このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [オススメ] 2013.01.02
■毎年恒例となっています、総まとめ記事。今年も『完結作編』と『継続作編』の二つに分けてお届け致します。こちらは昨年完結した作品及び、短編集等の単巻に絞ったセレクション。完結作編は、もうレビューすることはありませんので、ここで是非ともチェックしていただきたいところです。例年通り10作品を順位付け。リンク先はレビュー記事になります。ではでは、スタート…




1.小玉ユキ「坂道のアポロン」(全9巻)
1106171725.jpg
…『このマンガがすごい! 2009』オンナ編で1位を獲得した本作が、今年、アニメ化を経てついに完結を迎えました。高校卒業後、千太郎、律子、そして薫がそれぞれに自分の道を歩み始めてからが描かれた最終巻は、悲しみややるせなさを経てやがて感動へと至るその過程がとにかく素晴らしかった。出来過ぎと言っても良いくらいの最高のラストでした。当時の時代感を、ジャズの名曲と共に味わうことの出来る後々も大切にしたい物語です。





2.南波あつこ「隣のあたし」(全10巻)
1106171725.jpg
…ラストは良い意味で予想を完全に裏切られました。してやられたと言うべきか。かませ犬ファンからしたら、意外すぎて読み進めるのをやめかねないレベル。「かませ犬の大逆転劇」という、人気の少女漫画作品のセオリーの逆を行く展開を堂々と描き切った南波あつこ先生には惜しみない拍手を贈りたいところです。





3.小畑友紀「僕等がいた」(全16巻)
1106171725.jpg
※リンク先は15巻レビュー
…映画化したタイミングで本編も完結。よくぞ完結してくれました。絶対終わらないと思ってましたもん。読みはじめた時に主人公達と同い年だったのですが、読み終わってもなお同い年くらいで、結果的に主人公達と同じ時間を過ごしていたということも、個人的な思い入れを強くしている要因でしょうか。正直これに関しては思い入れが強すぎて客観的な面白さとか良くわかっていないです。





4.紅玉いづき/HERO「青春離婚」(全1巻)
1106171725.jpg
…人気ライトノベル作家である紅玉いづき先生と、人気Web漫画家であるHERO先生という黄金タッグが描いたのは、とある地味なクラスメイトの小さな恋物語。はじめて男の子を名前で呼んだり、はじめて男の子と一緒に帰ったり、はじめて男の子とメールをしたり…そんな青春ならではのイベントを、静かに、丁寧に描き出していきます。紅玉いづき先生由来の印象的な言葉遣いと、HERO先生由来の味わい深い“間”と“表情”が絶妙に合わさり、何とも言えない作品に仕上りました。





5.穂積「式の前日」(全1巻)

…既に各所で話題になっている、穂積先生のデビュー短編集。一時期は品薄で手に入れられないという状態にまでなっていたようです。各話必ずどこかでミスリードをひと捻り入れて、読者はそれに引っ掛かる。デビュー単行本ということを差し引いてもなお完成度が高く、これだけ注目を集めるのも納得。本作自体ももちろんオススメですが、作者さんの名前はまず覚えておいて損はないと思います。





6.河内遙「夏雪ランデブー」(全4巻)

…本作もアニメ化を経て完結しました。最後まで幽霊の元旦那は気持ち悪いままでしたが、この執念深さが、この物語を盛り上げた最大の要因に他なりませんでした。大切な人の死を乗り越えて進むには、必ず痛みが伴うもの。店長と元旦那の最後のやりとりは、何度読み返しても切なくて痛い。三者三様、どの視点で読むかによって、大きくその感想が変わってきそうな本作。あなたは誰の視点で読みますか?





