このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2013.03.07
1106247049.jpg中てい「LLLL」


叶うなら私は
彼のランプになりたかった



■「ランプを持たずに暗がりに行ってはいけない。暗闇の精霊に魂を取られてしまうから」。
 そんな言い伝えがある「ランプ街」にやって来た少女・オレガノ。ランプ屋で働く兄から強く言い聞かせられたものの、好奇心から暗闇でランプを消してしまう。そこで出会ったのは、暗闇の精霊・レイヴン。その場で命は取られなかったものの、それ以来レイヴンに懐かれてしまい…!?

 中てい先生のデビュー単行本です。本作が初コミックス、初連載と、初物づくし。それではあらすじをご紹介しましょう。物語の舞台は、住民みんながランプを持って街に出歩く「ランプ街」。そんな不思議な場所にやって来たのは、たった一人の肉親である兄がランプ屋で働いているという女の子・オレガノ。「ランプを持たずに暗がりに出てはいけない」そんな兄の忠告も聞かず、恐いもの見たさに暗がりでランプを消した所、遭遇したのは暗闇の精霊。暗闇の精霊は人間の魂を抜き取ってしまうのですが、オレガノの前に現れた精霊は、不思議な力に跳ね返され、魂を抜き取るのに失敗。しかしそれが彼・レイヴンの興味を惹いたのか、以来オレガノについて回るようになってしまい…というお話。


LLLL.jpg
おっちょこちょいで慌てん坊なオレガノと、マイペースなレイヴン。オレガノはレイヴンに対して敬語というところも萌えポイント高し。


 好奇心たっぷりのランプ屋見習いと、気まぐれな暗闇の精霊との心の交流を描いたファンタジー作品です。この街で「ランプ」とは、ただの明かりを現すのではなく、命を抜き取る暗闇の精霊を防ぐ道具としての役割があります。ランプを持っている以上、暗闇の精霊は現れません。一方の暗闇の精霊は、人の魂を源とするランプを持たなくては行きてはいけません。お互いに生きるため、ランプを持つのです。
 
 普通であれば自分の魂を狙う者とは一緒にいたくありません。けれどもオレガノは人一倍好奇心旺盛で、またあまり恐怖心がないような向こう見ず(バカ)な女の子であるため、レイヴンを側に置くことに反発はあまりありません。またレイヴンも、とにかく魂が欲しいという感じではなく、ランプなしでもとりあえず大丈夫というスタンスを取るため、お互い不思議な関係に。そんな中、いつしか互いに感情が芽生え始める…という定番の展開。とにかくメインの二人が緩いというか淡々としているので、狙い狙われているという感はあまりないという。それが売りであり、どこか温かく安心感のある雰囲気を作り出している源泉となっているのでしょう。あとちょっとおバカなオレガノちゃんかわいいです。
 
 アヴァルスやゼロサムといった媒体のデビュー単行本って、割と分かり辛くてこだわりすぎた内容が多いイメージなのですが、本作はベーシックな物語展開に加えて、絵も尖りすぎずで、非常に親しみやすい内容でした。背景もしっかりしていて、設定はしっかりと地に足ついていた印象。今後の作品も楽しみですね。


【男性へのガイド】
→レイヴンがオタク女子向け作品の相手役の典型という感じの風貌ではあるのですが、鼻につく感じはなく、受け入れやすさはあるのかも。オレガノもかわいいし、物語も人を選ぶような内容ではありません。
【感想まとめ】
→安心感と温かみのある親しみやすいお話でした。まとめ方は不思議さが残るものでしたが、枠内にしっかりと収まり、キャラも可愛い。うん、満足満足。


作品DATA
■著者:中てい
■出版社:マッグガーデン
■レーベル:avarus
■掲載誌:アヴァルス
■全1巻
■価格:571円+税


■購入する→Amazon

カテゴリ「ComicBlade avarus」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。