このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2012.11.02
1106214430.jpg桜庭ゆい「なぎさ@ホーム」


さーて帰りましょうかね
わが家に



■松苗なぎさは、恋も学校生活も順調な高校2年生。マネージャーを務めているバスケ部のキャプテンで、みんなから頼りにされている同級生の近藤春汰と付き合いたてで、毎日ときめき幸せ。男らしくて優しい春汰が大好きで、いつも一緒にいたいけれど、一つだけ、どーうしても知られたくないことが!!なぎさの家族は、他の家庭と少しだけで違うようで…?

 電子書籍である「ゲートアッシュ」の連載作が、この度紙媒体となって登場です。ゲートアッシュって全く知らなかったのですが、電子書籍にももっと注目して行かないとだめですね…。見落としが結構…。というわけで、桜庭ゆい先生の「なぎさ@ホーム」のご紹介です。こちら桜庭先生にとっては初連載かつ初単行本(と思われる)ということで、実におめでたい作品。事前知識ゼロでしたが、この鮮やかな色合いの表紙に惹かれ、即購入を決意しました。
 
 さて本作のあらすじをご紹介しましょう。主人公はごくごく普通の女子高生・松苗なぎさ。バスケ部のマネージャーで、信頼厚い同級生のキャプテンと付き合いたてという、青春の匂いたっぷりの十代女子でございます。普通に見ていれば順風満帆の彼女ですが、一つだけ彼に言えない悩みが。彼の「松苗の家族にも会ってみたい」という言葉に思わず顔を引きつらせた彼女の秘密とは、実父が乙女系(オネエ系)のラブリー主夫であるということ。「こんなパパ、絶対に紹介できない…」なんて思っていたら、タイミングよく蜂合わせてしまうわけで…というストーリー。


なぎさ@ホーム
こんなパパ。おヒゲがチャーミングですよね。主夫というだけあって、家事はほぼ完璧にこなします。稼ぎ頭はお母さん。娘の男女交際に関しては、やっぱりお父さんらしく反対の姿勢です。


 桜庭ゆい先生ですが、帯に描かれている通り東村アキコ先生のお弟子さんだそうで。ベースはオーソドックスな少女漫画であるにも関わらず、乙女系パパという濃いキャラを投入してきて場をかき回すというあたり、東村先生の匂いを少し感じます。そんなインパクト大なパパなんですが、あくまで物語はヒロインと相手役の恋愛が軸。このパパは、結果的にそんな二人(というかヒロイン)をサポートする役目を果たします。一発キャラ的な人をメインに持ってくると、出オチで後半ダレてくることが多いのですが、こうして名目上脇役に据えることによってそれを防ぐというのは賢いなぁ、と。ただあまりに自然に溶け込みすぎて、最後の方は普通に家族の一人って感じになっていたのは、良かったのだろうか(笑)
 
 恋愛ベースで進んで行くのですが、タイトルにもある通り、中盤以降はホームコメディとしての要素も多分に含まれてきます。恋愛も家庭も、どちらも安定した関係で、ほのぼの幸せという同じベクトルでバランス感良し。ただ一方で、どっちつかずでやきもきする方もいるかも。決め打ちで「恋愛もの」「ホームコメディ」という先入観を持っていかずに、緩い気持ちで読みはじめてもらえればと思います。


【男性へのガイド】
→文法は完全な少女漫画です。免疫というか、そういった作品を読みなれていない人は若干つまづくかもしれません。とはいえ安定したほのぼの恋愛ものなので、入ってからの抵抗感は少ないと思いますよー。
【感想まとめ】
→個性派キャラがいながらも、とっちらかった物語にならずきっちりまとめる。非常に読みやすい安心感のあるお話でした。


作品DATA
■著者:桜庭ゆい
■出版社:角川書店
■レーベル:ゲートアッシュ
■掲載誌:ゲートアッシュ
■全1巻
■価格:660円+税


■購入する→Amazon

カテゴリ角川書店コメント (1)トラックバック(0)TOP▲
コメント

買っちゃいました。

良かったです、すごく。
乙女系パパでもしっかり大黒柱してるところがいいですね。
最後格好良かった!

ひとつ気になるのは、なぎさちゃんはアレですが、弟くんは乙女系パパを見て育つわけで。
どんな大人になるのかしら?
やっぱり乙女系?
From: 千秋 * 2012/11/06 10:18 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。