このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] [読み切り/短編] 2013.08.25
1106306501.jpgカム「山響呼」


さよならだから
優しくなるんじゃない



■「さよならが近づくと何もかも愛しく感じるわ」
 亡くなった祖母はそう言っていた。だが、それは嘘だ。離れて行くと思ったら、悲しくて悔しくて嫌いになるはずだ。少女・夜子は祖母の魂を還した山響呼の少年に、その想いをぶつけるのだが…。
 
 ITANでデビューされたカム先生の初単行本です。ITANも続々オリジナルの新人さんがデビューしていますね。田中相先生のように、話題をさらう方が、また出てくるかもしれませんね。さて、本作は、ITANで掲載された読切りと書き下ろし作品をまとめた単行本で、表題作をはじめ5編が収録されています。表題作は冒頭に書いたとおりですので、残りのお話について少しずつご紹介しましょう。
 
 『王様と魔女』は、ITAN新人賞で優秀賞を獲った時の作品(だったと思う)。10年前、魔女によって鳥に姿を変えられてしまった王様が、退位式を迎えるにあたり人間の姿に戻して欲しいと、新しい魔女・ウィアドに依頼が届くのですが…というお話。
 
 いつも共に過ごしていた吸血鬼の2人、アナとリズ。「不変こそ正義」と信じてきたアナでしたが、教会のハンターを伴侶に選んだことで、その誓いを自ら破ることになり、それを目の前にリズは…という『逃亡前夜』。
 

山響呼1
「いい子にしないとお化けが来るぞ…亡くなったおじいちゃんにそう言われ、以来何かに見はられているような気がする“なの”。人一倍真面目に生きようとするなのですが…という『夜のおばけ』。
 

 最後、『夜店』は数ページのショート作品。眠れぬ男が、夜中町に出かけると、「夜屋」という店の店主に声をかけられる。そこで持ちかけられるのは、自分の夜と店主の夜を交換しないか…というもので、というお話。
 
 表紙から特徴的で目を引くものになっていますね。月夜に鳥と人物が配されているもので、色使いは暗め。そしてその印象そのままに、内容もまた独特の雰囲気が漂う、印象的なものとなっていました。それぞれの作品に共通して先行するイメージは、「静」と「暗」。明るく爽やかなイメージはあまりなく、静かに、どこか陰のある雰囲気で物語は進んで行きます。また一方で絵柄というか、キャラの描き出しはかわいらしく、特に子供は見るだけでによによしてしまうようなかわいらしさがあります。目がが好きですかね。


山響呼
 この共通した暗さを生み出している源泉となっているのは、「喪失」のように思えます。どの物語にも、何かしらの「喪失」があって、キャラ達はその前で、自分なりの答えを出すために試行錯誤している。それは人の死であったり、地位であったり、友情であったりと様々。“これ”という明確な答えのあるものではないので、どこかしら哲学的な雰囲気も漂います。最初の印象としては、「なんか個々人の哲学的なエッセンスが落とし込まれていてちょっとわかりにくい物語になっているな…」なんて思ったのですが、アプローチ的には難解な哲学を、わかりやすくするために物語に落とし込んだっていう、逆の方向なのかもしれません。

 個人的にお気に入りなのは、「夜のおばけ」。ファンタジックな物語が多い中、この物語は唯一現実ベースでのお話となっています。子供が亡くなったお祖父ちゃんの言った言葉を頑なに信じ、良い子でいようと心がけて日々生活するというお話なのですが、その真面目っぷりが度をすぎて、ちょっと周りと上手くいかないという。そんな子供を前に、適当な親が試行錯誤するのですが、そのやりとりに愛が感じられて非常に微笑ましいのです。子供の気持ちもわかるんですよね。亡くなったお祖父ちゃんが見ているかもしれないからちゃんとしなきゃ、って感覚未だに少しあったりしますし。


【男性へのガイド】
→ITAN作品は男女問わずいけるものが多いかと思います。本作も恋愛要素は薄めで、男女問わず抱くであろう気持ちに問いかけるものが多く、物語そのものの受け入れやすさは別として、そういった壁はないかと。
【感想まとめ】
→ちょいとクセがあるので、好き嫌いはわかれるかもしれません。私も好きなお話とそうでない作品の振れ幅が大きかったというのが、正直なところ。連載で大きな物語を描くことになったとき、どんなお話を生み出すのか楽しみです。


作品DATA
■著者:ITAN
■出版社:講談社
■レーベル:KC ITAN
■掲載誌:ITAN
■全1巻
■価格:581円+税


■購入する→Amazon
カテゴリ「ITAN」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。