このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] [オススメ] 2012.12.09
1106213315.jpg御手洗直子「31歳BLマンガ家が婚活するとこうなる」


あー婚活かー
めんどくせえ事になったなー



■漫画家の直子(31歳・腐女子)。「将来の話がしたい」と彼氏に呼び出されるも、待っていたのはプロポーズではなく別れの言葉。突如として「31歳彼氏なし結婚予定なし」に降格した彼女は、一発発起して始めた婚活。モテるプロフィール作りとは?顔写真をフォトショップで加工?男性からの1日300通のメール?直子は理想の伴侶と出会えるのか!?愛と涙の実録婚活体験記!!

 以前よりネットで話題になっていたので、この度手に取ってみました「31歳BLマンガ家が婚活するとこうなる」のご紹介です。本作、pixivに掲載されており、閲覧回数累計200万オーバーとのこと。この数字がpixiv基準ですごいのかはよくわからないのですが、この度書籍化と相成りました。元々のタイトルは「31歳同人女が婚活するとこうなる」になります。
 
 こちら体験記ということで、もちろん物語の主人公は作者の御手洗直子先生です。三度の飯よりホモが好きという彼女が、31歳にして6年付き合った相手にフラれるという憂き目に遭い、一発発起して婚活に挑戦。元々結婚願望が強かったため、独り身になった時の焦りは尋常でなかったようで、検索でトップに表示された婚活サイトにすぐに登録します。しかし結婚したい想いはあっても、婚活にかかるのはそりゃあもうたくさんの手間手間手間。まずはプロフィール登録で挫折。アップする写真をフォトショでなんとか加工し、クリアしたと思ったら、次は自己紹介文で挫折。ホモ好きであることを隠し、あることないこと書き連ねてみます。そして今度はお相手探しで挫折…出口の見えない婚活ループから、どう抜け出せば良いのか。婚活に登場する様々な人々へのツッコミを交えつつ、面白可笑しく婚活体験を描いて行きます。


31歳マンガ家が婚活するとこうなる
BLを趣味・生業にしていると、プロフィールすらえらいことに。これをひた隠して、婚活に臨みます。


 私も結婚とか将来とかを考えなくてはならない年頃になってきました。会社で仲の良かった同年代の同期や先輩達も、段々と結婚への焦りを訴えるようになってきました。我々世代だとまだ出会いは合コンなどが中心になりそうですが、31歳でガチで結婚を考えるともなると、そんな悠長なことも言ってられず、自ずと婚活のフィールドはネットでの出会いになるようです。そういえば私の上司も34歳でネットで出会って結婚したなぁ…。しかしサクッと出会えないのが辛い所。結婚したいのであれば、まずはちゃんとプロフィールを登録し、相手を選んでいかなくてはならないのですね。作者さんも、即座に婚活サイトに登録し、活動をしたようです。
 
 体験談ものって結構そこかしこにあるジャンルではあるのですが、個人的に読んでいて好きなのは、徹底した自虐よりも、徹底したツッコミ至上主義といいますか。ツッコミ上手であればあるほど個人的には面白いと感じます。その点、この作者さんは自分に対しても、他人に対してもツッコミが上手い。目の付けどころがそもそも面白いのかもしれないですが、好奇心旺盛に相手を観察し、即座に突っ込んで行きます。特に年収2000万クラスの面々へのツッコミは、多少の悪意にまみれていて面白かったです。一方外国人からの翻訳機変換日本語へのツッコミは愛で溢れていました。てか婚活サイトって普通に海外の方がいらっしゃるというのに驚きですよ。本人が渦中にいるにも関わらず、どこか一歩引いた目線から楽しんでいる感じが作品から伝わってくるため、変に気落ちすることもなく笑いながら読むことができますよ。
 
 BL漫画家の婚活とありますが、そこまでBL作家としてのエピソードが出てくるわけではなく、位置付けとしては「オタク女子ないし腐女子が婚活する」という感じでしょうか。要するにどこか隠したいというか、後ろめたい趣味(この場合職業ですが)を持っていて、かつ出不精という二重苦。それらを乗り越えて結婚相手に巡り会えるかというのは、何も女性に限った話ではなく、結婚願望のある男性のも通ずるものがあるかと思います。とはいえやっぱりBLは婚活障壁においては最右翼の趣味であるような気もしますな。


31歳BLマンガ家が婚活するとこうなる
年収1000万クラス、2000万クラスのイケメンも結構いるみたいです。ただそれだけのスペックを持ちながら、婚活サイトにいるということは、そりゃあ難があるからなわけで。そして基本的には女性の売り手市場っぽいです。1000万クラスからも当たり前のように声をかけられるという。


 本作は体験ものではありますが、“1年以内”に“結婚相手を見つける”という明確な時間と質両面での目標があるため、達成されるにせよ未達であるにせよ、ちゃんと答えが出る形になっています。そのためお話としてもちゃんと完結していて、1冊で読んだ時の満足感というか、達成感はそれなり。個人的には最後の最後で出てきたオマケエピソードというかイラストが良いオチになっていたな、と。というわけで、婚活に興味のある方もない方も、面白いので是非読んでもらいたい一作でございます。肩肘張らず、脱力して楽しく読むことができると思いますよ!


【男性へのガイド】
→BL漫画家というところがハードル高くなってるかもしれませんが、結局ひた隠したい趣味があるというだけのお話ですので、その辺はオタク男性だってわかるでしょう?と。
【感想まとめ】
→面白かったです。もしこの先婚活することがあったら、これくらいの楽しむ気持ちを持って臨んでみたいものです。


作品DATA
■著者:御手洗直子
■出版社:祥伝社
■レーベル:ウイングスコミックス
■掲載誌:pixiv
■全1巻
■価格:850円+税


■購入する→Amazon
カテゴリ新書館コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。