このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [オススメ] 2013.12.05
1106288494.jpg海野つなみ「逃げるは恥だが役に立つ」(1)


誰かと暮らすというのは
面倒でもあり楽しくもあり
そんなことを僕は
もうずっと 忘れていたように思う



■森山みくり(25歳)、彼氏なし。院卒だけど内定ゼロ、派遣社員になるも派遣切り、ただいま求職中。見かねた父親のはからいで、独身の会社員・津崎平匡(36歳)の家事代行として週1で働きはじめる。両者ともに快適な関係を築いたふたりだが、みくりが実家の事情から辞めることに。現状を維持したい彼らが出した結論は、就職としての結婚…契約結婚だった!

 「小煌女」(→レビュー)などを描かれている海野つなみ先生の新連載です。もう2巻まで発売されているのですが、買ったまま積んだ状態になっていたので一気読み。いや、これが面白い。描かれるのは、とある男女の契約結婚。ヒロインは、院卒後派遣切りに遭い求職中の25歳・みくり。まだ若いとはいえ、大卒・院卒2度の新卒カードでの就活に失敗し、さらに派遣になっても切られるという世の中の厳しさを味わい、絶賛将来が不安中な今日この頃。そんな彼女が父親の口利きで紹介されたのが、独身会社員(システムエンジニア)の津崎平匡(36歳)の家事代行。痒い所まで手が届く働きぶりで津崎の信頼を勝ち取り、週1での家事代行を続けている中、ひょんな会話の流れから「就職として結婚するのはどうか」なんて突飛な提案(冗談)を言ってしまいます。普通であれば流れるところ、真面目な津崎さんはアレコレ検討した結果、事実婚での契約結婚を提案。お互いの利害関係が一致し、本当に結婚することになってしまうのですが…というお話。
 
 私も20代も半ばを過ぎて、段々と結婚の文字がリアルに迫ってくる年齢になってきました。相手がいようがいまいが、周囲からどうしても聞こえてくるこの話題に、あれこれと考える機会も多いのではないでしょうか。本作は、そんな「結婚」のあり方・考え方に一石を投じてくれることになるかもしれません。主人公の二人が結婚した理由は、互いが一緒に過ごしていても特にイヤな感じがしなかったこと、結婚を考えるような相手が特にいないこと、そして何より社会的に恩恵に預かることが出来る部分が多くあるというところ。あくまで雇用としての結婚なので、同居という前提はあれど、給与体系や業務内容等事細かに条件が決められ、結婚生活はスタートします。


逃げるは恥だが役に立つ1
結婚といえど雇用主と従業員という関係。みくりは立場が下なので、基本的には何をするにもお伺いを立てる形に。ただこういったやりとりはあれど、生活様式は普通の夫婦なんですよね。


 結婚や同棲を描いた物語では、得てして同居することによるすれ違いやぶつかり合いからのトラブルが描かれることが多いように思えますが、本作はそんなことはなく結婚生活は至って順調に進みます。むしろ順調すぎて怖いくらい。そんな中、波を立てる要素として投入されるのは、一緒に過ごす時間が増えたことにより、相手のことを異性として強く意識するようになってしまうというもの。恋愛感情を介さないが故に成り立っている関係ですから、殊更そういった感情は言い出しにくく、互いに遠慮しがちな歯がゆい関係を築き上げます。特に津崎さんは今まで一度も付き合ったことのない高齢童貞ということもあり、その様子があからさまでかわいい。みくりも思い切って色々ジャブを打ってみたりするのですが、それを津崎さんが受けとめられるわけもなく、男女としての仲はなかなか進展しません。恋愛はしちゃいけない(という前提観念のもと)、同居しててさらに事実婚という秘密を共有し合うというドキドキ感、盛り上がる要素は盛りだくさんなわけですよ。


逃げるは恥だが役に立つ1−2
津崎さんは独身生活が10年以上という筋金入りの独身貴族。そのため誰かと生活するということはおろか、恋愛にも遠ざかりすぎて、こんなことを考えたりするように。無意識に恋愛に奥手です。ザ・草食系という感じ。


 本作の魅力は、契約結婚というテーマを単なる恋愛模様の盛り上げのための演出として使っているのではなく、むしろ真っ当に「契約結婚したらどうなるか」という疑問をシミュレーションしているように映るところ。変に恋愛方面で盛り上げたりせず、順序立てて時に論理的にかつ淡々と物語が進んでいくところが、妙にリアルに感じさせます。このそこはかとないリアル感ゆえに、これを読むと「こういう結婚の在り方もありなんじゃないか」って考えになってくるから怖いです(笑)
 
 ただ基本的にはコメディタッチ。思いの外デリケートなテーマを、立ち位置としては真面目な所から描き出す形になるので、それを中和する形で…という意味合いがあるのかな、と勝手に想像しています。てか割と色々パロディする先生だったのですね。意外でした。
 
 「契約結婚」の是が非はともかく、結婚についてあれこれ考えるきっかけになったり、違う視点で考えるきっかけになりそうなお話。もちろんエンターテインメントとしても非常に面白く、ぜひともオススメしたい1作です。色々な人に読ませて、感想を聞いてみたいですねー。


【男性へのガイド】
→この発想は面白い。相手役の津崎さんは男性的にも共感出来る部分が多いと思いますし、何より応援してあげたくなるはず。
【感想まとめ】
→これは面白かったです。こんなテイストの作品も描けるというのが意外というかさすがというか。続きが早く読みたいですです。


作品DATA
■著者:海野つなみ
■出版社:講談社
■レーベル:KC KISS
■掲載誌:KISS
■既刊2巻
■価格:429円+税


■試し読み:第1話

カテゴリ「Kiss」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。