このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] [読み切り/短編] [オススメ] 2013.05.26
1106276583.jpg安藤ゆき「透明人間の恋」


どうして
あめはふるの?



■読切り5編を収録。それでは、表題作をご紹介。
 初告白の返事は「あんた、鏡見たことあんの?」。その晩、鏡を見てみると、眉毛はつながり、うっすらと…ヒゲ?久々に見た自分の姿に田辺さんは、一念発起をするのですが…。不可視な存在ゆえ、己が瞳にも投影不可能。そして色を失った私の恋の物語。

 安藤ゆき先生の実に4年ぶりのオリジナル単行本でございます。前作「不思議なひと」(→レビュー)が本当に良かったので、新作を心待ちにしていたのですが、やっと、やっとですよ。ということで、「透明人間の恋」のご紹介です。収録されているのは、読切り5編。うち1編は8ページのショートストーリーとなっており、残りはそれなりのボリュームある読切りとなっています。どれも素敵な内容だったので、気になったものを中心に、それぞれご紹介していきたいと思います。
 
 表題作は「透明人間の恋」、あらましは冒頭でご紹介した通りの内容。好きになった男の子に人前で告白するも、容姿のことを酷く貶められフラれてしまった田辺さん。家に帰って鏡を見てみるとそこには、髪はぼさぼさ、眉毛はつながり、うっすらヒゲが生えている、荒れ放題で手つかずの顔が。それを機に、顔を、髪を、服を整えてみると、いつしか美少女と噂されるまでになるのですが…。
 
 
透明人間の恋1
 地味な女の子が一念発起して、美少女に生まれ変わるというストーリー自体は物珍しいものではないのですが、地味すぎて周りから気づかれないどころか、自分ですら自分に気づいていない状況という出発点が面白く、さらに容姿が変わってもヒロインの評価軸がブレないところがステキでした。一風変わった着眼点を、読切りの中に恋愛ものとして落とし込んで来るのは、結構難しいんじゃないかと思うんです。
 

 3話目「マトリョーシカ」は、今まで色々な女の子と付き合ってはフラれている主人公が、いつものように親友の女の子に慰められにいくのですが…というストーリー。初っぱなのシチュエーションで、結末はもう見えたようなものなのですが、これも描き方がユニーク。フラれた彼女に贈ったマトリョーシカをきっかけに、幼なじみ二人のエピソードを、アイテムをキーにして段々と遡っていき、物語は転がっていきます。読切りで回想を詰め込みすぎると、少々慌ただしくなってしまうのですが、そこも無理なく、話の中の大切なエピソードとして機能。終わり方も、雰囲気たっぷりに良い余韻を残して。なんてことない男女のやりとりを、こうして時間軸を遡り、素敵に彩ってくれました。

 個人的に一番印象に残っているのが、最後に収録されている「drops.」。本作は、雨の日の男女のやりとりが描かれたお話。高校生、小学生、大学生、社会人と、様々な男女が雨と共に描かれているのですが、実はこれらのエピソードが、最後思わぬつながりを見せるという。途中まではつながりなんか想像させないんですが、段々とピースがはまっていき、最後の方には「おおおおお」と。読切りなんて滅多に読み返すなんてしないのですが、本作に関して言えば、もう一度読まざるを得なかったです。遡って読んでみて「なるほど、こういうことか!」と。シーンだけでなく、登場人物もしっかりつなげて完結させているあたりも、すごいなぁ、と。久々にオシャレで、かつ面白い読切りを読んだ気がしました。これは是非とも、読んで頂きたいところ。


透明人間の恋
雨のエピソードということで、相合い傘や雨宿りなんていうベタなシーンも多々登場します。そういうありふれた風景を上手く組み合わせて、全体として面白い物語を組み上げます。


 その他ショートストーリーの「そこは注文の多い料理店」と、とっても良い人な男の子と、大食いの女の子を描いた「勝手な2人」が収録されています。前者は結構強引な落とし方が印象的で、後者は割と正攻法な青春恋愛ものかな、と。掲載誌は別冊マーガレットなのですが、纏う雰囲気は“オトナ”なそれで、Cookieあたりに掲載されていた方がしっくりくる印象。レーベルは別冊マーガレットですが、幅広く読めるのではないかな、と思います。
 
 各話の紹介でも書いたように、特筆したいのは仕掛けのユニークさ。仕掛けを機能させるにはそれ相応の“理屈”が必要で、物語運びがややカッチリした理屈っぽい印象を受ける方もいるかもしれません。ただだからこそ、読切の短さでもしっかりと印象に残る物語に仕上っているわけで。何はともあれ、期待に違わぬすごい短編集でした!これからもっともっと読みたい作家さんです!


【男性へのガイド】
→恋愛色強めで台詞回しも多少クサい部分があったり、女性向けの感が強いです。
【感想まとめ】
→4年待った分の補正があるのかもしれませんが、すげえ面白かったです。これは是非おすすめしたいです。安藤ゆき先生を知らない方は是非チェックを。


作品DATA
■著者:安藤ゆき
■出版社:集英社
■レーベル:別冊マーガレットコミックス
■掲載誌:別冊マーガレット
■全1巻
■価格:400円+税


■購入する→Amazon

カテゴリ「別冊マーガレット」コメント (1)トラックバック(0)TOP▲
コメント

こんにちは初めて書き込ませていただきます。
今日偶然この漫画を買って凄く面白かったので、誰かレビューしてないかなとおもったところこちらにたどりつきました。
色々な方に読んでほしい、漫画ですね。
レビュー今後も楽しみにしています。
From: sk * 2013/05/27 21:53 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。