このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2013.07.31
1106299006.jpgわたなべ志穂「童貞教師のふまじめな日常」(1)


先生の童貞
あたしがちゃんともらってあげるからね



■桐島慶一郎、26歳、生物教師。ニックネームは“氷の桐島”。校内で接吻、および性行為などという風紀の乱れは全く以て許しがたく、厳罰を以て処すべきなのであ……わぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!広瀬!!やめなさい!!校内で…そんな…いかがわしい…っ!!!っちょっっベルトに手をかけるのはやめなさいっっっっっ!!!!初めてなのですから!!!!!!桐島慶一郎、26歳、童貞教師。経験豊富なJKからのアプローチを拒みきれるのか!?

 なんだこの紹介文(のっけからツッコミ)。Cheese!って「僕達は知ってしまった」の裏表紙の謎ポエムとか、裏表紙が全体的にフリーダム過ぎてビビります。ちなみにエントリータイトルの「桐島、童貞捨てるってよ」は帯より拝借致しました。もう悪ふざけが過ぎますね(褒め言葉)。Cheese!らしい、節操のなさが素敵です。
 
 さて、本作ですが、童貞教師が経験豊富な女子高生からあれやこれやとアプローチを受けて、慌てたり抗ったり流されたりするというラブコメディでございます。主人公は、学校で生徒指導も担当する生物教師・桐島慶一郎。その無表情さ・厳しさから、生徒達から“氷の桐島”と呼ばれている彼ですが、実は女性経験がなく、生徒に近寄られたり触れられたりすると、途端に赤面してしまうという一面が(そのため人一倍冷たくしてバリアを張っている)。そんな一面を、ひょんなことから生徒である広瀬和奏に知られてしまい、そんな彼に興味を持った和奏は、あれこれとアプローチをしはじめるのですが…というお話。


童貞教師のふまじめな日常
 高校までは男子校、大学で恋愛に期待を抱くものの、経験のなさと理系ならではの鈍感さで尽く失敗、結果現在まで童貞。女性は苦手ではあるものの、女性には興味があるという草食系。どちらかというとチャンスを逸していた人なので、据え膳は、場合によっては食えてしまうタイプ。そのため生徒からのアプローチに対しても、怒濤のパワープレイでゴリゴリ押し込まれて、ついつい失点…というわけで、1話目で早々にカップル成立してしまいます。もちろんお互いに、お互いの魅力を認め合っての成立ですから、性欲先行ではございません(念のため)。
 

 本作はタイトル通り“童貞”であることが肝になるので、カップル成立しても、あくまでキス止まり(元々は「嘘つきジキルとハイド」というタイトルだったみたいなので、結果論かも…)。一線(エッチ)を越えないレベルで、ギリギリのラインを狙ってのエロネタを数多く投入してきます。そのためけっこうキスとかもねちっこい感じだったり。この辺はCheese!の得意とする所でしょう。同じレーベルでも肉体関係の軽々ラインを超えてしまう作品が多い中、その手前で工夫を重ねて見せるその意気や良し。
 

童貞教師のふまじめな日常1-2
暴走するヒロイン、守る童貞。ヒロイン・和奏がコミカルに場をかきまわしてくれるので、常にアップテンポで楽しい雰囲気で物語は進んでいきます。


 なんて、ここまでで、なんだかエロネタばっかりかと思われるかもしれませんが、エロネタ多めとはいえしっかりと学園ラブコメしております。主人公が非常に弄りやすいキャラであるのもそうなのですが、何よりヒロイン・和奏が魅力的。基本的には好意を前面に押し出して甘えてくるタイプなのですが、変な所我慢して一歩引いたりする場面があったりと、「良い性格」が前面に出たキャラクター。単にコミカルだけでなく、シリアスで締めるところはビシッと決めると言いますか。個人的にはこういう子はドンピシャでして(笑)
 
 上記の通り、和奏がコミカルとシリアスで緩急を使い分けることが出来るキャラのため、物語が一本調子にならず、メリハリが利いています。それに加え、生徒と教師という力関係の中に、童貞という恋愛でのウィークポイントが投入されることで、場面に応じて互いの力関係が入れ違いに。この使い分けが上手いのか、一見出落ちっぽい設定でありながら、全く飽きの来ない内容となっています。


【男性へのガイド】
→Cheese!ですから、アレルギーある方はちょいとハードル高いかも。ただ同レーベル比ではクセ無く読みやすい作品だと思います。
【感想まとめ】
→個人的にはヒロインに持って行かれた感あるのですが。やるやらないでイチャイチャモヤモヤするコメディ、ということで割と楽な気持ちで読めるスタンダードな恋愛ものだと思います。こういう設定、お好きな方は是非。


作品DATA
■著者:わたなべ志穂
■出版社:小学館
■レーベル:Cheese!フラワーコミックス
■掲載誌:Cheese!
■既刊1巻
■価格:429円+税


■購入する→Amazon

カテゴリ「Cheese!」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。