このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] [オススメ] 2013.11.25
1106329223.jpg祀木円「トウキョウ・D」(1)


人間に
慣れねば



■内戦下に造られ、今も都内にセンプクする戦闘用兵器ロボット“ドール”。それを回収する任務にあたる警視庁内極秘チーム、通称“D班”所属の篠。そして彼を守る警備用ロボット“クロハ”(人間型)と“SHIMA”(ぬいぐるみ型…?)。この厳しい任務の果てに得られるものとは…!?ゆるっとビシっと任務遂行!!

 ITANの公式サイトで連載されている、祀木円先生の作品でございます。物語の舞台となるのは、近未来の東京。20年前に激動の内戦期を経て、現在は治安も良く平静の世となっています。主人公は、そんな世で警察官をやっている青年・篠。ある日発令が出され配属されたのは、警視庁内の極秘チーム・D班。内戦下に造られ今も都内に潜伏している、非常に戦闘力の高い戦闘用ロボット“ドール”を回収するのがその任務。チームとは言っても篠は基本単独行動。ドールの開発元であるタミーに常駐し、彼の警備用ロボットであるクロハと、ぬいぐるみ型のSHIMAと共に、未だ捕まっていないドール達を追う…!というお話。


トウキョウD1-1
ロボットは大別して2種類。ターゲットになるドールや篠の警護をするクロハのような人間型(パッと見人間と見分けがつかない)と、SHIMAのようなぬいぐるみ型。

 
 いやー、クセになる雰囲気で面白かったです。ベースというか、関連作品として無視できないのが、作者さんの代表作でもある「しゅんにゃん」。当方、恥ずかしながら存じ上げなかったので、後追いで読んでみたのですが、こちらも雰囲気は違えどハートフルで凄く良かったです。この「しゅんにゃん」に、ぬいぐるみ型のロボットが登場するのですが、本作はその世界観を受け継ぎ、たくさんのロボットたちが登場します。
 
 
 「しゅんにゃん」は非常にハートフルで癒し作用の強い日常系のお話だったのですが、「トウキョウ・D」は戦闘用ドールの回収という大きな物語が流れているため、自ずとシリアスな方向へと流れていこうとします。ただすんなりとそういう雰囲気にならないのが、この作品の特徴であり、面白いところ。設定だけ見ればハリウッド並みのスケールになってもおかしくないのですが、ドール達は諸事情から東京の外に出れないため、ある程度スケールは小さめに。また積極的にこちらに攻撃をしかけてくるわけでもありません(不必要な戦いは好まず、ただ回収されなければそれで良いだけ)。加えて主人公の篠は任務に対してはあまり本腰でなく、天下りした元官僚のように、緩い日常を送ります。さらにそこに、癒し系で空気の読めないSHIMAが入ってくるので、もうユルユルに…。とはいえ篠の出自はドールにとって充分興味の対象になるもので、ちょいちょいと接点を持ちに来るという。ゆえに、ガチでぶつかり合わないけれど、なんやかんや接点はあるよという奇妙な関係の元、シリアスさと日常系ならではの緩さが混ざり合ったなんとも不思議な雰囲気を醸し出しているのです。


トウキョウD1-2 
 一歩間違えば命さえも…という状況なのだと思うのですが、今ひとつそんな雰囲気を感じられない空気感。キャラ達のテンションに加え、ちょいちょいと日常系のネタが投入されるからなのですが、その要因筆頭がシマ。もう可愛すぎて仕方ないです。表紙でシマにスポットが当たるのも納得ですね。一応こんな容姿をしていますが、家庭用警備ロボットなんです。ただドール達に比べると、どうしても戦闘力に劣るため、本作ではマスコット的存在に。でもいいんです、はい。
 

 巻末のオマケマンガを読むと、どうも2巻で完結するっぽいのですが、本当なんでしょうか。ただ1巻終了時点でドールの回収数はゼロ。さらにカップケーキを作って幕切れるという自由っぷりで、全く完結への道筋が見えないという。面白いし、もっと伸ばしても良いんじゃないでしょうか(お願い)。


【男性へのガイド】
→女性キャラがほぼ登場しない以外は特に何もネックにはならないかと。
【感想まとめ】
→この雰囲気はクセになります。手近な所に置いておいて、ふと読み返したくなりそうな、ステキな作品と出会えました。

作品DATA
■著者:祀木円
■出版社:講談社
■レーベル:KC ITAN
■掲載誌:ITAN
■既刊1巻
■価格:581円+税


■試し読み:第1話

カテゴリ「ITAN」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。