このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] [オススメ] 2013.09.10
1106306555.jpg山川あいじ「Stand Up!」(1)


体中くすぐられているようだった
つま先から
てっぺんまで



■高校に入学したばかりの卯多子は、身長が172センチあって、外見は目立つけど性格はひかえめ。照れたり恥ずかしくなったりすると、大きな耳がすぐ赤くなる。隣の席になった人なつっこい性格の原田のことが気になっている。「仲よくしたい」とストレートに言ってくる原田のペースに少し戸惑うけど、ドキドキする毎日が楽しくて……。

 「やじろべえ」(→レビュー)の山川あいじ先生の新連載です。前作では血のつながらない父娘の絆を描いたファミリーテイストの強い作品でしたが、今回はド直球での青春恋愛ものですよ。ヒロインは、172センチと非常に長身の卯多子。となり町の高校に入学したばかりで、同じ中学の子もおらず、大人しくて恥ずかしがりな卯多子は不安強めで新生活を迎えます。そんな中、隣の席になったのは、人懐っこい性格の持ち主である原田。お昼に購買にパンを買いに行くとき、教科書を忘れたとき、触れあう時間が増えると共に、彼のことがどんどん気になるように。「勘違いしちゃうから」そう牽制しても、「勘違いと思わなくていいから」なんて返されて…!?
 
 何気に山川あいじ先生の恋愛ものを読むのは初めてかもしれないです。こんな赤面真っ盛りでくすぐったいお話を描く方だったのですね。物語の筋書きは今のところ非常にシンプル。女の子が高校に入学して男の子に出会い、恋をして、付き合うようになり…というガールミーツボーイなお話。ただそんなシンプルな筋書きを、独特の情景描写で丁寧に描き出し、なんともニマニマできるお話へと昇華させているんですよ。


stand up!1-1
次々訪れる赤面パート。お互い赤面しがちなところが余計にニヤニヤ感を増しています。自転車で二人乗りとか、鉄板のシーンもあったり。


 物語を特徴付けているのは、ヒロイン・卯多子のその容姿・性格に依るものが大きいと思います。卯多子は172センチという高い身長に加え、耳が大きく(なので髪を伸ばして隠している)、恥ずかしいとすぐに赤くなるという特徴が。つまるところ、外見的なコンプレックスを2つ抱えており、自分に自信がないという典型的なヒロインなんですよね。この内気な性格ゆえか、特に男の子相手での口数が少なく、喋ったとしても言葉選びがたどたどしいという。台詞が結構細切れで、読んでいて要旨がわかりにくいのですが、それが初々しさを助長しており、非常に微笑ましいのです。走るのは速いのですが、思考もどちらかというとスローなため、結構同じ段階で行ったり来たり悩んだり。そんな様子もまた微笑ましい。 
 
 相手役の原田くん。考えたことをそのまま言っちゃいがちな性格らしいのですが、結構物腰柔らかで、優しく穏やかな性格。本当に言っちゃいけないことはわきまえていて、相手の話をちゃんと聞く余裕もあり、見た感じかなりスペック高めですよ!ヒロインとの相性も良く、穏やかな雰囲気の中、微笑ましい光景を作り出します。さらに印象で言うと、本心で何考えているのかよくわからない部分もあるのですが、山川あいじ作品の主人公以外のキャラって基本的にそんな感じでしたね。
 

stand up!1-2
また山川あいじ先生の作品といえば、友情も切っては切れない要素の一つ。今回は原田と同じ中学だった小さな女の子が、元気いっぱい親友的なポジションで動き回ります。内気な子が恋愛を上手くすすめるには、友達の協力が不可欠だったりするのですが、まさにその役目を一身に背負ってくれているのが彼女。原田と卯多子の関係も微笑ましいのですが、こちらもまた楽しげで癒されるんですよねー。今はまだ子供っぽい表情ばかりの彼女ですが、いつか恋に落ちて大人っぽいもの鬱げな表情とか見せたりするんだろうか…とワケのわからん想像を働かせてしまったり。


 さて、物語は今のところ大きな障壁もなく、イージーモードでの進展。いや、リアルでの学生男女の恋愛って本当はこういう感じであるはずなんですけれど。恐らくこれから様々な出来事が起こり、時に二人の仲に楔を打ちかねないこともあるのでしょう。が、そんな中二人がどうやって対話し切り抜けていくのか。なんだかとても安心感のある二人の行く末を、この先も微笑ましく見守っていきたいと思いました。オススメです。


【男性へのガイド】
→くすぐったくて瑞々しい恋愛ものをご所望の方は、うってつけだと思います。
【感想まとめ】
→こういう恋愛方面の感情豊かな物語も描けるのですねー。独特の雰囲気の中にも、普遍的な感情・展開が落とし込まれており、他ではなかなか味わえない感覚を楽しむことができました。2巻も楽しみです。


作品DATA
■著者:山川あいじ
■出版社:集英社
■レーベル:別冊マーガレットコミックス
■掲載誌:別冊マーガレット
■既刊1巻
■価格:400円+税


試し読み(第1話)

カテゴリ「別冊マーガレット」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。