このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2013.12.17
1106336647.jpg


なんか陳腐な言い方だけど
「しあわせ」って
こういうことなのかなぁとか
思ったりした



■セラとルミナは2ヶ月差の異母兄妹。父の浮気で出来た息子・セラは神経質で、本妻の妻・ルミナはおおらか。父と2人の母たちに仲良く育てられた結果、15歳の少年と少女は、男と女になろうとしてしまう。関係の露見、別離、再会を経て、歪なキョーダイが迎えた“10年後”とは…。兄と妹、ただならぬ10年愛。

 のばらあいこ先生のフィール連載作です。のばらあいこ先生ですが、過去の刊行本を見ると、主にBLで活躍されている先生のようで、本作が一般向けの最初の単行本になると思われます。タイトルは「にえるち」。なんだか生々しいタイトルとなっていますが、内容もなかなかのドロドロっぷりでございました。
 
 主人公は2人。少し複雑な血のつながりがある、兄妹のお話です。2人は2ヶ月差で生まれた異母兄妹。兄のセラは、浮気相手の子供で、妹のルミナは本妻の子。普通であれば離ればなれで暮らすところですが、2人の母親たちはどこか変でした。喧嘩も何もすることなく、当たり前のように共に過ごし、セラとルミナはずっと一緒に育てられたのです。一緒に過ごす日々は、2人が15歳になるまで続きました。それまで少年・少女だった2人は、急激にお互いのことを意識し出し、ついに男と女になろうとしてしまいます。しかしそんな中で…というストーリー。

 歪んだ家族関係の中で育った仲の良い異母兄妹の、劣情とも愛情とも取れる恋愛感情を描いたお話。最初に言っておくと、なかなか暗いです。1人の男を中心とした、2人の妻とその子供。普通であれば一方が離れていくところ、2人とも離れずに適度な距離を保ちつつ、子供を育て、気がつけば2人は思春期真っ直中に。そしてその2人は、そういった家庭事情が背景にあることを自覚しつつも、どうしても互いに離れることができず、やがて恋愛関係に。親子2代に渡って、特定の人物の間で閉じた関係性の中に帰結する、非常に狭い世界で繰り広げられる物語です。その関係性はある種、非常に不健全で、決して気持ちの良い物語ではありません(個人的には割と苦手な部類だったり)。


にえるち
強く惹かれ合うという感じではありません。けれども、どうしてもこの相手でないとダメだという確信が、そこにはありました。真っ直ぐな恋愛感情ならではの輝きみたいなものは成りを潜め、もっと根源的に求め合うような関係と言いましょうか。


 本作の場合は、物語の作りとして、最初から外の世界などないかのように描かれるあたりに、むしろ潔さを感じます。最初からないものを望んでも仕方なく、ならば存分にすがれる場所に固執しよう、と。本作では10年に渡る二人の想いというものが飛び飛びで描かれるわけですが、そこには向き合うか逃げるかの2択しかなく、他の道に進むという選択肢は描かれることはないのです。そのため、狭い世界ながら、心情の掘り下げは深いものとなっており、また主人公たちの想いも明確でわかりやすい。最後は時の流れに頼った感はあるものの、1巻完結という枠組みの中で起承転結がちゃんと落され、最後にはしっかりと救いがある。あれ、苦手なはずだったのに、意外と読後はスッキリ。こういう設定、こういう雰囲気の作品が好きな層というのは一定層いるはずで、しっかりとそういう人たちには訴求してくるのではないかと思います。


【男性へのガイド】
→重めの兄妹愛を描いたお話が読みたいという方は。BL感はないですよっと。
【感想まとめ】
→重い。ので、読むのに結構エネルギー使いました。閉じられた世界で、当人たちが納得して生きられるのであれば、それはもう幸せな世界であり、幸せな結末なのです、きっと。


作品DATA
■著者:のばらあいこ
■出版社:祥伝社
■レーベル:フィールコミックス
■掲載誌:フィールヤング
■全1巻
■価格:667円+税


試し読み

カテゴリ「フィール・ヤング」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。