このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2013.11.10
作品紹介→地球のヒーローは家族のヒーローになれるのか!?:ツナミノユウ「彗星継父プロキオン」1巻



1106329222.jpgツナミノユウ「彗星継父プロキオン」(2)


言葉が足らなくて…
…ごめん…?



■2巻発売致しました。
 地球の平和を置い焼かすインベーダーを倒すためやってきた彗星人・プロキオン。仮の姿・流星士郎として義理の息子・イクルくん(地球人9歳男子)との親子の距離感に悩む日々に、新たなライバルがやってきた!?イ、イ、イ、イクルくんの実の父親だってぇぇぇぇぇぇ!?果たしてプロキオン、いや流星士郎の運命は!?頑張れプロキオン!負けるなプロキオン!!「父さん」と呼ばれるその日まで!


〜2巻発売です〜
 2巻発売しております!今回は鮮やかな橙色が映える素敵な表紙ですね。すごく目を引くのですが、一方で、ヒーローたちと少年が表紙に配されているため女性向けゾーンに配置されていると非常に違和感を覚えるという(笑)内容に関してもやはり女性向けのそれとは一線を画している感があり、比較的自由度の高い(イメージのある)ITANならではなの作品であるのかな、と思わされます。
 
 さて、2巻では1巻でおおよそ登場しきったメインキャラクター達が、好き勝手に動きはじめます。1巻もととても面白かったですが、キャラの個性を生かしてのネタ展開は、そのキャラの背景が分かった方が俄然面白みも増すわけで、俄然2巻の方が面白い。今回もヒーローものとは名ばかりの、所帯感と生活感溢れるコメディが繰り広げられていました。
 
 
〜宇宙人が増えているのに下世話感とか所帯感というか生活感が増している〜
 レギュラーキャラが割と多いのですが、彼らが何か統一された目標に向かって進んでいるかというとそうではなくて、各々の信念・願いの元に好き放題に動き回っています。そのため全編を通して騒がしく雑然としているのですが、その狭間で期せずして動きが噛み合ったり、逆に噛み合わせようとして全然ダメだったりってうチグハグ感が楽しい。アンジャッシュのコントとか、そういう方向感とでも言いましょうか。
 

彗星継父プロキオン2−1
噛み合わないのも当然で、上を見てもらえればわかるように、みんな違う所のご出身。地球人が圧倒的マイノリティっていう異常な状況下です。頑張れプロキオン!とか言ってますが、むしろこのシチュエーションを見ると、頑張って欲しいのはむしろイクルくんのように思えてきます。


 こうして宇宙人がたくさん集まっても、結果繰り広げられるのは人間生活における様々なトラブルのようなもの。人間関係の狭さは昼ドラばりだし、やってるネタはSFアクションでもなんでもなくて、シットコム的なホームコメディのようなイメージ。プロキオンにとっての目下の問題は、地球の危機よりも家庭の危機。最優先はイクルくんに「お父さん」と呼ばれること。そのためにはお義父さんに認められることも大事で、一度つけ込む隙があろうものなら…
 

彗星継父プロキオン2−2
つけこむつけこむ。社会生活におけるプロキオンはヒーローの時の戦いっぷりとは裏腹に、非常に姑息なのであります。

 
 また本作が生活感・所帯感溢れる印象になっているのには、シャックブライガ星人の存在が大きいのだと思います。今回もシャックブライガ星人絡みのエピソードが多数盛り込まれていましたが、それらを端的に説明すると「子供が学校で問題を起こす」「リストラ」「再就職」「借金」「住居の確保」と、恐ろしいほどの社会派…!!
 

〜苅原先生がやっぱり素敵です〜
 さて、個人的に一番楽しみにしているのが、苅原先生。もう、可愛くて可愛くて仕方ありません。今回ですが、1巻にも増して登場シーンが増えておりまして、嬉しい限りでありました。今回一番のポイントといえば、釈莉花ことラキュートによって施された…


彗星継父プロキオン2−3
コスチュームチェンジ


 なんて大胆な…!なにより恥じらいがあるのが良いです、はい。これによって、一層乙女感を増した感もあり、プロキオンの前で赤面しながら慌てふためく姿が素敵です。以降、変身後はこの格好で戦うことになるのですが、釈ちゃんがやたらと出撃したがるため、それに連られて自ずと露出…じゃない、変身の回数も増えるという。
 
 ただ個人的にはどちらかというと、平時(人間の姿)の苅原先生の方が好きでして。あのちょっと哀愁漂う独り身アラサー感がツボ。今回は教師として達成感を感じている姿を見て「教師生活はやっぱりまんざらでもないんだな。っていうか教師の方が向いてるんじゃないか?」なんて思わせてくれたり、あとこれ良かってです。


彗星継父プロキオン2−4
小学生に恋愛相談しちゃう


 彼女からしたら、唯一心の内を吐き出せる相手に自分の想いを吐き出しているってだけなのかもしれません。けれども端から見たときのシチュエーションは、結婚に焦るアラサー女性が突拍子もない妄言を、あろうことか教え子の小学生に言って聞かせているというなかなかアブナイもの。このあられもない姿が、どうしようもなく好きですねー。3巻ではかなりの巻き込み事故を発生させているようですし、どうなってしまうのか、今から楽しみすぎます!

カテゴリ「ITAN」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。