このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.05.22
作品紹介→まったりゆるやかな平安コメディ!:D.キッサン「千歳ヲチコチ」1巻



1106237605.jpgD・キッサン「千歳ヲチコチ」3巻


手にしたものをどうするか
決めるのは
君です



■3巻発売しています。
 時は千の昔、平安時代。いつの時代も、世界は動いていても、身の回りは意外とまったりだったり…。でも、亨とチコ、二人のそれぞれの日々に徐々に新しい出来事が起こり始め…。貴族文化華やかなりし平安の世で、日々新たな発見をする二人の日々、覗いて見ましょう!
 

〜3巻発売してました〜
 2月頃に3巻発売しておりました。本作、あまり書店で見かけず、ついつい発売日を逃していたようです。ということで2巻3巻のレビューになるのですが、正直ゆるゆるコメディなので、巻数ごとにレビューするほどのストーリーがないっていう。いや、もちろん物語は進んではいるのですが、9割方余計なことと言いますか。そしてそれが面白いものだから、もうそれはそれは気楽に読むことが出来るんです。ふとした時に手にして、ついつい読み耽ってしまう、そんなタイトルの一つです。良い感じに脱力していて、ネタの引き出しは多く、それでいてちゃんと歴史ネタもミックスしていて、とっても読みやすいんです。前回作品をご紹介してからちょっと時間も経っているので、ちょっとした紹介になれば。読んだ事ない方は、ぜひご注目を。
 

〜長山さんがすごい〜
 物語は、上達部の父を持つ貴公子・亨を中心とした宮中の集まりと、貴族の子女であるチコを中心とした集まりの2つが併存し、並行して描かれていきます。チコと亨の関係というのが、この物語のメイン。なのですが、これまでニアミスはあるものの、お互いをちゃんと意識し合ってのやりとりは、たった1度だけというスローペースっぷり。そしてそんなスローペースを許してしまうのが、キャラが立った脇役達の絶妙な掛け合いなのです。
 
 みんな風変わりでキャラが立っているのですが、やはりその中でも圧倒的なのが、チコの屋敷で女房をしている長山さんでしょう。長山さん、2巻3巻でもこんな調子です…
 
 

千歳ヲチコチ2−1
女房モブに紛れる




千歳ヲチコチ3−2
可愛い男の子は脳内フォルダにしっかり整理。(背景は颪という芸の細かさ)



 圧倒的な能力と煩悩、と言いますか。無駄さしか感じない、このハイスペックさ。素晴らしいです。サリーも実興も、自らの欲・煩悩に素直ですが、二人とも自ら最前線に乗り込んで成果を上げるタイプ。一方長山さんは、あくまでいつも通りの導線の中で、自らの欲を満たすという。この姿勢の違いが、力の差を物語っているように感じられるのです。多分長山さんと同じだけの戦闘力を、亨のパパも持っていると思うのですが、正直パパはフリーダムすぎて持て余している感が。これだけの変人でありながら、周りにしっかり溶け込んでしまっている長山さん、やっぱりすごいです。
  
 なんてキャラ押しなイメージをもたれるかもしれませんが、パロディネタや時事ネタもしっかり盛り込まれていたりします。3巻では名探偵コナンや、「今でしょ!」の林先生のネタとか。あと突然ワケわからんネタ突っ込んできたりするんですよね。今回で言えば…
 
 
千歳ヲチコチ3−3
おとうさんスイッチ
 

 唐突かつシュール。かと思えば、二十四帖「I don't want to miss a thing」では、厩のくだりでキレイに落としたり。


〜ゆっくりゆっくり進むチコと亨〜
 さて、一方メインの亨とチコは、実にゆっくりゆっくりと進んでいっています。3巻とはほぼ進捗しなかったのですが、良い「きっかけ」みたいなものは生まれたので、これが先につながってくれば。たぶん恋愛とかそういう段階にはならず、出会うないし友達になった時点で終了ってな感じがしますが、そこまで行くのにどれくらいかかるのやら。4巻以降も脇役が活躍する流れは変わらなそうですが、それでこそ、です。シリアスはほどほどに…というのは多少失礼のような気もしますが、いい塩梅でこれからも進んでもらえれば、と思います。


■購入する→Amazon

カテゴリ「ZERO-SUM」コメント (1)トラックバック(0)TOP▲
コメント

初めまして!
4巻のレビューを拝見し、興味が出たのでこちらのレビューも拝見いたしました。
レビューに書かれている「おとうさんスイッチ」は
NHKの子供向け教育番組「ピタゴラスイッチ」の1コーナーのパロディだと思います。
小ネタが多そうで面白そうなマンガですね!
From: 通りすがり * 2013/09/05 21:36 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。