このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.06.03
作品紹介→みんな自分だけの流れ星を探してる。:やまもり三香「ひるなかの流星」1巻
2巻レビュー→片想いが重なる高一の夏:やまもり三香「ひるなかの流星」2巻
3巻レビュー→馬村くんが不憫すぎる件:やまもり三香「ひるなかの流星」3巻
4巻レビュー→元カノのフォローパスが決勝点に?:やまもり三香「ひるなかの流星」4巻
5巻レビュー→ひとつの恋の成就とひとつの恋の終わり:やまもり三香「ひるなかの流星」5巻
関連作品紹介→「シュガーズ」



1106276576.jpgやまもり三香「ひるなかの流星」(6)


だから
笑え



■6巻発売しました。
 獅子尾と想いが通じ合って、ドキドキしっぱなしのすずめ。キョリをもっと縮めてみたくていろいろ頑張りますが、うまくいったり、いかなかったり。しかも、馬村が何か気づいたみたい…?季節はもう、クリスマス。すずめは獅子尾を誘おうとして…。
 

〜クリスマスイベント〜
 さぁ、6巻発売です。なんかつい最近レビューをお届けした気がしますが(5巻レビューが5/11でした)、気にせず行きましょう。前回ついに獅子尾と想いが通じ合ったすずめ。正式に「付き合う」とは言っていないものの、互いに意識しつつ、時間は過ぎて行きます。そして訪れるのは、クリスマス。パーティでも、デートでも、一気に畳み掛けるチャンスが眼前に。しかし二人は教師と生徒、普段過ごしているフィールドは一緒でも、友達は違うし仕事も違う、そして何より人前で一緒には過ごすことができない。そう簡単に神様は先に進めてはくれません。そうなるとヒロインは、どうしても寂しさを募らせるものなのですが、そんな時に活躍するのがかませ犬。そう、今回は馬村がまたしても頑張ってくれました。


〜当て馬全開の馬村くん〜
 正直想いが通じた時点で緩やかにフェードアウトしてくんじゃないかなんて危惧していたのですが、そんなことはなかったです。かなり頑張って食らいついていますよ。もうね、フォローっぷりがすさまじい。普通だったらそのまま過ぎてしまうようなものだって、華麗にクビを突っ込んで慰めてくれるわけですよ。まずはすずめが獅子尾におにぎりを作ってくるも、渡せなかった時…
 

ひるなかの流星6−3
颯爽と表れ、自分が食べる


 もちろん彼女の作ったおにぎりを食べたかったってのもあったでしょうが、なにより放っておけなかったからこその行動。わざわざ探してくれていますから、素敵です。不格好なおにぎりに文句を言うのはご愛嬌。ここで甘くしないからこそ、甘ったるすぎず何度だって繰り返せる(個人的所感)。

 そしてなんと言っても一番の見せ場はクリスマスでした。今回もしっかりとすずめの悲しみの感情をアンテナで感じとって、自らが誘う形でクリスマスツリーを見に行くのでした。これももちろん一緒にクリスマスを過ごしたいってのもあt(以下略)。さらに彼女の悲しみの源泉(クリスマスを一緒に過ごせなかったこと以上に、誕生日を言えなかったこと)を引き出し…
 

ひるなかの流星6−2
自分のマフラーをプレゼント


 このシーンもそうですが、何よりその後の言葉と表情が素敵でした。赤面しながら「泣きそうな顔すんなよ。笑え。」と。本当に感動もひとしお。一瞬「ああ、これが馬村のハイライトになるのかも…」なんて想いがよぎったりもしましたが、それぐらい良かった(かませ犬として)。またかませ犬ポイント(何のポイントだろう)が高いのは、その後にすぐに背中を向けて立ち去った所とか。
 

ひるなかの流星6
さらに後日、余計なお世話で獅子尾に誕生日のヒントを与えて、さらに焚き付けてしまうという、無駄に親切な行動を取った所も、かませ犬ポイント高いですねー。

 
 誰よりもすずめのことを見ていて、誰よりもすずめのために行動しているのに、それでも想いは報われない。作者さんのコメントで「これは馬村くんの成長記ではありません…!!」なんて書かれていますが、もう成長記でいいじゃないですか。ダメなんですか?ダメですか…。


〜まだ可能性があると信じたい理由〜
 相も変わらず馬村に夢中、しかもかませ犬として夢中なわけですが、それでもまだどこかで、馬村ルートを信じている自分がいます。もう可能性なんて5%もないくらいなんですが、それでもまだ0じゃない理由をちょっと探ってみたいと思います。
 
①キスをしていない
 さて、恋人っぽい感じが満載であったすずめと獅子尾ですが、今回はまだ手をつないだだけ。キスは結局未遂で終わりました。少女漫画でファーストキスは結構重要で、想った相手とキスが出来たれば、まずその人と最後まで行きます(別フレではキスはおろか初体験の相手と結局ダメだったなんて例もありますが)。今回のキス未遂は、十中八九次へのお楽しみだとは思うのですが、6巻終了時点では、馬村にとっては首の皮一枚なんとかつながった状況。これでキスきちゃったら、もう完全に終了宣告ではありますが。


②都合良さげな女の子が登場していない
 さらにもう一つ、かませ犬には大抵都合良さげな脇役の女の子があてがわれるものなのですが、今のところその候補は登場していません。これまでであれば、ゆゆか様がその最右翼だったのですが、どうも土牛先輩との恋愛が発展していきそうな気配が濃厚に。今回、貧乏エピソードが飛び出し、なんとなく良い人というか、ちゃんとしてる人みたいな雰囲気が出来上がっています。そうすると、もう馬村の相手いないよねっていう。表れていない段階では、もうひたすらにすずめに想いを寄せるしかないわけで。ここでそれっぽい女の子が登場したら、またしても終了s(以下略)
 
 いや、もう9割9分獅子尾なんですけど、このままだと本当に馬村不憫という。その不憫さがゆえに愛らしいのですが、いつかどこかで、ちょっとだけ幸せになってくれれば、と。ただただそう願うばかりです、はい。


■購入する→Amazon

カテゴリ「マーガレット」コメント (2)トラックバック(0)TOP▲
コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
From:  * 2013/08/24 11:19 *  * [Edit] *  top↑
今まで知らなかったんですが、
1巻試し読みして、一気に7巻まで読んでしまいました。めちゃ7巻胸キュンです。私的には、すずめちゃんと先生に幸せになって欲しいですが、7巻目で波乱( ; ; )馬村君もカッコ良くて好きなキャラですが、二人とも想い合ってる状態であれば、想い合いすぎてのすれ違いは、解決してあげたいです。
From: プリン * 2013/09/30 07:38 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。