このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2012.12.07
1106228478.jpg皆月つなみ「弾丸ハニー」(1)


結婚するなら
この人しかいないでしょう!



■「幸せな結婚」を夢見る保育園児・梨乃の前に現れたのは、イケメンで料理が上手いのに、なぜか人目を避けるように生きている給食のお兄さんだった…!見ためはイケメンで文句なし、職業も栄養士で資格モノで手堅い!そして何よりその頼りなさ、どうしたって守りたくなっちゃう!一目惚れした梨乃は、その日以来積極的にアプローチをするけれど…!?おませな梨乃の恋心はヒートアップ、恋の暴走が、今始まる…!

 皆月つなみ先生の新作単行本です。Flexコミックスフレアの作品のレビューは本当に久々な気がします。描かれるのは、恋に生きる園児と、人見知りな栄養士さんの二人の姿。物語の主人公は、とある幼稚園に通う女の子・梨乃。目下の夢は、幸せな結婚。「今のうちから男を見極めておく」と息巻く彼女がある日見つけたのは、イケメンだけど人目を避けるように生きる給食のお兄さん・和樹さん。資格持ちのイケメンで料理上手ということで燃え上がった梨乃の恋心は、その頼りなげな仕草でさらにヒートアップ。この人は私が守ってあげなくちゃ!と、張り切る梨乃ですが…というお話。


弾丸ハニー
幼稚園児のプロポーズ。本人は至って真剣なんです。そして、それをちゃんと受けとめてくれる、和樹さん。こんなに目線の差はあっても、心の目線は一緒なんです。


 恋愛ものかと言われると、そうではないような。どちらかというと、幼稚園を舞台にしたホームコメディ的な位置付けの作品かと思われます。とにかくヒロインの梨乃がかわいいんです。思い込みが激しいってのは、幼稚園児ならではだからなのですが、とにかくパワフルに好きな人に向かって進んで行く姿は、かわいいの一言。結婚相手を見極める際のものさしのようなものはありますが、それも相手が和樹さんのみなので、ふるい落とすためのものではなく、選び出すためのポジティブな使われ方で、印象は良し。相手の作ってくれた料理はおいしいとか、好きだから嫌いになって欲しくないとか。とにかく素直に、シンプルに相手を想う姿には、恋愛の原型のようなものが浮かび上がっている気がして、梨乃に見習わされることすらあるのではないかと思えてしまいます。
 
 またこんな暴走系の女の子が生きるのは、他でもない相手役の和樹さんの内気な性格があるからこそ。イケメンでありながら、それが元でトラブルに巻き込まれて以来、女性が苦手な彼にとっては、幼稚園児であれど梨乃は立派な女性のお相手。「子供が言っていること」と無下にするのではなく、一人の女の子が言っていることとして、しっかりとその言葉を受けとめてくれます。だから関係がちゃんと成立するという。
 
 梨乃の中では「結婚を前提にお付き合いの告白」→「両想いになりました」→「おウチにまで来ちゃった」と、着実にステップアップしている気でいますが、実際はそんなに進んでいないという。着地点として、結ばれるってことはまずなさそうではありますが、そんな元気な空回りを引き続き見れると思うと、思わず頬が緩んでしまいそう。わかりやすい&読みやすいお話で、多くの人が楽しめる一作になっていると思います。フレアでここまでキャッチーな作品が登場してくるっていうのは少し意外でした。


【男性へのガイド】
→ロリコンには訴求してこないような気はするものの、こういう女の子見るのは可愛らしくて楽しいかと。
【感想まとめ】
→こういう年下の女の子が一生懸命年上の男の人にアプローチするマンガって、個人的に大好きなんですよね。終始楽しく読むことができました。


作品DATA
■著者:皆月つなみ
■出版社:ソフトバンククリエイティブ
■レーベル:FlexComicsフレア
■掲載誌:COMIC ポラリス
■既刊1巻
■価格:571円+税


■購入する→Amazon


カテゴリ「フレア」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。