このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2012.11.17
作品紹介→寂しき魔女に幸せ運ぶ、気まぐれな猫たち:奈々巻かなこ「港町猫町」
2巻レビュー→あなたの寂しさに、そっと寄り添ってくれる猫はいますか?:奈々巻かなこ「港町猫町」2巻




1106185308.jpg奈々巻かなこ「港町猫町」(3)


もしもいつか
一緒にいることができなくなっても
猫は人間が
大好きなんだよ



■3巻発売、完結しました。
 ショーウインドーの写真集をのぞきこむ猫が一匹。元恋人のリイに、写真の港町が、その猫・ルーの故郷だと教えられたアシュウは…!?“魔女”と呼ばれる寂しさを抱えた女性が、少年の姿をした猫と暮らすという不思議な港町の物語。シリーズ6編を収録した完結巻!!


〜完結しました〜
 久々の新刊でしたが、3巻にて完結となりました。1巻を読んだのはもう何年前になるでしょうか。非常に感動したのを覚えているのですが、この3巻もあの時の感覚そのままに、しっとりと優しい感動を届けてくれました。なかなか話題にならない本作ですが、完結したこのタイミングで、是非ともチェックしていない方にはチェックしていただきたいな、と思います。


〜続きものを描く力〜
 本作は元々1話完結のスタイルで進行していたのですが、後半になるにつれ、続き物としてのエピソードが登場してくるようになりました。特に3巻に関しては、1巻〜2巻で登場した物語の完結エピソードが描かれることに。続きものを描き上げる力もあることを、まざまざと見せつけられる形となりました。
 
 3巻で特に印象的だったのは、やはり続き物であった「うそつき亭」と「猫が返ってこない日」の二つでしょうか。
 
 「うそつき亭」は女優をドロップアウトして猫町へとやってきた、カノとシャラの物語の完結エピソード。3巻では2話が収録されていましたが、特に「うそつき亭」では、猫を想う寂しき女性の心情がメインで落とし込まれており、あくまでこの作品が「寂しき女性」を描いた物語であることを強く実感させました。猫サイド、女性サイド両面の物語があるのですが、個人的にはやはり女性の心情を中心に描いたものの方が、より寂しさや切なさのようなものが感じられて俄然好みです。本作は、港町に残してきたシャラのことを日々想いながら悩むカノの姿が描かれます。
 

港町猫町3−1
 「戻る」と言ったのに、いつまでも戻れず、手紙を書く…最後には町に戻ることが出来るも、そこにシャラの姿はなく…しかし…。もうこれ、やってることは恋人のそれなんですよね。猫と人間の恋物語。人間の男女であったら、依存度が強すぎて胃もたれしそうな内容も、相手が猫だとそれが中和されて、良質の感動物語に。ステキなお話でした。
 

〜「猫が帰ってこない日」〜
 「猫が帰ってこない日」は、今までの物語とは異なり、猫が人間の元を離れて行くというものでした。
 

港町猫町3−2
 気まぐれな別れではなく、本当の意味での“旅立ち”です。相思相愛の猫と人間の場合いつだって先に離れて行くのは人間の方ですが、猫にも旅立つときがあるのです。このお話は猫の視点で描かれているのですが、受けた印象は、猫を愛する人間が、猫との別れを納得させるために描いた「人間のための物語」という感が。そりゃあマンガなんですから、そんなことは当たり前…とはいえ、それを差し引いても先の感覚が強く、特にこの物語に関しては、猫を飼っている人こそが感動できる物語なのではないかなぁ、と。奈々巻先生自身も猫を飼っているようなのですが、とにかく猫愛が強いというか。ちょっと猫を飼っている方に感想を聞いてみたい気持ちになりました。
 
 というわけで、猫好き、猫飼いの方にオススメしたい本作。繰り返しになりますが、完結したこのタイミングで、是非ともチェックを!
 

■購入する→Amazon

カテゴリ「flowers」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。