このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
2012.12.08
1106229181.jpgITAN 11号




■お知らせです。昨日発売のITAN11号の隔月化記念誌上企画「異端男子がITANを語る」に参加させて頂いております。4ページに渡って『女性向けにもかかわらず、男性ファンも多いITAN。そんな“ITAN男子”たちは、なぜ女性向けコミックを好んで読むのか、なぜITANを読むのか。』なんてことを、男子4名で語っている記事でございます。


参加者は以下の方々
■ITAN編集長:Iさん
■漫画家:ツナミノユウさん
コミックナタリー編集長:唐木元さん
■当ブログ管理人:いづき


 はい、明らかに私が浮いています。もう浮きすぎてて申し訳ない。なんでこういう業界人の中に、独りだけ一般人が混ざってるんだっていう。なんでこんなお話が頂けたのか未だによくわからないのですが、せっかくということで素人根性を見せて突撃して参りましたよ。終始口が渇きまくりでした。

 対談の内容ですが、ITAN作品に留まらず、それぞれの参加者が女性向け漫画にどのように触れてきたのかなど、各人のマンガ体験のルーツも知ることができるので、なかなか興味深い内容になっているかと思います。特に唐木さんのトークには、至る所でシンパシーが(笑)ご興味のある方は是非とも手に取ってみてください。
 

 さて、以下は講談社に乗り込んだということで、ちょっとした社会見学記事をお届けです。
 

 緊張しながら講談社へと向かったわけですが…まずは外の段階で時間を食う始末。入り口がわかりませんでした。


IMG_0604.jpg
建物の前にはこんなギャラリーがございます
 

 
IMG_0605.jpg
女性向け作品はこの辺
 
 

 どうやら私が一番来るのが遅かったようで(ダメ社会人)、皆さんに出迎えられながら講談社の講堂へ。講談社には旧社屋と新社屋の二つが存在しており、今回は旧社屋にある講堂で座談会をさせて頂きました。こちら歴史ある建物で、廊下を歩いていても歴史を感じます。外観はこちらのブログ様がお詳しいです→http://kenchiku228.blog85.fc2.com/blog-entry-384.html




IMG_0606.jpg
趣のある廊下(緊張のためかピントズレが激しいです)



IMG_0607.jpg
こちらが旧講堂。
壁面には野間一族の肖像画があり、見下ろされる形で対談を行いました。



 対談はおよそ2時間〜3時間で終了。緊張で、正直何を話したかあんまり覚えていないです(笑)終始支離滅裂だったような…。とりあえず皆さんの印象を語るなら、唐木さんは気さくで、ツナミノユウ先生は自画像に似ていらっしゃって、編集長はダンディでした。


 その後お言葉に甘えて新社屋のITAN編集部へ。その道すがらも、編集社っぽい掲示物たちが…
 
 
IMG_0613.jpg
新聞記事
 
 

IMG_0615.jpg
こちらはITAN、BE・LOVE編集部横の壁。関連作品の掲示物がたくさん貼ってありました。
 

 
 そして何より驚いたのが…


 
 
IMG_0614.jpg
 講談社社屋内にはなんと庭園があるという…!普通に散歩できてしまう広さです。ちょっとここを歩いてみたかったのですが、さすがにそこまでおこがましくリクエストできず…。
 


 さて、編集部というとどこか雑然としているイメージがあったのですが、私の行った先は女性誌中心であるためなのか、非常に綺麗なオフィスでした。そして静か。人の数がそもそもあまり多くないので、ゆったりとした印象を受けました。うらやましい職場環境です。女性に囲まれていますし。

 編集部の方で、編集の方々と少しだけお話させて頂いたのですが「編集サイドもレビューを気にしてしまう人はする」とのことで、ちょっとビックリ。見られていると思うと、多少のやりにくさは感じるのですが(笑)ちゃんと書かないと、と気が引き締まりました。あとは雑誌で使われているフォントの大きさについてのお話など。普段あまり気に留めたことがなかったのですが、改めて説明頂くと「なるほど」と思うことも多々ありました。


 斯くして今回の座談会は終わったわけですが、最後までふわふわとして、どこか実感のない不思議な体験でした。そしてご期待に応えられたのか非常に不安です(笑)なかなかできない貴重な体験でしたので、こうしてお声かけ頂いた講談社ITAN編集部には、感謝感謝です。有給取って行った甲斐がありました。

 しかしちょっと本音を言うなら、これを機にITAN作品のレビュー書きにくくなったなぁ、と…。なんて言っていたら、田中相先生の新刊が発売で、さてどうしたものか。いや、たぶん確実に取り上げると思うんですが。


 さて、話は戻ってITAN本誌。今回は表紙裏から何から、こだわりのある作り。そして非常に分厚い!誌上企画中心で告知しておりますが、やっぱりメインディッシュはマンガです。「昭和元禄落語心中」(→レビュー)や「テンペスト」(→レビュー)、「千年万年りんごの子」(→レビュー)、「王国の子」(→レビュー)といった人気の連載陣に加えて、今回は「VIVO!」(→レビュー)などの瀬川藤子先生が初登場。カム先生の読切りなどもあり、改めて充実のラインナップ。ITAN座談会は付け合わせ的に、物語を目一杯楽しんで頂ければと思います。


カテゴリお知らせコメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。