このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] [オススメ] 2013.12.15
1106343606.jpgKUJIRA「やさしい針」(1)


そっか…
好きなんだ



■編み物が好きな男の子・亮太朗。一緒に暮らしている義妹・結子のことは、大事だし可愛い。これからもずっと変わらずに、平穏な生活が続いていくと思っていた。なのに、雨の日に綺麗な女性に出会ってから心の中のざわつきが止まらない。先生と生徒と義妹。手芸男子がおちた、はじめての恋。

 「ワールドエンドゲーム」(→レビュー)や「ちよこチョコレート」(→レビュー)のKUJIRA先生のコミックポラリス連載作でございます。元々「編み物男子の恋」という触込みで知っていたのですが、読んでみてびっくり。“編み物”という家庭的で柔らかくて温かいイメージとは裏腹に、KUJIRA先生ならではのビターなテイストに溢れる切ない物語となっていました。

 物語の主人公は、編み物が好きな男の子・亮太朗。彼の家族関係はちょっと複雑で、両親は子連れ再婚同士で、彼には同い年の義妹がいます。そして数年前に母親は高い。今は父親と妹と暮らしていますが、血のつながりのある身内はいません。恋も知らず、家族と温かな日々を過ごしていたある雨の日、道でびしょ濡れになりながら涙を流している女性に遭遇します。一瞬で目を奪われ、心まで奪われてしまった亮太朗。そして迎えた高校の入学式。そこには、その時出会った女性の姿が。彼女の名前は、三木。亮太朗のクラスの副担任の先生でした。恋心を自覚し、変わりゆく亮太朗を横目に、ずっと一緒に過ごしてきた義妹の結子は、苦い顔をするのですが…というお話。


やさしい針
 亮太朗は、無邪気に他人のためを思って行動出来る人物。自分の気持ちに素直で、行動的で、自分で動いて調和を取ろうとするタイプ。一方の結子は、色々とネガティブに考えてしまって動けない。人一倍周囲を気にするんですけれど、それゆえに足がすくむ。動かないことで調和を取ろうとするタイプ。私は俄然後者であり、もう読んでて結子ちゃんが切なすぎて…。


 とにかくビター。登場するキャラクターがそれぞれに、様々な想いを抱えており、それらが時折あらわになり、胸を痛くさせます。主人公の亮太朗は無邪気に恋をしていますが、家族内で唯一血のつながりがないというバックグラウンドを持っています。妹の結子は亮太朗に淡い淡い想いを寄せており、また亮太朗が恋する教師・三木は雨の中涙を流した明かされない事情が。またその他の脇役たちも、何かしらの想いというものを持っており、これから物語を彩るのでしょう。これまでもKUJIRA先生の作品はそういった要素が多分に含まれていたのですが、あくまで主人公だけでのお話。それが今作の場合は、複数のキャラに跨がっており、そしてそれが互いに絡み合う感がある。今から切なさの予感がビンビンですよ。


やさしい針1−1
 どのキャラクターも素敵ですが、俄然気になるのはやっぱり結子ちゃんですねー。切なさ成分では1巻時点でダントツ。自分の気持ちは自覚しつつも、どうすることもできないので、許される範囲で亮太朗に寄り添うし、彼の恋に抵抗しようとする。家族の中での自分の役割というものもちゃんと自覚して、その想いを抑えようとしている様子も、本当に切ない。


 あとどうしても気になるのがマッチ。地味な脇役なんですけど、彼女が本当にいい味出してる。出自はごくごく普通である分、その持っている感性も普通で、共感しやすいんですよね。地味な分あまり報われることがなかったのか、自分のことを卑下しすぎな感じはあるのですが、そんなところもまた素敵。あと思春期の女の子らしく、一丁前に恋してたりとか、もう甘酸っぱいです。また他人の気持ちを察するのに長けていて、一番状況を理解できているのですが、それゆえに変な気遣いをさせられる場面もあり、大変な役回りだなぁ、と(笑)誰より心配なのは結子ですが、誰より応援してあげたくなるのはマッチですかね。
 
 これがあるべき形でしっかりと着地してくれたら、間違いなく名作に仕上るであろう予感がひしひしとしています。切なさ重視の物語を所望されている方がいたとしたら、これはうってつけ。ど真ん中すぎて、もう。これは今年の新作でも上位の心の射抜かれ方。アラサーの悲哀を描いた物語に心打たれることが増えてきた今日この頃ですが、思春期の男女の心の揺れ動きでこうも持ってかれるものがあるとは。全力でオススメです。


【男性へのガイド】
→編み物男子というのはちょっとびっくりされるかもしれませんが、物語自体は普通。切ないストーリーがお好きな方は是非。
【感想まとめ】
→今年でも上位の面白さ、というか切なさでした。話の全容が見えないのですが、期待感は非常に高いです。オススメです。


作品DATA
■著者:KUJIRA
■出版社:ほるぷ出版
■レーベル:ポラリス
■掲載誌:コミックポラリス
■既刊1巻
■価格:571円+税


■試し読み 1玉め 【PC】/【スマートフォン】
2話目以降
カテゴリ「ポラリス」コメント (2)トラックバック(0)TOP▲
コメント

kujira先生の事はコチラで知って既刊を読んでいたのですが、この作品はネットで初回からずっと読んでました。
私も妹視点で読んで切ないな~と。
妹には幸せになってほしいけれど、きっとそういう展開ではなく、思いをふっ切る展開なのかなと思いつつ、今後がとても楽しみです。

シックスハーフもちょっと関係とか似てますよね

義兄弟でなくても、幼馴染でこの手の片思いで結局上手くいかないって話、結構好きで
こちらで紹介されていたかは覚えていないのですが、ふみふみこさんのさきくさの咲く頃っていうのも少し前に読んで良かったです。
From: 少女漫画読みのおばさん * 2013/12/15 20:51 * URL * [Edit] *  top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
From:  * 2015/02/01 08:48 *  * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。