このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2013.09.18
1106317123.jpg新久千映「yeah! おひとりさま」


えらく
楽しいな
おい



■ひとりランチ、ひとり焼き肉、ひとり映画、ひとりお花見、ひとりバッティングセンター、ひとりカラオケ…ふたりもいいけど、ひとりは最高!やばい、ひとりって超絶楽しい!!「ワカコ酒」の新久千映が、「ぼっち遊び」の極意、教えます!

 おひとり様女子が居酒屋を楽しむマンガ「ワカコ酒」が巷で静かに話題になっていますが、その作者さん・新久千映さんの「おひとり様行動」にスポットを当てた作品でございます。ひとり映画、ひとり旅といった定番のおひとり様イベントから、ひとり焼き肉、ひとりカラオケというややハードル高めの定番おひとり様イベント、さらにはひとりバッティングセンターや、ひとり牛丼屋など、女子にとっては馴染みの少ないあれこれにも挑戦。勇気が出なくて敬遠しがちな、様々なおひとり様スポットの素晴らしさを、体を張って伝えます!
 
 みなさんはどのレベルまでのおひとり様を経験したことがあるでしょうか?私はひとり映画、ひとりランチ程度で、ひとり焼き肉やひとりディズニーといった上位レベルにはなかなか行けずにいます。とりあえず今狙っているのは、ひとりフリークライミングなんですが…。さて、本作では作者さんが、難しいものから簡単なものまで、計10個のおひとり様イベントに挑戦しています。個人的に一番すげえな、と思ったのはひとり回転寿しでしょうか。自分には到底行ける気がしないです。


year!おひとりさま
周りの目は気にしつつ気にしない。完全に気にしなくなったらダメなのです。恥ずかしさもスパイスなのです。


 誰もが避けるようなお一人様イベントを体験して精神修行するルポータージュかというと、実はそんな内容ではございません。あくまでおひとり様行動は、「楽しみ」であって「苦行」ではないのです。周囲の目が気になるドキドキも、時には楽しむためのスパイスにすらなる。そういったドキドキを乗り越えた時に得られる感動というものは、誰かと一緒に得たものよりも案外大きかったりするのです。男性が少女漫画を買うのだって、そういう部分はあるかもですよ?ちなみに前者(敢えて苦行をするルポ)は、マンガではありませんが北尾トロさんの「キミは他人に鼻毛が出てますよと言えるか 」という本がオススメです。バカらしいけどメチャクチャ頑張っているので、なんだかとっても勇気が出るという。

 どのイベントもおひとり様ならではの楽しみ方をしているのですが、いわゆる「一人でやったからこそ楽しい!感動!」というような大きな煽動があるような内容ではありません。感情に訴えかけてくるというよりは、おひとり様ならではの利点をちゃんと書いてくれている、ガイド本的な側面が強い印象です。ひとり焼き肉などは、大いなる納得感でちょっと行ってみたくさせてくれました。
 

yeah!おひとりさま1
そんな中唯一、ひとり酒については「すごい思い入れがあるんだろうなぁ」と感じさせる趣深さというか、語りの丁寧さがありました。これについては「ワカコ酒」を読んでいると納得で、恐らくこれらのテーマの中で唯一作者さんが能動的かつ日常的に行っているイベントだからなのでしょう。こうなるとどうしても「ワカコ酒」の良さが際立つのですが、こちらについても「おひとり様」を肯定的に、かつおひとり様ならではの気まずさ的なものを包み隠さず描く面白さみたいなものがあり、充分楽しく読むことができました。何より、おひとり様行動をする、勇気みたいなものを貰えたのが良かったです。さっそく、フリークライミング申し込んでくるか…。


【男性へのガイド】
→イベントの範疇は違えど、おひとり様の辛さは男女共通…。きになるおひとり様行動があった方へ。
【感想まとめ】
→あくまで前向きにイベントに赴く作者さんはすごいな、と思いました。何事も、楽しむ気持ちが大切なんですね。


作品DATA
■著者:新久千映
■出版社:朝日新聞社
■レーベル:ASAHI COMICS
■掲載誌:不明
■全1巻
■価格:720円+税

カテゴリ朝日新聞社コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。