このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.12.25
1106275707.jpgいがわうみこ「虹の娘」


…や なんかお前らって
ホントうっぜーなって!



■「お兄ちゃん アタシ親不孝かな」
 ヒロチカの妹には、親にも言えない秘密がある。芸術的な体でヌードモデルをする妹の“告白”の日を待つ兄は、密かにある作戦を企てる。表題作「虹の娘」のほか、不倫の末帰郷した女と男子中学生の加速する初恋、死んだはずの兄が突然現れ動揺する家族、イケメンとの三角関係に迷う純情乙女など、絶妙なまで彼らの“今日のできごと”を切り取った8編を収録。妙に切なく、不思議にときめく。
 
 このマンガがすごい!2014オンナ編にランクインした未チェック作品のレビューです。本作は15位で、作者のいがわうみこ先生はデビュー単行本「あれがいい これがいい」と共に2作をランキング送り込んでいます。すごい。両作品ともノーチェックで、遅ればせながら拝読した次第でございますです。正直「あれがいい これがいい」を読んだときはあまりピンと来なかったのですが、本作「虹の娘」はがっちりアンテナにハマって、そりゃあもう面白かったです。一筋縄ではいかないキャラクター達が、なんとも不思議な間で展開する、ありそうでなかった作品群となっていました。

 この独特の雰囲気をどう言い表したら良いのかよくわからないのですが、まとまらないなりにキーワードを挙げてみると「ちょっとネジ1本飛んだくらいの変人」「努めて明るいバカ」「狙って外すタイミング」。とにかくキャラクターがどれも変わっていて、そんなキャラ達が、独特の間でやりとりをするという。



虹の娘1
お気に入りのストーリーは、1話目に収録されていた「阿部くんと吽野さん」。阿部くんと吽野さん、この二人はセットでこそ魅力的。狙っている人がおっぱい星人だと聞き、講義中すらもおっぱい体操をするという行動力の高さを見せる吽野さん。ノリ良くやっているのか、ガチでやっているのか判然としない所が素敵です。お互いにノリ良くはぐらかしつつ仲良くしているのですが、その奥底に好意や優しさが見え隠れする関係性が歯がゆくて、せつない。傷ついた時の明るい行動って、エネルギーも使うし、本当に切ないじゃないですか。そして最後、ちょっと明るい未来が想像できるところも良し。1話目にこのお話が描かれていたことで、一気に興味を惹かれました。



 普通の人なんて一人もいません。ただネタ的にぶっ飛んだ形にしているわけではなくて、現実世界の日常にいる人間たちの“変わった部分”を増長して描いているだけなのかな、と。あと“変わった人”だけじゃなくて、普通の人なんだけどバカっぽく振る舞わせたり、また下世話に振る舞わせたりと、普通の人が普段は隠しているであろう面を前に出して描いているのかな、という感覚がありました。なので変な人たち、変な間、なんですけれども、描かれる情景や心情というのは日常という足場の上で織り成しているもので、それが妙に切なく心に響くのです。



愛され洋輔
あとは好きとはちょっと違うんですが、決して無視出来ない存在の「愛され洋輔」。「すげーウザイ」の一言で片付けられる、自身のイケメンを履き違えた自己中心的かつバカなキャラで、実際にいたら親しくなりたくないなぁ、と思わせるコイツ。相手は平気で傷つけるくせに、人一倍ナイーヴ。良いところを挙げてもあんまり出てこない。悪いところを挙げたらキリがない。うざいし、相手にしたくないんだけど、けれどもなんだか不思議と相手にしちゃう。とにかくこの単行本での存在感が飛び抜けていて、この本を読んだ方もきっとコイツの存在が頭を離れないはず。


 なんというか、どのキャラも結果的に愛おしいんですよね。そして気づいてみれば、どのキャラも作中で愛されているという。こういった愛する側のキャラクターの視点を通じての、「無意識的な色メガネ」でキャラクターを見せられているのかもしれません。洋輔はアンチテーゼ的に描かれているのかと思いきや、こうして気になっちゃっている時点で愛されているな、と。


【男性へのガイド】
→こういう若干シュールな作品がお好きな方もいらっしゃるかと。楽しめると思いますよ。
【感想まとめ】
→面白かったです。今年中にチェックできてよかった。


作品DATA
■著者:いがわうみこ
■出版社:祥伝社
■レーベル:フィールコミックス
■掲載誌:フィールヤング
■全1巻
■価格:933円+税


■試し読み:くらん くらんく くらんくらん

カテゴリ「フィール・ヤング」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。