このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2013.12.02
1106329224.jpgチカ「これは恋のはなし」(9)


俺は
こいつには敵わない…



■9巻発売しました。
 ようやくお互いの気持ちを確認した真一と遥。ふたりの間に流れる空気に変化を感じた杉田は、遥に再び告白するが…。そんな杉田の想いを知る詩子はフクザツな気持ちを抱えていた…。「なんでやめられないんだろう?」一途に相手を想い続けても、「叶う恋」と「叶わぬ恋」があることを少年少女は知る。「なにも変わらない恋」なんてありえない。
 

〜久々のレビューです〜
 「これは恋のはなし」ですが、気がつけば9巻まで発売されています。早いもので二桁巻数も目前。ARIAが創刊されたのがついこの間のような感覚なので、びっくりです。でもやっぱり刊行ペース早いですよね?
 
 さて、9巻で遥は中学生。そしてさらに、高校生へと成長していきます。小学生の時なんか、「恋愛ものになるのか」なんて話をして盛り上がっていたのですが、もうこういう年齢になってきたら普通に「恋のはなし」になっちゃうんですよね。内海も自分の恋愛感情を認めていますし、こうなってくると目下の問題となるのは「手を出したいけど出せない」問題。じれったいあれです。内海って不真面目そうに見えて根はもの凄い真面目なんですよね。だからこそゲスメガネ大垣の存在が際立つのですが。大垣にそそのかされて、けれどもそうするわけにはいかないと葛藤する内海の姿が今から目に浮かびます。


〜ロリコン疑惑〜
 さて、そんな思い悩む大人達を横目に、遥はとあることに思い悩んでいました。それが、内海のロリコン疑惑。
 
 
これは恋のはなし9−1
 いや、むしろ心配のタネはそっちではなく、成長してしまうことで大好きなロリコン内海のお眼鏡にかなわなくなってしまうのではないかという心配。なんてかわいらしい心配でしょう。てか普通相手がロリコンだって知ったらドン引きそうな気がするのですが、大前提として「真一さん大好き」ってのがあるので、ロリコンでも問題ないのです(当事者からしたら)。この泣きのシーンだって、裸を見られた恥ずかしさだけでなく、むしろ成長したことがバレてしまうっていう恐怖の方が勝ってるんじゃないかっていう“泣き”ですからね。歳の差恋愛のこじれから、なんだか変な感性の持ち主にならないか、おじさんちょっと心配です。


〜詩子が良い子すぎてもう〜
 さて、今回大きな動きがあったと言えば、脇役として活躍する二人でしょうか。特に詩子の活躍がもう…。9巻最初の登場シーンでいきなり遥をいじめようとする女子を牽制する格好良さを見せたと思えば、その後内海家へ行き辛い杉田を気遣う優しさを見せ、さらにその後…
 
 
これは恋のはなし9−2
恋する乙女としての切なさを見せる


 数ページで彼女の魅力がたっぷり。何気に気が回る子なんで、こういうシチュエーションにおかれると人一倍気苦労してしまうタイプのように映ります。3人の中でも一番大人びた性格をしているからか、他の二人に弱みを見せ辛いんじゃないかという感も。なのでサトミさんを前にすると、
 


これは恋のはなし9−3
思わず本音を漏らしてしまう


 この涙も、彼女だけの問題じゃなくて、遥のことも考えつつの涙ですから、本当に優しい子です。そういえば高校生編では、ピアスをして一層大人びていましたが、それでも家庭教師の元で勉強をするなど、真面目な一面を匂わせるシーンが。高校生編ではどういう形で物語に絡んでくるのかわかりませんが、この子は将来絶対イイ女になりますから、その過程を少しでも追えたら嬉しいです。
 
 杉田はなんかすごく胡散臭くなりましたが、あれはフェイクだと思ってますので。でもなんか、予告では杉田が遥との関係を変えてしまうとか書いてあるので、何気に気になっているのですが。さて10巻ではどんな動きがあるのやら。

カテゴリ「ARIA」コメント (1)トラックバック(0)TOP▲
コメント

あんなに人生を知っちゃった感じの高校生は確かに胡散臭いなw
影がありすぎて可愛い杉田くんはもういませんね。。。
でも自分に素直に行動できる杉田はある意味尊敬します

ARIAは進撃で取り上げられてますからこれからも期待します(人´3`*)フンフフ~ン♪

From: あきゃね * 2013/12/04 12:38 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。