7.山川あいじ「やじろべえ」(全2巻)

…これも完結していました。まだ続刊あるかと思っていたので、慌ててこちらにランクイン。少女と義理の父との2人暮らしを描く本作は、うさぎドロップのように恋愛に発展する結末は描かれることはなく、あくまで親子の絆やその年齢なりの少女の悩みや直面する問題に留まります。恋愛色極端に薄い本作は、通常の少女マンガとは少し異なる印象を与えるものの、その分確実に“何か温かいもの”を心に届けてくれる内容になっていると思います。





8.奈々巻かなこ「港町猫町」(全3巻)

…寂しい女性である“魔女”と、そんな彼女達によりそう“猫”の優しい関係を描いた作品。どこかファンタジックでありながら、落とし込まれる感情は一人身の女性が抱えるリアルなもの。どことなく「おとなの女性のためのおとぎ話」という感覚を受けます。刊行ペースもゆっくりでなかなか話題にならない作品ですが、非常に良いお話ですので、ご興味のある方は是非ともチェックを。





9.御手洗直子「31歳BLマンガ家が婚活するとこうなる」(全1巻)

…9位は毛色を替えてこんな作品を。pixivで話題となったエッセイ作品なのですが、これが面白かった。BLマンガ家というよりは、引きこもりがちなオタク・同人女子が婚活してみるとこんな感じになります、というお話。作者さんのツッコミが上手で、自分に向けても他人に向けても面白い。肩肘張らずに気楽に読める作品になっています。それと、これきっかけで婚活に少し興味が出たのもまた事実。





10.瀬川藤子「VIVO!」(全3巻)

…生徒に全く興味なし、教師としての志はゼロ、邪魔されれば途端に不機嫌…そんな型破りで無気力な教師・ナカムラが最後までナカムラ節を突き通したのにはあっぱれ。そうしてブレないからこそ、生徒達も無意識で慕ってしまう。型破りな教師ものは数あれど、ここまで生徒のことを考えていない先生はなかなかいないのではなかろうか。





以上10作品です。「360°マテリアル」とか「僕達は知ってしまった」とかあったんですが、どちらも個人的にはちょっとパンチ力が弱かったかな、という感が。あと短編集をあまり読めていないので、その辺の抜けは結構あるかと思います。ムック本で話題になった所では渡辺カナ先生の「星屑クライベイビー」とか。この辺はゆくゆくレビューできればと思います。こちらに引き続いて、継続作編を近々お届け致しますので、ゆるりとお待ち頂ければ…。

→アップしました
この女性向けマンガがすごい!2012〜2013(継続作編)



昨年までの記事
この女性向けマンガがすごい!2011(完結作編)
2010年、これだけはチェックしてほしかった完結10作品
2009年これだは読んでおいて欲しかった完結10作品

カテゴリ2012年オススメコメント (5)トラックバック(0)TOP▲
コメント

2012年も大変参考になりとてもいい作品に出会えました、本当にありがとうございました。
また今年もよろしくお願いします。
From: ~名もなきお * 2013/01/02 15:45 * URL * [Edit] *  top↑
1位、2位、10位読みました!

『隣の~』最終巻を読んでから『360°~』最終巻を読んだので
かなり丸井エンドを期待していたのですが…(笑)

アポロンは2巻までしか読んでいないので何とも言えないですが、
読みやすさとしては今まで読んだ漫画の中で1番じゃないかと思っています。

VIVO!は個人的に結構なストライクでした。

やじろべえは前から少し気になっているので読んでみようかと思います!
From: もたもた * 2013/01/02 20:00 * URL * [Edit] *  top↑
山川あいじさんの「やじろべえ」は完結なのでしょうか?
確か山川さんのブログ(最近みたらなくなってました)で
続き書きたいというようなことを書かれてた気がします。
ブログ削除してしまったから確実な情報ではないのですが・・・

私は「やじろべえ」続きをぜひ書いてほしいなあって思ってます。
もうちょっとあのマンガから伝わるやさしさとか雰囲気・物語を味わいたいってのが希望です*


ここをみて買うマンガや買ってみようかなと思うマンガなど
いつも参考にさせてもらってます^^これからも更新楽しみにしてます♪
From: りー * 2013/01/05 23:38 * URL * [Edit] *  top↑
山川あいじ
やじろべえは完結ではなく打ち切りですよー
From: 麗♪ * 2013/01/23 00:55 * URL * [Edit] *  top↑
はじめまして
よくレビューは読ませてもらっているものの、初コメントです

いきなりですが、
「このマンガがすごい!」
に、自分の読んでる漫画が載ってたら、なんかとっても気持ちいいですよね^^

「星屑クライベイビー」のレビューがはやく読みたいです…!!
From: あや * 2013/10/19 15:46 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。