このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] [オススメ] 2013.02.25
1106237893.jpg目黒あむ「ハニー」(1)


だから
これでおあいこ



■それはまだ中学の頃、雨の中道端に1人の不良が倒れているのを発見した奈緒ですが、ヘタレのために絆創膏と傘だけ置いて、逃げてしまいます。そして時は過ぎ、高校入学。奈緒は偶然にもその不良と再会してしまいます。報復を恐れてビビりまくる奈緒ですが、彼の第一声は「結婚を前提にお付き合いしてください」というもので!?

 目黒あむ先生の連載作でございます。渡辺カナ先生をはじめ、別マ期待の若手陣が、続々巻数付きの単行本を刊行していますね。目黒あむ先生はこれが3冊目の単行本になります。それではあらすじをご紹介。主人公の奈緒は、ちょっと内気な普通の女の子。まだ中学生のある夜、雨の中に倒れている不良を発見。怖かったので助けずに、絆創膏と傘だけ置いて立ち去りました。そんな助けた不良・鬼瀬さんが、ある日教室にやってきて自分を呼び出し…。殺されるかと思っていたら、なんと花束を渡されプロポーズをされてしまいます。逆らったら怖いので、思わず「はい」とOKしてしまうのですが…というお話。


honey1.jpg
誰もが恐れる不良・鬼瀬くん。しかしその正体は、ちょっと目つきが悪いだけの心優しい少年なのでした。


 誰からも恐れられる不良は、実は純情で心優しい男の子でした…というよくある設定の学園恋愛物語。今回の相手役となる鬼瀬くんも、赤髪で目つきがキツいということから必要以上に恐れられ、動物を助けようと喧嘩をしたら尾ひれがついて、誰も話してこない…なんて状況に陥ってしまっている典型的な誤解系の不良キャラ(不良ではない)でございます。心優しいし、数少ない友達のことは本当によく気にかけますが、怖がられることを自覚しつつも、空気を読んで大人しくすることはできないので、ついつい暴走して誤解されがち。似ているのは、「となりの怪物くん」のハルでしょうか。あと彼、結構可愛い所があって、奈緒の保護者に会う時は髪を黒く染めていったり、メールは緊張するから敬語で送ったり、電話とかドキドキしちゃってなかなか取れなかったり…。その行動の全てが、なんとも可愛らしいのです。
 
 一方のヒロイン・奈緒は、そんな人と付き合ってしまったから誤解が誤解を呼んで、友達作りに失敗。結果鬼瀬くんとばかり付き合うことになるのですが、やがて彼の優しさに気づき、ちゃんと対峙しなくては、と心を改めます。付き合うことに「はい」と応えたものの、自分に好きな人がいることを告白し、改めて友達として付き合うことに。彼女も大人しそうに見えて、鬼瀬くんと良い関係を築くなど、意外と肝が座っているような気がします。お互いに不器用ですが、器が広いイメージで、お互いのことを認め合っている関係。恋愛に発展しないのは、奈緒が鬼瀬くんではなく、親の代わりに育ててくれた叔父に恋心を抱いているから。


honey.jpg
ヒロインの奈緒も、内気に見せてちゃんと自分の気持ちを伝えることのできる子。ほんわかしていますが、しっかりものの素敵なヒロインです。


 この二人に、クラスで孤立しがちな男女二人が加わり、男女4人で物語は進みます。一人は群れる気のない一匹狼な女子・矢代さん。そしてもう一人が、誰にもトゲのある言葉を放ってしまう美少年・三咲くん。クラスで敬遠されがちなメンバーが4人揃うってのは、別マの看板の一つである「アオハライド」と同じメソッドで、がっちり売れ線ポジションをキープしています。この2人が本編に深く食い込んでくるのは、もうちょっと先かと思いますが、何はともあれ楽しみな人物配置。
 
 目黒あむ先生の作品って、ふわふわで女の子らしいお話が多く、「柔らかくて甘い」印象ばかりだったのですが、今回は鬼瀬くんという強烈な不良キャラを投入することで、それが緩和された印象。彼の存在が良いスパイスとなっているのか、しっかり物語が地に足ついている感じを受けます。キャラクターにシチュエーションに、これといって本作オリジナルの要素は少ないため、突き抜けるまではいかないかもしれませんが、安定して人気を獲得しそうなお話ですね。恋愛要素が強くなり、また複数人が絡んだ時に物語がどう変化してくるのか、楽しみです。


【男性へのガイド】
→ふわふわ感が少し薄れたと言えど、やはり甘さは残っており、男性にお薦めするのは若干躊躇してしまいますな。
【感想まとめ】
→目黒あむ先生の作品的に、この鬼瀬くんというキャラは良い存在になってくれるのでは、と期待感高め。続きが楽しみですね。


作品DATA
■著者:目黒あむ
■出版社:集英社
■レーベル:別冊マーガレットコミックス
■掲載誌:別冊マーガレット
■既刊1巻
■価格:400円+税


■購入する→Amazon

カテゴリ「別冊マーガレット」コメント (1)トラックバック(0)TOP▲
コメント

これやばいですよね!
From: sdfgh * 2013/11/20 16:29 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。