このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2013.09.09
1106306486.jpgたうみまゆ「18日の日曜日」


くたばれ
クソ親父



■父の七回忌に集まった三島家の3姉兄妹。しっかり者だけど不倫中の長女・玲。鳴かず飛ばずのお笑い芸人の長男・明。無表情な女子高生の次女・京。それぞれが、今を生きている。今だから…家族だから…話せることが、きっとある。家族だから、言えないこと。家族だから、わかること。家族だからこその苦悩、葛藤、思いやり。愛と笑いの3姉兄妹の物語。

 たうみまゆ先生の別冊フレンドでの連載作になります。作者さんは本作にて初めて存じ上げたのですが、これまでBL作品や、角川ヤングエースなどで一般作品を発表されている経歴があるようですね。本作は初めての少女漫画ということですが、複数単行本も刊行していらっしゃる実績のある方だからか、このレーベルながらB6版での刊行となっています。
 
 描かれるのは、とある3姉兄妹の物語。物語の始まりは、彼らの父親がある日突然自殺をしてしまうことからはじまります。そそのことを3人がそれぞれ受け止め抱えながら生きてきたことと、7回忌で久々に3人が集ったことで、それまで鬱積させていた感情を瓦解させるまでの過程が、それぞれの視点で描かれていきます。


18日の日曜日1
 この物語の非常にユニークなところは、物語の終盤に必ず7回忌の同じシーンが描かれることでしょうか。上記シーンも、台詞回しは3度登場。しかし、登場人物により思うところは異なります。作者さん曰く「同じ瞬間や同じ台詞をそれぞれの立場に寄り添ってみようと思って描いた」とか。同じシーンが3話に渡って繰り返されるため既視感は当然あるのですが、それぞれの視点により全く抱えているものが変わってくるため、物語の表情は様々。


 姉兄妹それぞれの立場も異なれば、父が亡くなった時の年齢もまた異なるため、抱えている感情もそれぞれ違います。罪悪感を抱えながら生きた兄、父と同じように生きてしまう自分に落ち込む姉、そして人と触れあうのが怖い妹と、どれも決して明るい内容ではありませんが、物語の落ち着いた雰囲気の中でそれらが溶け出し消えて行く過程は相応に感動的。しかし、別フレでこういう大人なテイストの物語もやるんですね。これが例えばKISSとかBE・LOVEくらいであればしっくりくるのですが、別フレってんでちょっとビックリしていたり。
 
 個人的に一番お気に入りだったのは、長女でしょうか。父の行いをあれほどに憎んでいたのに、自分自身で不倫をしてしまっているという中での葛藤が描かれるのですが、長女らしく自分自身の考え・力で乗り越えようとアプローチするんですよね。その姿がまさに長女という感じがして、すごく素敵だったのです。それに対し、下2人は元気なパートナーがその過程で良い働きをしてくれるというパターンだったので、余計に長女の気苦労が際立ったような。作者さんは意外にもこの長女が一番の自由人だと言っていましたが、こうして自分の力で切り開いていける人だからこそ、自分の思う通りに行動出来る=自由人っぽいという風に見えるのかな、と。
 
 また単行本には、表題作以外に2作読切りが収録されています。1作は別冊フレンドに収録された、幼なじみの年上の男の人に女子高生が恋をするという青春モノ。もう1作は、角川のヤングエースに掲載された、教会を舞台にしたコメディ(っぽい幽霊もの)。前者は真っ当な少女漫画という感じで、また表題作と異なり比較的元気のあるストーリーとなっているので、また違ったテイストを味わうことができます。


18日の日曜日2
一方後者は、かなりコメディ色が強く、正直表題作からはあまり連想できないような作風にびっくり。作者さんの他作品を知らないので、どちらが本当の姿なのかわからないのですが、個人的にはこの作品が一番伸び伸び書いているような感覚がございました。


【男性へのガイド】
→元々男性向け(エースがそうなのか知らんけど)でも描かれていたこともあり、少女漫画感は薄め。ですので、割と抵抗無く読み始めることができるかと思います。
【感想まとめ】
→別フレといいつつ恋愛要素は薄め。どちらかというと家族的な温かさが先行する作品となっていました。そういったあたたかい関係性を描いた作品に惹かれるという方は、チェックしてみては。


作品DATA
■著者:たうみまゆ
■出版社:講談社
■レーベル:KC 別フレ
■掲載誌:別フレ
■全1巻
■価格:552円+税


試し読み

カテゴリ「別冊フレンド」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。