このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] [オススメ] 2013.09.20
1106316000.jpg草間さかえ「迷信話集 うつつのほとり」


みーんな幸せになればいいのよ


■時は昭和のはじめ。少年は村に伝わる迷信を解き明かす。
 東京から山がちな村へとやってきた敬は、田舎ならではの迷信や風習に目を輝かせる。敬の心をひときわ惹き付けた不思議な少年・弥七は周囲に馴染まず、孤独をまとっていた。彼はもしかして化け狐?それとも天狗…?静養中の母親や、噂好きの村人たち、大切な真実は誰も教えてくれない…。
 
 BL作品などを描かれている、草間さかえ先生のクロフネZEROでの連載作品です。物語は、田舎に越してきた少年と、田舎の嫌われ者の青年との関係を描いた内容となっています。主人公は、裕福な家で生まれ育ち、母親の病気の静養のために山がちな田舎に越してきた少年・敬。敬が越してきた村の寺には、弥七という青年が暮らしています(所謂“寺男”)。金色の髪に青い瞳を持っている弥七を、村の人間達は「天狗の子だ」とか「狐だ」などと噂し、疎んでいました。しかし弥七と出会い、少しのやりとりを交わした敬は、彼が村人たちに噂されるような悪い存在ではないと確信します。以来人目を避けて会うようになった二人は、野山を翔け、心を通わせて行くようになるのですが…というお話。


うつつのほとり1
野山が遊び場であり、勉強の場。都会育ちの敬にとっては、弥七が先生。時に間違ったことを教えられたりするけれど、それもご愛嬌。


 配置はBLチックではあるものの、やはり主軸は友情や絆といった、より普遍的で全世代が持ち得る感情だったりします。周囲の噂を耳にするも、自分の見たもの・感じたものを信じ、それを貫き通せる心の強さと優しさを、主人公の敬は持ち合わせています。裕福な家の育ちということで、かなり素直な性格なのでしょう。一方の弥七は、周囲から誤解され蔑まれ生きてきたため、かなりの捻くれ者。けれども自分のことを受け入れて、自ら近づいてきてくれる人は滅多にいなかったことから、敬のことを拒絶することなく、不器用に不器用に、彼なりの歩み寄りというものを見せていきます。全く正反対の性格で、かつ年齢も離れた二人が作り出す関係は、どこまでも優しさと思いやりに溢れていて、心が洗われるようです。
 
 物語は、二人のやりとりだけに終始するものではありません。敬の家には体を壊して療養中の母の他、お手伝いさんが2人もいますし、村の少年たちとも仲良し、そして弥七の面倒を見てくれている山の和尚とも、絡みがあります。主観のみが支配する弥七との関係性の外に、村人という客観(誤解という阻害要因)が登場し主人公を刺激することで、物語は広がりを見せ、また主人公の敬も一歩一歩成長していくのです。最初は「自分だけが理解していればOK」という程度だったものが、彼への愛情が増すにつれて、「誤解を解きたい」と強く想うようになり、やがて行動に移すという、一つの関係性の変化と共に、一人の少年の成長を見れるという意味でも、この物語は良い。
 

うつつのほとり
これほどまでに主人公が伸び伸びと行動できるのは、彼のことを全て受け入れ、肯定してくれる、大きな心を持った母親がいるからだと思われます。あまり姿や顔が描かれない彼女(表紙の見切れも意図的なもの?)の存在は非常に大きく、物語に幾度となく影響を与えるという。一方で体調は芳しくなく、また夫は別の女に夢中でこちらのことなど気にも留めないという状況であり、そんな中、それでも敬には辛い顔ひとつ見せない気丈さが本当に素敵です。ただそんな母の様子に、実は気づいていて、元気づけようと行動する敬もまた優しいんだ。とにかく、このお話には優しさが溢れているんですよ!


【男性へのガイド】
→一瞬BLっぽいにおいはあるものの、そこ以外は全く気にならず。こういう舞台設定のお話が好きな方は、良いのではないでしょうか。
【感想まとめ】
→舞台設定そのままに、とても長閑で穏やかな物語でしたが、なんだかとっても心が癒されました。マイナーなレーベルの作品ですが、オススメですので、気になる方は是非。


作品DATA
■著者:草間さかえ
■出版社:リブレ出版
■レーベル:クロフネCOMICS
■掲載誌:クロフネZERO
■全1巻
■価格:600円+税


試し読み

カテゴリその他のレーベルコメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。