このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.09.05
作品紹介→主人公が赤木キャプテンみたいな少女マンガが登場:アルコ/河原和音「俺物語!!」1巻
2巻レビュー→猛男が格好よすぎてもう…!:アルコ×河原和音「俺物語!!」2巻



1106306554.jpgアルコ×河原和音「俺物語!!」(4)


猛男を信じる!!
大丈夫だから!



■4巻発売しました。
 砂川のお姉ちゃん・愛は、子供の頃からずっと猛男に片想い中。ところが同じ大学に通う織田隼人が愛に猛アプローチ。愛は猛男への想いを断ち切って、織田の想いを受け入れるのか…!?猛男の方にも事件発生!なんと大和以外にも猛男の魅力に気づいてしまった女子が現れ…!?
 

〜モテパート〜
 4巻発売しました。今回の表紙の猛男のぼやけ具合(笑)近くに砂川くんがいるはずなのに、猛男の顔の方が俄然でかいという。一方にばかり焦点が合っているジャケットというと、ポケットビスケッツの「グリーンマン」を思い出します(古い)。
 
 さて4巻ですが、表紙こそ砂川くんに焦点が当たっているものの、物語の方は猛男一辺倒の内容となっていました。しかもこれまでとは趣向が異なり、1巻まるまる猛男がモテるという、まさかの内容です。あ、なんか今回全体的にネタバレの嵐っぽくなっているので、まだ読んでいない方とかは、続きを読まれないことをオススメします。なるべく抑えたつもりではあるのですが…。


〜愛さんの恋に一つの答えが〜
 まず登場したのが、砂川のお姉さんであり、猛男に密かに想いを寄せ続けている愛さん。久々の登場です。もう1巻に出てきた時点で気になって気になって仕方なかったのですが、今回ガッツリ登場で嬉しい限り。しかしながら、愛さんにとってはあまり嬉しい登場ではなかったみたいです。というのも、目の前にはラブラブな猛男と大和の姿が。さらに大学の後輩が辺に気を回して、想いを告げなくちゃいけないみたいな流れに。愛さん、ピンチです。


俺物語4−1
 大和と猛男の仲は、もうどうあがいたって変わることはありません。これは、愛さんが、自分の恋心に整理をつけるという、いわば負け戦での振る舞いなわけで。そして最後、彼女はああいった選択をしたわけですが、さすがお姉さんという感じがしましたね。自分の想いはありつつも、彼の前で一番自分らしくいられるのが、あの姿であって、彼女にとっても負け戦の選択肢の中で一番納得のいくものであったのでしょう。自分にとって猛男は恋愛対象であったかもしれませんが、猛男にとってはどこまでもお姉さんだったわけで。想いをただ単に伝えて、スッキリするだけが、終わらせ方じゃないぞ、と。年上らしく、一切幸せな二人の邪魔をしない形で、自分なりに腑に落ちるところに落とした、愛さんの頑張りに感動しました。

 そういえば、これまでは恋愛ものとはいえ、大和と猛男が織り成す空気は、ピュアさや真っ直ぐさを前面に押し出した若々しくてエネルギッシュなものでした。そのため、今回の愛さんパートのような、どこかしっとりとした雰囲気の恋愛模様を目の当たりにしたときは、こんな表情もこの作品は見せるのだな、とちょっと意外に感じました。あと最後、ちゃんと恋の予感を芽吹かせつつ終わらせているあたり。もしかしたら今後再登場するんじゃないかと期待させます。


〜ライバル登場〜
 さて、愛さんパートの後には、なんと大和のライバルが登場致します。体育祭をきっかけに、猛男の魅力に気づいた、同じクラスの西城さん。
  
 これには大和も焦りに焦り、不安感を募らせます。この時の大和がまぁ可愛いのなんの。愛さんがライバルになれず、西城さんがライバルになれたのは、大和が不安に感じるかどうかって所が重要なわけで。残念ながら愛さんには、大和は一切警戒心を見せずに終わってしまいました。それが愛さんの役得な所でもあるんですけれど、そういう意味で彼女は決してライバルではないぞ、と。

 さて、ちょいと話が逸れましたが、結局この不安は杞憂に終わります。しかしここで気になるのが、西城さんの気持ちについて。西城さんは最後、人間として猛男が好きだと言ってスッキリした表情をして去るわけですが、これって本当に人間として好きだったのかな、と。いやだってもう、それまでの表情とか、完全に恋する女の子ですやん。
 

俺物語4−2
これとか

 
 この西城さんの告白も、何気に自分の中で落としどころを作って納得させるというアプローチに見えなくないんですよね。彼女の場合愛さんと違って、相手にそれを宣言することによって、逆に引けなくするという形を取るわけですが。なんて、告白後のあの表情見せられたら、本当に人間として好きだったんじゃないかとも思えてくるから不思議。これからも普通に話せるという約束だけで、あんなに笑顔になれるもんでも無いような…。うーん、あの表情を巡っての、前後でのミスマッチ感がすごくて、やたら印象に残ってます。どっちだったんだろう…。

カテゴリ「別冊マーガレット」コメント (1)トラックバック(0)TOP▲
コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
From:  * 2014/03/17 21:52 *  * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。