このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2013.08.26
1106299380.jpg亜樹新「ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。」(1)


あの能力が覚醒めるんじゃ…!


■超ツッコミ体質の高校2年生・小雪芹。彼は、かまってちゃん系にツッこむことだけはとても屈辱。そんな小雪に妙に絡んでくるのは、「暗黒破壊神」を勝手に名乗る、中二病男・花鳥兜。こいつにだけはツッコまないと固く誓う小雪だが、花鳥の想像を超えるふるまいに、思わず…。笑って笑ってときどきカワイイ。男子高校生コメディ!!

 「フェティッシュベリー」(→レビュー)などを描かれている、亜樹新先生の、ジーンでの連載作でございます。タイトルはちょいと長い「ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。」というもの。暗黒破壊神というちょいとベタな中二ワードが入っていることから想像つくかと思いますが、ファンタジーではなく、中二病を扱った学園コメディでございます。
 
 主人公はタイトルの一人称になっている“ぼく”:小雪。かなりのツッコミ体質の持ち主である彼は、ツッコミ体質を拗らせてしまったのか、ツッコミ待ち・イジられ待ちな構ってちゃんが大嫌い。そんな小雪が最近頭を悩ませているのは、高校に入っても中二病が治らない・花鳥兜。自称・暗黒破壊神ミゲルの花鳥は、小雪のツッコミ体質に目をつけたのか、“ゲシュテーバー”と小雪を呼び、何かにつけて絡んでくるのです。何とかして花鳥を避けたい小雪ですが、想像以上の振る舞いに、どうしたって突っ込まざるを得ない…!というようなお話。


ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます
本人の中にゆるい設定はあるものの、世界観が広すぎて、細かい所は場当たり的&可変。そんな所にも、主人公は苛つく。


 高校生の中二病患者を相手にしたコメディということで思い出されるのは「中二病でも恋がしたい!」でしょうか。あちらは恋愛メインでしたが、こちらは男の子ばかり登場するので、完全に学園コメディにフォーカスを絞った形での展開となります。変な格好(眼帯とか手袋とか普通にしてる)に変な言動(とりあえずわけわからんカタカナとか漢字とか出てくる)で、ミゲルくんはなかなかの中二っぷり。基本的に常に中二病は発動されているのですが、特に自分の分が悪くなった時は目を覆いたくなるような痛さ(苦しさ)でして、別に何もしていないのにこっちまでガリガリとライフを削られるような感じがします。
 
 物語の登場人物は主に3人。主人公と暗黒破壊神・花鳥と、クラスメイトでゆるドSの月宮くん。基本的に花鳥が主人公を巻き込んで、そんな二人を月宮がニヤニヤしながら眺め、時に裏で操ったりするという構図。主人公の真面目な反撃に、花鳥は一切動じることがなく、さらに二人は月宮には絶対に敵わないという力関係であるため、主人公に降りかかる理不尽さの具合がすごいです。最初主人公視点で物語を読んでいたのですが、花鳥相手のコントロールできない感と、月宮相手に理不尽にコントロールされている感のダブルパンチで、結構イライラが(笑)よくよく考えてみると女性向け雑誌ですし、これは主人公視点で見るのではなく、第三者視点で男の子たちが絡んでいるのをニコニコと眺める作品なんだな、と。


ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます1
 この作品で面白いのは、花鳥くんの典型的中二病が痛いというだけでなく、主人公に対しても月宮経由で思春期独特の恥ずかしい部分をグサグサと攻撃されるところにあります。例えば女の子とメアド交換して、メール来ないかドキドキして待ってたりするところを、まんま突っ込まれたりとか。むしろ中二病よりこっちのがツラい感が。いや、ほんとに主人公に優しくないマンガですよこれは(褒め言葉)。
 
 またオタク系のコメディ作品の特徴の一つであるパロディが満載。スラダンとか、まどマギとか、自分でもわかるネタがちらほらあったのですが、たぶん私が気づけていないだけで、他にもかなりのネタ数が散りばめられていると思われます。そもそも暗黒破壊神ってワードも、何かのパロディだったりするんですかね?それらに気づけたら、さらにこの作品が楽しくなるかも。


【男性へのガイド】
→可愛い女の子描けるのを知っているので、それが出てこない本作はちょいと男性への推し具合は弱くなってしまうものの、コメディなので基本読みやすいと思いますです。
【感想まとめ】
→亜樹新先生の作品って楽な気持ちで読めるかと思いきや全然そうじゃないっていう(笑)一歩引いたところから見ると楽しい学園コメディなのですが、一歩踏み入って読んじゃうとダメージ食らいますよ、ってな感覚のある作品でした。ネタ投入のペースはお見事。



作品DATA
■著者:亜樹新
■出版社:メディアファクトリー
■レーベル:コミックジーン
■掲載誌:ジーン
■既刊1巻
■価格:533円+税


■購入する→Amazon

カテゴリ「ジーン」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。