このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2009.03.26
kiminoirubasyo.jpgひずき優/奈義みちこ「キミのいる場所 ―REAL×FAKE」(上)


駆け引きとか打算とか無さそうな
桐生が……あたしには
特別に見えて…
あたしも……あたしもそこに行きたい



■上下巻同時発売です。
 上辺だけの友達付き合いにうんざりし、醒めた毎日を送っているミツハ。今彼女が気になっているのが、同じクラスの桐生。誰ともつるまずに、一人自分をしっかり持っているように見える彼に、ミツハは憧れていた。そんなある日、町で偶然桐生を見かけ、チャンスとばかりに近づくが、さらりと突き放されてしまう。それでも興味の止まないミツハは、桐生を追いかけるが、その拍子に彼の腕にある傷跡を見てしまう。リストカット…見てはいけないものだった…けれど、どうしようもなく彼に惹かれていく…果たしてミツハの運命は?
 
 コバルト文庫ロマン大賞を受賞した作品(→キミのいる場所―REAL×FAKE (コバルト文庫))のコミカライズです。上下巻同時発売ですが私は下巻買ってません。すみません。さて、では内容の方はと言いますと、上辺だけの人間関係醒めたヒロイン・ミツハが、いつも孤独ながら、悠然としているクラスメイト・桐生に近づこうとすることからトラブルに巻き込まれていくというお話。物語は二人だけで進行していくのではなく、ミツハのメル友で社会人(らしい)のハルと、桐生と何か因縁のある、危ない噂の尽きない謎の男・アサクラが関わってくることで、危ない方向へとヒロインが流されていきます。ただ描きたいのはそういった物語の動きではなく、思春期独特の尖った自意識みたいなもの。タイトルに「キミの居場所」とありますが、まさにヒロインが探しているのは「自分の居場所」だったりするわけで、物語のラストは、どうしようもなく暗く堕ちていくか、もしくはそういった次元からの脱却のどちらかに持っていくのでしょう、多分。


キミのいる場所
どんな展開であろうと、結局こういう所に帰結するんじゃないでしょうか?


 キーマンの桐生くんですが、リスカに家庭問題、危ない友達に暗い過去と不幸のオンパレード。まぁこういうのは自意識系統のお話には欠かせないわけで、これもまさに自意識系ど真ん中のお話だと思います。私も中学ぐらいの時には桜井亜美の作品を夢中で読んだりしてましたが、さすがに最近は受け付けなくなってきたなぁ…歳かな。最近ではこの手の話は珍しくなりつつあるようにあると思うのですが、それでもやっぱりこういうのに心酔する十代は、流行り廃りに関係なくいつの時代にもいるんでしょうね。


【オトコ向け度:☆☆   】
→男女ではなくその人のメンタリティの問題。自意識系の方には良いのではないでしょうか。
【私的お薦め度:☆☆   】
→年齢的に受け付けなくなってきてますね。多分過去にこういうのが好きだった人ほど、後々になって批判してる気がするんですがどうでしょう。作品としては、別にマンガにする必要はないよなぁ、と。ましてやマーガレットで、というのは意外。


作品DATA
■著者:ひずき優/奈義みちこ
■出版社:集英社
■レーベル:マーガレットコミックス
■掲載誌:マーガレット(平成20年No.13~)+書き下ろし
■全2巻
■価格:各400円+税

カテゴリ「マーガレット」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。