このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2013.12.24
作品紹介→囲碁の世界に生きると決めた少女の奮闘:モリエサトシ「星空のカラス」




1106349660a.jpgモリエサトシ「星空のカラス」(3)


前に進めるんだもん
楽しみ!



■3巻発売しました。
 母との約束を守る為、囲碁を辞めた和歌。だが鷺坂と首藤の対局を見て、再び囲碁への強い想いが甦る。対局後、鷺坂の孤独を垣間見た和歌は…!?
 

〜舞台が変わる〜
 3巻発売しました。「ちはやふる」に似た系統なので、このマンガがすごい!でランクインするんじゃないかと思っていたのですが、結果は案外(44位)。「ちはやふる」も20位圏外でしたし、流れが良くなかったでしょうか。
 
 さて、物語の方は一つ転換点へと差し掛かっています。鷺坂と首藤の対局を目の当たりにした和歌は、これまで押さえ込んでいた碁への情熱を再び爆発させ、母親に土下座をしてまで「囲碁をしたい」と頼み込みます。その甲斐あって、再び囲碁をすることを許された和歌は、院生となってプロ棋士を目指すのでした。

 はい、3巻からは舞台が院生研修の場、日本棋院会館へと移ります。ここからが、鷺坂と対戦するための第一歩。長く険しい道のはじまりです。


〜仲間が増える〜
 同じ夢を追う者たちが集う場所ということで、切磋琢磨を期待して会館へと足を運ぶ和歌。首藤さんの妹・蘭子ちゃんがロリロリ癒し枠で登場しただけでなく、意外にも顔なじみのあの人まで登場するのでした。
 

星空のカラス3−1
八日町吟


 あの生意気な関西弁ですよ。「関西の人」そして「プロは目指さない」というダブルの縄を突破してのまさかの登場。東京に越してきて、さらに中学の間だけプロを目指したいと、親を説得しての上京だそう。そして和歌が囲碁を指していない間に、A級にまで昇格していたとのことで、「これは中ボス的ライバルとして君臨するのか!?」なんて思わせたのですが…
 
 
星空のカラス3−2
まさかのかませ犬



〜ライバルが増える〜
 はい、彼はライバルにはなりませんでした。彼はA級の中では力は下の方。しかもアマチュア時代の生意気っぷりが祟り、上位勢から相手にすらされていないというツライ状況に陥っているのでした。そりゃあ、そう簡単にはいきません。バトル漫画のアレのように、戦うフィールドが変われば、さらに強いキャラ達が登場してくるのです。今回もバーゲンのように新キャラが続々登場しております。今回もバトル漫画のテンプレートを流用したかのように、ナンバーワンが会場入り前にヒロインと邂逅していたり、群れる上位陣が形成されていたり。
 

星空のカラス3−3
 バトル漫画では得てして登場シーンからしてかませ犬臭を漂わせているキャラがいるわけですが、今回だと轟くんですかねー。負けて、そして人情熱い心強いガヤ要員になる所まで見えた(適当)。
 


 なんとなく皆しっかりキャラ付けされていて、どういう戦い方をして、その後どういう立ち位置に落ち着くのかまで、なんとなく想像付く感じが不思議。良い意味で予想を裏切ってもらいたいところです。

 八日町吟にももちろんライバルとしてのポジションを獲得する可能性はあるとは思うのですが、そうだとしたら、本作のラストは葉月じゃなくて吟自身が打つんじゃねーの、と。この一番の見せ場でお役御免になっているところから、「多分実績はありつつも活躍がそんなに描かれないまま、ちょっと力足らずな印象のある仲間」というポジションに落ち着くんだろうなぁ、なんて想像してしまいました。キャプテン翼の森崎くんみたいな。


〜熱い囲碁対決は4巻から〜
 さて、3巻では新たなフィールドで登場人物が揃ったところで幕引き。熱い戦いは4巻以降に持ち越しです。全部のキャラと対戦していったら相当長い時間がかかりそうな気がするのですが(少年漫画とかで考えると)、果たしてどのくらい続くのでしょうか。最高峰には四天王とかいうのが控えていますが、こちらは尺足らずで鷺坂がぶつかって終わると予想。そもそも和歌との対戦は想定されていないはずで、ラスボスは鷺坂かな。さて、どのような展開を見せるのか気にしつつ、続きを待ちたいと思います。


カテゴリ「花とゆめ」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。