このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2012.11.04
1106206179.jpgKUJIRA「てのひらのパン」(1)



止まっていた
心が
息を吹き返す



■こころとおなかを満たす、たったひとつのパン。
 宮沢胡奈は幼少の頃に絵本で読んだパンを忘れられず、そのまま大きくなってパン職人に。現在は商店街で自分の店を持ち、一人で切り盛りしている。そんなある日、いつも通り店を開けようとすると、店の前に一人の男が行き倒れていた。お金と記憶がないという彼を、なぜか流れで家に上げてしまった胡奈は…
 
 「ワールドエンドゲーム」(→レビュー)や「ちよこチョコレート」(→レビュー)などを描かれている、KUJIRA先生のスピカ連載作になります。KUJIRA先生にとっては初めての巻数付きとのこと。おめでとうございます。1冊の絵本とパン屋で繰り広げる、再生の物語です。
 
 今回のヒロインはパン職人。しかも、ずっと幼い頃に夢見たパンを追いかけている、健気なパン屋さんです。物語の舞台は、そんな彼女・宮沢胡奈が切り盛りする商店街のパン屋さん。ある日店の前に一人の男が倒れており、なぜか助ける流れになると、お金と記憶が無いと言い出す。そんな危ない人は置いておけないと、すぐに追い返した胡奈ですが、翌日再び彼女の前に。実は記憶がないのは嘘で忘れ物があるだけと言う彼は、忘れ物がみつかるまで、パン屋に置いてくれないかと頼むのですが…というお話。


てのひらのパン
 ヒロインの胡奈は幼い頃に読んだ絵本のパンを今も追い求めてパンを作る日々。仲の良かった姉を亡くし、姉の子供と一緒に暮らしています。淡々とパンを作る平穏な日々ですが、そこにはどこかぽっかりと穴があいたような気持と、ひとつの後悔が。そしてパン職人見習いとして居候することになった例の男・黒川は、わすれもの=忘れた感情・想いを探す毎日。どちらもどこか暗い感情を抱えており、その姿は、物語の冒頭で描かれる絵本の兄弟の姿に重なります。似た想いを抱えた二人が物語を作って行きます。
 
 男女二人がひとつ屋根の下ということで、恋愛に発展しそうな匂いがプンプンですが、今のところそんな気配はありません。というのも、一緒に暮らしている、姉の息子(甥っ子)がいるから。また話は重なれど、日にちはさほど流れずで、時間的にそこまでに至らないというのもあるかもしれません。最終的にはそういうところに落ちてくるのかな。
 
 同時収録の読切りもパンをモチーフにしたお話。こちらが原点になっている節もあるのかもしれません。「ちよこチョコレート」もそうでしたが、KUJIRA先生は過去の思い出と共に食べ物をモチーフに物語を展開させるのがお上手。本作はパンということで若干地味な印象はありますが、ゆっくりスロースタートで温かい物語になってくる手応えは充分。絵本はただただ切なさを残した結末と相成るのですが、果たして本作の結末やいかに。


【男性へのガイド】
→こういう作品って男女共にどうなんだろう。温かみのある人間ドラマというか、だからこそ両方行ける内容だとは思います。
【感想まとめ】
→温かい疑似家族もの。正直地味な感はありますが、KUJIRA先生だから最後はきっちり感動的にまとめてくるだろうという予感もしっかり。もちろん、KUJIRA先生のファンはしっかりチェックしてくださいね!


作品DATA
■著者:KUIJIRA
■出版社:幻冬舎コミックス
■レーベル:COMICSスピカ
■掲載誌:スピカ
■既刊1巻
■価格:619円+税


■購入する→Amazon

カテゴリ幻冬舎コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。