このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] [オススメ] 2013.01.19
1106237566.jpg羽柴麻央「箱庭へブン」(1)


思ってたのと全然違うけど
これはこれで
ステキだよって



■浅利さんのちょっと大きなお屋敷には、色々な事情を抱えた人たちがプラっと集まって、ふわっと暮らしています。そのときのその瞬間、偶然集まった他人同士だけど、おいしいご飯をかこめば、なんだか心もつながっているような・・・。ひとつ屋根の下に集う人々の、家族より家族の物語。

 「宵待ちブルー」(→レビュー)や「私日和」(→レビュー)を描いている、羽柴麻央先生の新作になります。羽柴先生というと集英社のイメージですが、本作は講談社からの発刊となっています。描かれるのは、とある庭のある一軒家に集う人々の日々の生活。住んでいるのは社会人数名に子どもが二人、そこに学生がちょいちょい遊びにくるような、緩い雰囲気の集まり。住人たちはお互いの全てを知った上で暮らしているわけではなく、それぞれに秘密だとか、人には言えないような過去があったり。そんな住人たちのちょっとしたエピソードを、話ごとに視点を変えながら描いて行きます。読切り形式の疑似家族ものという言葉で表せば、収まりがよさそうでしょうか。


箱庭ヘブン2
 住人たちの構成としては、何をやっているのかよくわからない家主の浅利さん、彼の友人でオカマなローズさん、デザイン会社で仕事をしている女性の森憩さん、ワケあってこの家で暮らす兄妹の典ちゃんと万瑠ちゃん、そして犬の丘太郎。またしばしば遊びに来る、近所の高校生・開くん。全員が浅利さんの知り合いということで、下宿的な雰囲気はあまりなし。浅利さんという見知った存在を軸にしているがためか、浅利さんの緩さが皆に伝わっていて、全体的に暖かくゆったりとした雰囲気に。
 
 一応一つの作品ではあるのですが、各話のつながりは薄めで、それぞれ独立した物語という印象が強いです。というのも、浅利家の住人たちとの絡みで物語が進行するのではなく、それぞれのメンバーが外部に持つ人間関係を中心に物語が進行・完結するから。浅利家というのは物語を転がす舞台装置というよりは、各キャラクターが安心して帰って来れる拠り所という印象が強いです。典型的な疑似家族ものというものを想像して読み始めると、少し肩すかしを食らうかもしれません。とはいえまだ1巻ですので、2巻以降他のメンバーにスポットがあてられた時に、また違った形で描かれてくるのかも。

 1巻では4話が収録されていましたが、個人的に一番のお気に入りであったのは、ローズさんに絡んだお話であった2〜3話目。序盤全く知らない人たちが出てきて「え、どういうこと?」なんて思っていたのですが、後半でようやく意図が明らかに。なるほど、こうつながるのか、と。


箱庭ヘブン
 同じ人を好きになった者同士がつながり合うというのは、どこか不健全ではあるものの、それゆえの切なさや寂しさが仄かに落とし込まれていて、またそんな中にも確かに愛はあったのだと分かった時の感動は、なかなかのものでした。苦みも甘みも少しずつ、大人な味わいのする物語でした。


【男性へのガイド】
→羽柴麻央先生の作品は、割と男性も読んでいる印象(私の周りの人だけなのかもしれませんが)。本作もそこまでハードルになるようなものはないかと思います。
【感想まとめ】
→もうちょっと住人間での絡みを見たいものの、こちらは2巻以降でのお楽しみとしましょうか。さすがにどのお話も面白くて、読み終わった後に幸せな気分になれました。オススメです。



作品DATA
■著者:羽柴麻央
■出版社:講談社
■レーベル:KC BE・LOVE
■掲載誌:BE・LOVE
■既刊1巻
■価格:429円+税


■購入する→Amazon

カテゴリ「BE・LOVE」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。