら体格の良い女性が描かれていますが、彼女が本作のヒロイン・淳子。表紙はちょっと変顔になっちゃっているだけで、普段はぽっちゃりした普通の女性という感じ。実家は寂れた商店街の定食屋で、土日や夜間は店を手伝い、昼間は地元の銀行で働いています。彼氏はなしで、恋人候補もなし。家と職場を行き来して、気がつけば30歳が目前に迫っていました。元来の面倒見の良さも手伝って、母は自分を手放さない気満々。家に居るのが当たりまえ、手伝ってくれるのが当たり前…そんな態度に小さな反骨心が芽生えた淳子は、密かに一人暮らしをする計画を練り始めるのですが…というお話。

 作者の小山田先生自身も、金融機関で働いていた経歴があることから、このお話のベースは割とリアルな体験談もあるんじゃないかと勘ぐってしまいます。ヒロインの淳子は長女。弟が一人いますが、彼はまだ大学生で親に溺愛されて育っており、姉の淳子は彼の面倒を見たり、何かと我慢させられたりと苦労をしてきたタチ。小さな頃からそんなだから、すっかりそれが板について、ついたアダ名は「おばちゃん」。今もそれが抜けずに、何かと親の面倒を見ているのでした。所謂よくできた長女ゆえの気苦労や損な役回りを、本当にリアルな感じで描いているのですよ。
 

ちっちゃな頃からおばちゃんで
 こんな表紙で勘違いするかもしれませんが、決してコメディではないんです。笑わせようという感じは全然ないです。むしろ悩みは尽きず、気が滅入るのでは…なんてテンションにすらなりかねない感じなのですが、それはふっくら体型が上手くカバーしてくれているのか。
 
 私は長男なので、彼女の辛さが分かる部分もあるのですが、一方で大学から上京してそのままなので、真の意味では共感できていないのだと思います。「実家暮らし」「年の離れた弟がいる」なんて条件に引っ掛かる女性は、多分ド共感できるんじゃないでしょうか。反骨精神を燃やして一人暮らし…なんてあらまし紹介をしましたが、あくまで計画段階。さて、結局面倒見てしまう彼女は、一人暮らしができるのか。スケールは小さいけれど、その分等身大の目線で楽しむことが出来る一作です。


【男性へのガイド】
→長男も行けるんじゃないかと思うんですが、いかがでしょう。でも長男も割と自由か。
【感想まとめ】
→全くハデさはありませんでしたが、しっかり地に足ついた面白い作品でした。安心読める安定感もあるし、だからといって凝り固まった動きのないお話というわけでもなく、良いバランスです。


作品DATA
■著者:小山田容子
■出版社:講談社
■レーベル:KC KISS
■掲載誌:KISS
■既刊1巻
■価格:562円+税


■購入する→Amazon
カテゴリ「Kiss」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。