このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] [読み切り/短編] 2013.01.13
1106229173.jpg田中相「誰がそれを -田中相短篇集-」


風が吹きます
吹いてしまいます
すこしさびしい気持ちで
いまは



■「加古里・スズシロ」「風の吹く吹く」「あしたの今日子」「庭へゆく」に加え、同人誌で発表された「恋する太陽系第3惑星地球存在13歳」「THE WORLD」、そして描き下ろしとなる「その後の加古里・スズシロ」を収録。紡ぎ出される人間は、こんなにも愛おしい。鮮烈なデビューを飾った著者の原点を知る一冊!

 「地上はポケットの中の庭」(→レビュー)や「千年万年りんごの子」(→レビュー)を描いている田中相先生の2冊目の短編集になります。ITANの田中相先生のプッシュ具合はなかなかで、本作はITAN本誌に掲載された作品の他、同人誌で発表された作品も2編収録されています。

 単行本のタイトルである「誰がそれを」は、収録されている作品の名前ではなく、田中相先生の同人サークルの名前とのこと。田中相先生の作品を読んでもらうというのと同時に、田中相という漫画家の原点を見て欲しい、という部分も多分に含まれるのでは、と帯の言葉や作品タイトルから想像してしまいます。
 
 収録作はどれも説明が難しいというか、シチュエーションだけ言うと凡庸というか、割とどこにでもありふれているのではないかと思えるようなものが多いです。あ、でも「加古里・スズシロ」はちょっと特異か。高校時代の男の幼なじみが、10年振りに再会したらオカマになっていたというもの。ちょっとほろ苦くて、けれどもどこか温かさのある、素敵なお話です。
 

誰がそれを
 個人的にお気に入りだったのは、「あしたの今日子」でしょうか。物語の主人公は会社をクビになったばかりの青年。そんな彼には女子高生の彼女がいるのですが…というお話。ITANでこんな生活臭のする男が主人公というのも意外ですし、とてもとても恋愛色が強いのもまた意外だったというか。それでもって、物語は彼女である女子高生の若さや勢いの良さ、美しさみたいなものがギュッと凝縮されていて、好きだなぁ、と。

 またどれも読後感の良さはあるのですが、中でも「庭へゆく」は兄妹愛・家族愛みたいなものが物語の根底にあって、読み終わったときの安心感というか、懐かしさみたいなものが他の作品に比べて強かった気がします。自分に妹がいるからなのかもしれませんが。
 


風の吹く吹く
 同人作品では「恋する太陽系第3惑星地球存在13歳」がスピード感のある展開といい、結末といい、これまでの田中相先生のイメージとは異なるお話になっていたので、とても印象に残りました。こんな引き出しも持っていらっしゃるのですね。
 
 さて、個人的にな想いとしては、商業作品に同人誌の作品は入れて欲しくない、というのがあるのです。というのも、同人誌と商業誌はそもそもスタンスも毛色も違いすぎるし、何より読むのが難解な、わかりにくいお話があったりするからなんですが。とはいえ本作に限って言えば、多少のわかりにくさはあったものの、どれが同人誌のものかわからない程度に物語の質にバラツキがないんですよね。元々のレベルが高いのもあるのでしょうが、出版サイドもそんなに手を加えないで、素材感を生かして世に送り出しているのではないのかな、と。だからギャップが少なくて済んでいるというか。また先の「田中相の原点を知ってもらいたい」という意味でも、この短編集はアリなのかな、とも思えたのでした。実際、「こんなに引き出しあるのか」と驚かされましたし、これを原点と言うのであれば、すごいレベルのスタート地点だな、と。
 
 発売のタイミングや、デビュー単行本の衝撃度などから考えると、こちらはあまり話題にならなそうではありますが、相も変わらず面白い作品を描かれますので、引き続き要注目ですよ!


【男性へのガイド】
→男性主人公のお話もいくつかあったりで、とっかかりやすさはあるかと思います。この機微をどこまで感じられるかだとは思うのですが、こういうの買うような男性のマンガ読みさんはあまり問題にならなそうですね。
【感想まとめ】
→同人作品収録は個人的にあれなので、オススメタグは付けていないのですが、面白かったです。まさに田中相先生という漫画家さんの原点を知ることができる一冊だと思います。



作品DATA
■著者:田中相
■出版社:講談社
■レーベル:ITAN
■掲載誌:ITAN+同人誌
■全1巻
■価格:581円+税


■購入する→Amazon

カテゴリ「ITAN」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。